【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら

通信ユニット
DLシリーズ

仕様

EtherNet/IP対応通信ユニット DL-EP1

型式 DL-EP1
イーサネット仕様 準拠規格 IEEE802.3(10BASE-T)
IEEE802.3u(100BASE-TX)
伝送速度 10Mbps(10BASE-T)
100Mbps(100BASE-TX)
伝送媒体 STP またはカテゴリ3 以上のUTP(10BASE-T)
STP またはカテゴリ5以上のUTP(100BASE-TX)
最大ケーブル長 100m( 本製品とイーサネットスイッチ間の長さ)
最大ハブ接続段数 4段(10BASE-T)
2段(100BASE-TX)
EtherNet/IP仕様 対応機能 サイクリック通信
メッセージ通信(Explicit メッセージ通信)
UCMM およびClass3 に対応
コネクション数 64
RPI(通信周期) 0.5 ~ 10000ms(0.5ms単位)
サイクリック通信
許容通信帯域幅
6000pps
コンフォーマンス
テスト
Version.A7 に対応
センサ接続仕様 接続可能センサ D-bus 対応センサアンプ※1
接続可能台数 最大15台※2
表示灯 リンク/ アクティビティ表示灯( LINK/ACT) :緑LED
モジュールステータス表示灯( MS) :緑・赤2 色LED
ネットワークステータス表示灯( NS) :緑・赤2 色LED
センサ通信表示灯(D-bus):緑・赤2 色LED
電源電圧 DC20-30V リップル(p-p)10% 含む (接続されたセンサアンプより供給)
消費電力 1500mW以下(30V時50mA以下)
耐環境性 使用周囲温度 -20~+55℃(氷結しないこと)
使用周囲湿度 35~85%RH(結露しないこと)
耐振動 10~55Hz 複振幅1.5mm X,Y,Z 各方向2時間
汚染度 2
材質 本体ケース:ポリカーボネート
質量 約70g
  • ※1 D-busは、当社製センサアンプ省配線システムの名称です。
  • ※2 接続するセンサアンプにより異なります。

PAGE TOP

接続できるセンサアンプ

対応シリーズ アンプ形状 親機 子機 最大接続台数
高精度接触式
デジタルセンサ
GT2シリーズ
DINレール
取付タイプ
GT2-71(M)(C)N
GT2-71(M)(C)P
GT2-72(C)N
GT2-72(C)P
15台
(親機:1台、子機:14台)
パネル取付タイプ GT2-75N
GT2-75P
GT2-76N
GT2-76P
15台
(親機:1台、子機:14台)
大型表示タイプ GT2-100N
GT2-100P
1台 ※3
(親機:1台)
汎用接触式
デジタルセンサ
GT-70Aシリーズ
※1
DINレール
取付タイプ
GT-71A
GT-71AP
GT-72A
GT-72AP
10台 
(親機:1台、子機:9台)
パネル取付タイプ GT-75A
GT-75AP
GT-76A
GT-76AP
10台 
(親機:1台、子機:9台)
透過型
レーザセンサ
IGシリーズ
DINレール
取付タイプ
IG-1000 IG-1050 4台 
(親機:1台、子機:3台)
パネル取付タイプ IG-1500 IG-1550
透過型
レーザ判別センサ
IBシリーズ
DINレール
取付タイプ
IB-1000 IB-1050 4台 
(親機:1台、子機:3台)
パネル取付タイプ IB-1500 IB-1550
電磁式デジタル
流量センサ
FD-MHシリーズ
※2
DINレール
取付タイプ
FD-MA1(A)
FD-MA1(A)P
FD-MA2(A)
FD-MA2(A)P
10台 
(親機:1台、子機:9台)
コリオリ式デジタル
流量センサ
FD-Sシリーズ
※2
DINレール
取付タイプ
FD-SA1N(A)
FD-SA1P(A)
FD-SA2N(A)
FD-SA2P(A)
4台 
(親機:1台、子機:3台)
  • ※1 GT-70シリーズには接続できません。
  • ※2 パネル取付タイプには接続できません。
  • ※3 大型表示タイプは、1台の親機にヘッド増設用ボードを増設することで、センサヘッドを最大11台まで
    接続できます。

PAGE TOP

センサアンプの混在接続

本機(DL-CL1)と接続するセンサアンプは混在接続が可能です。
ただし、下記の制限内で接続してください。

組み合わせの制限
型式 GT2-7※ GT-7※A IG IB FD-MH FD-S
GT2-7※ × ×
GT-7※A × ×
IG × ×
IB × ×
FD-MH × × × ×
FD-S × × × ×
  • ※ ○印の組み合わせは混在接続が可能です。
  • ※ ×印の組み合わせは混在接続できません。
  • ※ GT2-100は混在接続できません。
  • ※ GT2-7*/GT-7*A/IG/IBの混在接続時は、演算機能および一斉入力機能は使用できません。
  • ※ 接続されているセンサのうち混在不可の組み合わせがひとつでも存在した場合は、
    DL-EP1は「機種混在エラー(54)」となります。
接続台数の制限

GT2シリーズ/GT-70Aシリーズ/IGシリーズ/IBシリーズの混在

組み合わせ 接続台数
GT2-7*
(親機・子機)
GT-7*A
(親機・子機)
IGまたはIB
(親機・子機)
接続なし 合計10台以下
接続なし 合計6台以下※
ただし、IGまたはIBは合計4台以下
接続なし
  • ※ ○印のセンサアンプを混在接続する場合の接続台数です。
  • ※ 7台以上の組み合わせについては、別途、お問い合わせください。

FD-MHシリーズ/FD-Sシリーズの混在

接続台数を合計4台以下にしてください。

PAGE TOP

判別変位センサの選び方

検出内容から選ぶ

仕様比較から選ぶ

接続com

通信とネットワークの規格・接続方法をわかりやすく解説!