超音波式レベルセンサのトラブル事例
原因や対策について

レベルセンサで発生した現場でのトラブル対策の事例を紹介します。

超音波式トラブル事例

静電容量式トラブル事例

会社名

株式会社□□メッキ工業

用途

メッキ工程の液面管理。メッキ前処理の洗浄液やメッキ槽の液面制御をします。

方式

超音波式。2接点。

トラブル内容

出力が働かず、メッキ液の量が不適切なまま運転することがありました。メッキ液は環境負荷が高いため、液量管理を厳格にしないといけない手前、運営上問題がありました。

原因

センサ前面へ結晶などが付着して、超音波の発生が悪くなることで誤検出が発生していました。

対策

掃除すればいいのは分かるのですが、環境が悪く、頻度良く掃除はしづらいため困っていました。別の検出原理を持つガイドパルス式を採用してみました。

結果

フッ素樹脂で覆われたガイドパルス式を採用したところ、電着は無く、結晶などの付着物も無視して安定した検出が可能でした。使用していくと、プローブへの付着が増えて行くと予想されますが、そんな時にもメンテナンス時期をお知らせする機能がついており、誤検出前にメンテナンス時期を判断することができて大変便利に使用しています。

目次に戻る

03ガイドパルス式レベルセンサ FLシリーズ

流量センサを選ぶ前に見るサイト 流量知識.COM