• 文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

CHAPTER 4圧力の損失
圧力損失とは

例えば流路の一部が絞られていると、絞られている箇所より下流の圧力が減少します。これを『圧力損失』と呼びます。『圧力損失』は、『エネルギー損失』であり、下流側の圧力低下だけではなく、流量、流速も減少させてしまいます。

圧力計A と圧力計B の圧力差が『圧力損失』です。
また、絞るだけではなく、配管が長くなっても同様に『圧力損失』が発生します。

圧力損失

製造ラインで圧力損失が発生すると、循環される冷却水の流量が低下したり、噴射されるクーラントの水量が減少したりして様々な支障が発生します。対応としては、圧力損失部を取り除くことが望ましいのですが、ほとんどの場合、循環ポンプの発生元圧を上げたり、ポンプそのものをパワーアップすることで対応します。この対応方法は、エネルギーやコストの無駄につながります。

ダイヤフラム式・電磁式

INDEX目次に戻る

トップへ戻る

流量に関するお困りごとを解決!