• 文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

CHAPTER 1工場の流量計
はじめに

「何リットルまたは何ミリリットル流れたか?」を計測するのが流量計の役目です。この流量計は実に様々なところで、使用されています。「ガソリンが30リットル流れたら給油を止める。」とか「ジュースを500ccだけパックに詰めたい。」なども流量計の立派な役割と言えます。

FA 分野での流量計の役目は、主に「水」の流量管理にあります。この「水」は、時には『冷却水』であったり、『切削水』であったり、『研磨水』であったりと姿を変えて使用されます。最近では省エネ法やトレーサビリティの観点からも、流量計のニーズが広がってきています。

INDEX目次に戻る

トップへ戻る

流量に関するお困りごとを解決!