【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら

商品カタログダウンロード

あらゆるアプリケーションで使える多彩な機能

リークテスト

[A-2モード] 推奨機種:AP-C33,C30

[ポイント1] 充てん圧とリーク圧の両方を検知可能

出力1でリーク圧、出力2で充てん圧を検知

1 ある一定圧まで充てんしたら出力2の信号を確認してバルブを閉めます。この時ゼロシフト入力をONします。
2 ゼロシフトONの間リークによる変位圧のみを表示します。
3 出力1でリークによる圧力変化を確認。
4 ゼロシフトをOFFすると通常圧表示に戻ります。
[ポイント1] 充てん圧とリーク圧の両方を検知可能

[ポイント2] 最大リーク圧、充てん圧を表示

ピーク/ボトム表示

AP-C30シリーズは一日を通しての最大リーク圧※と最大充てん圧を記憶しますので、ワークのばらつきの範囲を容易に知ることができます。 また、毎回の充てん時の圧力値も表示可能です。
※最大リーク圧はゼロシフトを入力している間のボトム値を記憶します。

着座確認

[F-1モード] 推奨機種:AP-C33、C30

[ポイント1] 元圧変動をゼロシフトでキャンセル

装置の立ち上げ時にゼロシフトをすることで、その日の元圧の状態に合わせて着座確認が行なえます。また、着座の前に毎回ゼロシフトを行なえば、よりわずかな圧力変化も捉えることができます
[ポイント1] 元圧変動をゼロシフトでキャンセル

[ポイント2] 分解能10倍モード

エリアフォーカス機能搭載

AP-C30シリーズは分解能を10倍にするエリアフォーカス機能搭載。ワークの有無だけでなく傾きなどで生じる微妙な圧力差を確実に検知できます。
[ポイント2] 分解能10倍モード

[ポイント3] 出力2でエア穴の詰まり検知

独立2点出力装備

着座確認とは別に、もう一点の出力を利用することでエア穴への異物の侵入による詰まりを検知できます。ワーク無し時の異常な圧力上昇も一台のセンサだけで検出できます。

ヒステリシスについて

通常、圧力センサはチャタリングなどを防ぐためにある程度のヒステリシスを持たせています。 F-2モードを選択していただきますと、このヒステリシスを自由に設定できます。また出力1、 出力2共に独立して個別に設定することができます。

パワーセーブモード 低消費電力480mW以下

パワーセーブモードに設定すると3分以上センサの操作系に触れなければデジタルモニタが自動消灯します。 また複数台数使用時に気になる消費電力はこの時480mW(12V時)以下になります。
※24V時は720mW以下

商品カタログダウンロード

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください

×

どのようなご要望をお持ちですか?(必須)

お問い合わせ内容 ※全角300文字まで

会社名、勤務先(必須)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

郵便番号(必須)

次へ

※SSL(暗号化)送信します

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-100-441

ログインされている場合、Web会員登録情報を自動で表示します。
変更がある場合は修正してください。(登録情報自体は、変更されません)

個人情報・お客様情報保護方針

流量知識.com

最適な機器選定を実現

流量センサ選定ナビ

圧力センサ選定ナビ

接続com

通信とネットワークの規格・接続方法をわかりやすく解説!