レベルセンサの種類について

レベルセンサの種類

レベルセンサには様々な種類があります。それぞれ、長所短所がありますので、原理を理解して用途にあわせて使うことをお勧めします。本サイトで紹介する方式には○をつけています。

レベルセンサの種類

接触する

可動部有

方式 原理説明 メンテ 長所 短所 紹介
フロート 浮きの浮力を利用して、浮き内の磁石によって、マグネットスイッチを開閉する。 必要
大変
値段が安い。液体の電気特性に依存しない。 つまる。粘度が高い液体は不向き。
ディスプレーサー式 ワイヤー付きフロートを液面に浮かべ、ワイヤーの長さを測る。 必要
大変
液体の電気特性に依存しない。連続値が低価格で測れる。 構造が複雑。付着、固着に弱い。  
サウンジング 錘をワイヤーでつりさげ、粉体面に着地したときの、張力変化で測定。 必要
大変
粉じんに強い。環境性が高い。 液体の測定はできない。  
パドル 堆積物により羽根の回転が拘束されるのを検出する。 必要
大変
値段が安い。 液体の測定はできない。  
方式 フロート ディスプレーサー式
原理説明 浮きの浮力を利用して、浮き内の磁石によって、マグネットスイッチを開閉する。 ワイヤー付きフロートを液面に浮かべ、ワイヤーの長さを測る。
メンテ 必要
大変
必要
大変
長所 値段が安い。液体の電気特性に依存しない。 液体の電気特性に依存しない。連続値が低価格で測れる。
短所 つまる。粘度が高い液体は不向き。 構造が複雑。付着、固着に弱い。
紹介  
方式 サウンジング パドル
原理説明 錘をワイヤーでつりさげ、粉体面に着地したときの、張力変化で測定。 堆積物により羽根の回転が拘束されるのを検出する。
メンテ 必要
大変
必要
大変
長所 粉じんに強い。環境性が高い。 値段が安い。
短所 液体の測定はできない。 液体の測定はできない。
紹介    

可動部なし

方式 原理説明 メンテ 長所 短所 紹介
電極式 電極間に電圧を印加して、液体の有無による電流の流れで検知する。 必要
やや楽
値段が安い。1台で複数点検出できる。 導電性の液体のみ。絶縁性の汚れに弱い。
静電容量式 電極間に生じる静電容量の変化を検出する。 必要
やや楽
構造がシンプル、粘度の高い液体にも対応。 空タンク調整が必要。液体の温度変化に弱い。
差圧式 タンク内の液体の圧力を測定する。 必要
大変
値段が安い。液体の電気特性に依存しない。 液比重の変化に弱い。泡・汚れに弱い。
ガイドパルス ガイドプローブ上の信号が液面で反射して戻ってくるまでの時間を測定。 不要 構造がシンプルで、液体の種類を選ばず、メンテフリー。 接触式であるため、クリーン度が要求される用途には不向き。
光式 投受光素子を対向させて、光の透過を検出します。 必要
大変
界面検知ができる。液体の電気特性に依存しない。 エマルジョン、泡に弱い。透明な液体ができない。
振動 検出ロッドを振動させ、検出物が接触することで、振動数の変化を検出する。 必要
大変
発泡スチロールの様な比重の軽い物まで測れる。 粘度の高い付着物に弱い。
方式 電極式 静電容量式 差圧式
原理説明 電極間に電圧を印加して、液体の有無による電流の流れで検知する。 電極間に生じる静電容量の変化を検出する。 タンク内の液体の圧力を測定する。
メンテ 必要
やや楽
必要
やや楽
必要
大変
長所 値段が安い。1台で複数点検出できる。 構造がシンプル、粘度の高い液体にも対応。 値段が安い。液体の電気特性に依存しない。
短所 導電性の液体のみ。絶縁性の汚れに弱い。 空タンク調整が必要。液体の温度変化に弱い。 液比重の変化に弱い。泡・汚れに弱い。
紹介
方式 ガイドパルス 光式 振動
原理説明 ガイドプローブ上の信号が液面で反射して戻ってくるまでの時間を測定。 投受光素子を対向させて、光の透過を検出します。 検出ロッドを振動させ、検出物が接触することで、振動数の変化を検出する。
メンテ 不要 必要
大変
必要
大変
長所 構造がシンプルで、液体の種類を選ばず、メンテフリー。 界面検知ができる。液体の電気特性に依存しない。 発泡スチロールの様な比重の軽い物まで測れる。
短所 接触式であるため、クリーン度が要求される用途には不向き。 エマルジョン、泡に弱い。透明な液体ができない。 粘度の高い付着物に弱い。
紹介

接触しない

可動部なし

方式 原理説明 メンテ 長所 短所 紹介
超音波 超音波が、液面から反射して戻ってくるまでの時間を測定。 必要
やや楽
非接触で測定可。液体の種類に依存しない。 結露に弱い。障害物に弱い。
電波式 電磁波が、液面から反射して戻ってくるまでの時間を測定。 なし 非接触で測定可。耐環境性に強い。 値段が高い。大きい、重い。スポット径が大きい。  
レーザー式 半導体レーザーを使い、光の液面からの反射を利用して測定。位相差、TOF、三角測距方式がある。 必要
スポット径が小さいため、タンク内の障害物の影響を受けない。 値段が高い。レーザの安全管理が必要。
放射線 ガンマ線の透過を吸収を利用する。 必要
大変
有毒、高温、腐食性の高い悪環境でも使用できる。 人体への危険性がある。  
重量 タンクごと重量を測定する。 なし タンク内の影響を受けない。 泡などの液比重の変化に弱い。  
直視式 目視にて確認 必要
大変
最も低価格。 汚れたら掃除が必要。自動化できない。  
方式 超音波 電波式 レーザー式
原理説明 超音波が、液面から反射して戻ってくるまでの時間を測定。 電磁波が、液面から反射して戻ってくるまでの時間を測定。 半導体レーザーを使い、光の液面からの反射を利用して測定。位相差、TOF、三角測距方式がある。
メンテ 必要
やや楽
なし 必要
長所 非接触で測定可。液体の種類に依存しない。 非接触で測定可。耐環境性に強い。 スポット径が小さいため、タンク内の障害物の影響を受けない。
短所 結露に弱い。障害物に弱い。 値段が高い。大きい、重い。スポット径が大きい。 値段が高い。レーザの安全管理が必要。
紹介  
方式 放射線 重量 直視式
原理説明 ガンマ線の透過を吸収を利用する。 タンクごと重量を測定する。 目視にて確認
メンテ 必要
大変
なし 必要
大変
長所 有毒、高温、腐食性の高い悪環境でも使用できる。 タンク内の影響を受けない。 最も低価格。
短所 人体への危険性がある。 泡などの液比重の変化に弱い。 汚れたら掃除が必要。自動化できない。
紹介      

目次に戻る

03ガイドパルス式レベルセンサ FLシリーズ

流量センサを選ぶ前に見るサイト 流量知識.COM