DataMatrix(データマトリックス)コードとは|2次元コードの基本|バーコードの規格と読み取りノウハウが学べるサイト「バーコード講座」|キーエンス

バーコード講座 バーコードの規格と読み取りノウアウが学べるサイト

0120-764-636

  1. ホーム > 
  2. 2次元コードの基本 > 
  3. DataMatrix(データマトリックス)コードとは

DataMatrix(データマトリックス)コードとは


DataMatrixコードの構成

DataMatrix(データマトリックス)コードは、マトリックス型の2次元コードで、1987年にアイディマトリックス社によって開発されました。
1996年AIMIのISS規格に登録され、2000年にISO/IEC規格になっています。

仕様
最小シンボルサイズ 10×10セル
最大シンボルサイズ 144×144セル
最大データ量 数字 3,116字
英数字 2,335字

また、ECC200には、正方形タイプと長方形タイプがあります。
DataMatrixには、ECC000、ECC050、ECC080、ECC100、ECC140という古いバージョンとECC200の新しいバージョンがあります。

ECC000、ECC050、ECC080、ECC100、ECC140

セルサイズは、9×9から49×49までの奇数のセル数で構成され、誤り訂正の方法として「コンボリューション方式」を採用したDataMatrixです。
データ容量を大きくすると、歪みが少しでもあると読み取りが非常にに悪くなり、2次元コードとしての性能が劣ることから、ほとんど利用されていません。

ECC200

DataMatrixの初期バージョンで問題となっていた歪みに対するエラー訂正機能を向上させたバージョンが、ECC200です。
ECC200の誤り訂正にはコードの一部分が損傷した場合でもデータの復元が可能な「リードソロモン方式」を採用しており、歪みに対しても強く、コードのサイズも小さくすることができるようになりました。
このECC200が、国際的にも規格化されており、DataMatrixを使用する場合は、このECC200が標準的に使用されます。

ポイント

ECC000、ECC050、ECC080、ECC100、ECC140とECC200のの簡単な見分け方は、一辺のセル数が奇数のものが「ECC000、ECC050、ECC080、ECC100、ECC140」、偶数のものが「EC200」になります。

ECC140
ECC140

ECC200
ECC200


DataMatrix(ECC200)の構成

アライメントパターンとクロックパターン

DataMatrixは、下のようにL字のアライメントパターンと、点線上のクロックパターンを辺の部分に配置し、その中にデータセルが入るという構成になります。
リーダは、このアライメントパターンとクロックパターンを使い、画像処理により位置検出を行ないますので、360°全方向で読み取ることができます。

アライメントパターンとクロックパターン

なお、データセルが24×24セル以上になった場合は、シンボルを分割し、1ブロック24×24セル以上にならないようにすることで、シンボルの歪みに対して非常に強くなります。

シンボルサイズとブロック数

シンボルサイズは10×10~144×144までの24 種類があります。(長方形は6種類)
シンボルサイズが26×26セル以上(データセルでは24×24セル以上)になった場合は、シンボルを分割し、1ブロックのデータセルが24×24セル以上にならないようにすることで、シンボルの歪みに対して非常に強くなります。

シンボルサイズ ブロック数 データセル数
10×10 ~ 26×26 1 8×8 ~ 24×24
28×28 ~ 52×52 4 14×14 ~ 24×24
64×64 ~ 104×104 16 14×14 ~ 24×24
120×120 ~ 144×144 36 18×18 ~ 22×22

なお、データセルが24×24セル以上になった場合は、シンボルを分割し、1ブロック24×24セル以上にならないようにすることで、シンボルの歪みに対して非常に強くなります。

シンボルサイズとブロック数

クワイエットゾーン

2次元コードの周りの余白の部分をいいます。
特に規定はありませんが、少なくとも1セル以上確保する必要があります。

クワイエットゾーン

誤り訂正符号(リードソロモン符号)

DataMatrixの一部が損傷した場合でもデータを損失することなく、復元することができるようにリードソロモン方を用いて生成された符号が付加されます。

データと誤り訂正符号の配置

データと誤り訂正符号を以下のような順番で配置します。

データと誤り訂正符号の配置

例えば、YSKというデータのDataMatrixを作る場合、誤り訂正符号は、リードソロモン法で計算されたデータ部と誤り訂正符号を連結し、下図のように配置することで、DataMatrixが形成されます。

データと誤り訂正符号の配置

DataMatrixコードの種類と大きさ、データ量

DataMatrixコード(ECC200)には、正方形タイプと長方形タイプの2種類があり、必ず偶数セルとなります。

正方形タイプ

正方形タイプ

仕様
最小シンボルサイズ 10×10セル
最大シンボルサイズ 144×144セル
最大データ量 数字 3,116字
英数字 2,335字
バイナリ 1,556字

シンボルサイズは10×10 ~ 144×144の24種類有り、データセルが24×24セル以上になった場合は、シンボル分割し、1ブロックは24×24セル以上にならないようにしています。

長方形タイプ

長方形タイプ

仕様
最小シンボルサイズ 8×16セル
最大シンボルサイズ 16×48セル
最大データ量 数字 98字
英数字 72字
バイナリ 47字

シンボルサイズは、以下の6種類のパターンがあります。

・8×18セル(1ブロック)
・12×26セル(1ブロック)

・16×36セル(1ブロック)
・8×32セル(2ブロック)

・12×36セル(2ブロック)
・16×48セル(2ブロック)

注記

DataMatrixコードは、シンボルサイズ、データ量によって誤り訂正率が自動的に決定されます。QRコードのように、任意に設定することはできません。

大きさの求め方

シンボルサイズに印字可能なセルサイズを掛け合わせることで、実際のDataMatrixコードの大きさを求めることができます。

たとえば、セルサイズ=0.25mmのとき

シンボルサイズ 10×10セル → 2.5×2.5mm
シンボルサイズ 32×32セル → 8.0×8.0mm
シンボルサイズ 8×18セル → 2.0×4.5mm

となります。

各タイプの最大入力文字数

正方形タイプ

コードサイズ データ容量 誤り訂正能力
数字 英数字 バイナリ
10 × 10 セル 6 3 1 25%
12 × 12 セル 10 6 3 25%
14 × 14 セル 16 10 6 28 ~ 39%
16 × 16 セル 24 16 10 25 ~ 38%
18 × 18 セル 36 25 16 22 ~ 34%
20 × 20 セル 44 31 20 23 ~ 38%
22 × 22 セル 60 43 28 20 ~ 34%
24 × 24 セル 72 52 34 20 ~ 35%
26 × 26 セル 88 64 42 19 ~ 35%
32 × 32 セル 124 91 60 18 ~ 34%
36 × 36 セル 172 127 84 16 ~ 30%
40 × 40 セル 228 169 112 15 ~ 28%
44 × 44 セル 288 214 142 14 ~ 27%
48 × 48 セル 348 259 172 14 ~ 27%
52 × 52 セル 408 304 202 15 ~ 27%
64 × 64 セル 560 418 278 14 ~ 27%
72 × 72 セル 736 550 366 14 ~ 26%
80 × 80 セル 912 682 454 15 ~ 28%
88 × 88 セル 1152 862 574 14 ~ 27%
96 × 96 セル 1392 1042 694 14 ~ 27%
104 × 104 セル 1632 1222 814 15 ~ 28%
120 × 120 セル 2100 1573 1048 14 ~ 27%
132 × 132 セル 2608 1954 1302 14 ~ 26%
144 × 144 セル 3116 2335 1556 14 ~ 27%

長方形タイプ

シンボルサイズ データ容量 誤り訂正能力
数字 英数字 バイナリ
8 × 18 セル 10 6 3 25%
8 × 32 セル 20 13 8 24%
12 × 26 セル 32 22 14 23 ~ 37%
12 × 36 セル 44 31 20 23 ~ 38%
16 × 36 セル 64 46 30 21 ~ 38%
16 × 48 セル 98 72 47 18 ~ 33%
注記

上記の文字数は、最大入力可能文字数であるため、入力するデータの構成(たとえば、数字と記号の混在や、アルファベットの大文字、小文字の混在など)によっては、表の文字数以下のデータであっても、シンボルサイズが増加することがあります。


GS1 DataMatrix

GS1 DataMatrixは、GS1が流通用に標準化した2次元コードシンボルです。シンボル体系は、DataMatrix ECC200をベースにし、従来のDataMatrixコードと区別するため、以下のようなルールが定義されています。

GS1 DataMatrix の主な内容

使用コード DataMatrix ECC200
FNC1 GS1標準仕様であることを定義するため、データの先頭に[FNC1]を配置する
アプリケーション識別子(AI) 情報の頭に付加する識別コードで、この識別コードに続くデータが何の情報であるかを、誰でもわかるようにしています。アプリケーション識別子(AI)はISO/IEC15418で規定されています。
可変長データの扱い 数量など情報量が変化するデータ(可変長データ)の後に続けて次のデータを表示する場合は、可変長データの後ろに区切り文字として[FNC1]を挿入します。この[FNC1]をコードリーダで読み取った場合は、[GS](アスキーコードの1Dh)を出力するように規定されています。
※[GS]:グループセパレータ

GS1 が推奨する印字セルサイズ

GS1 DataMatrixは印字セルサイズについて、GS1より以下のサイズが推奨されています。

  推奨セルサイズ 最大セルサイズ 最小セルサイズ
ラベル印字 0.300mm 0.615mm 0.255mm
DPM 0.380mm 0.495mm 0.380mm
  推奨セルサイズ
ラベル印字 0.300mm
DPM 0.380mm
  最大セルサイズ
ラベル印字 0.615mm
DPM 0.495mm
  最小セルサイズ
ラベル印字 0.255mm
DPM 0.380mm

GS1 DataMatrix サンプル

GS1 DataMatrix サンプル

分類 AI データ
GTIN(14桁固定) 01 04912345678904
数量(可変長) 30 100
保証期限日 17 120401

GS1-128 との関係

GS1 DataMatrixのデータ構成は、GS1-128と同じ構成となっています。そのため、使用用途で印字可能な面積が限られておりながら大量データを扱いたいときに、GS1 DataMatrixを使用されると考えられています。また、現在医療、医用業界ではGS1 DataMatrixが標準採用されることが決定しており、メスやはさみなどの鋼製器具にはダイレクトに印字するためのガイドラインが制定されています。

  • ※鋼製器具:手術や処置に再使用し、洗浄、滅菌などの再生処理を行うステンレス、アルミニウム、銅合金、チタン、セラミックス等の材質で製造された器具。
  • 印刷用PDFを見る(バーコードの基本)
  • 印刷用PDFを見る(2次元コードの基本)近日公開
  • お問い合わせ/お困りごと相談
バーコード資料館はこちら

お問い合わせはお気軽に!

バーコード関連のご質問はこちら