【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら

超高解像度テレセントリックマクロレンズ

超高解像度テレセントリックマクロレンズ CA-LMHR04

仕様

型式CA-LMHR04
光学倍率×0.35 ~ ×0.44
最大適合イメージサイズ2/3型
撮像視野2/3型(低倍率時) : 24.0mm×20.2mm
2/3型(高倍率時) : 19.1mm×16.1mm
1/1.8型(低倍率時) : 20.1mm×15.1mm
1/1.8型(高倍率時) : 16.0mm×12.0mm
※1
有効F値低倍率時 : 4.4 ~ 18、高倍率時 : 5.5 ~ 22
解像力中心/周辺 : 120本/mm
使用温度0 ~ +50°C
湿度範囲35 ~ 80%RH (結露しないこと)
マウントCマウント
WD低倍率時 : 112.7mm、高倍率時 : 112.7 mm※2
被写界深度低倍率時 : 10.449mm、高倍率時 : 6.612mm※3
TVディストーション低倍率時 : 0.02%、高倍率時 : 0.01%
画素分解能
(US3.5μm:低倍率時~US4.4μm高倍率時)
10μm/pixcel※4
分解能8.39μm※5
質量約400g
※1撮像視野範囲は各イメージサイズでの視野を示しており、倍率を調整することで変動します。
※2WDとは、レンズ先端からワークまでの距離を示しています。 変倍することにより距離は変動します。
※3被写界深度は、有効F値16, 最小錯乱円40μmでの理論計算値です。 F値により変動します。
※4画素分解能とは、1画素あたりの撮像視野です。使用カメラによって変化します。
US=ユニットセルサイズ (撮像素子1画素のサイズ)
※5分解能は、550nmでの理論値を意味します。

外形寸法図

単位:mm

外形寸法図_CA-LMHR04

他の商品シリーズ

特設サイト

動画ライブラリ

ロボットビジョン特設サイト

画像処理を学べる

画像処理.com

画像処理の基礎を徹底解説

ユーザーサポート

XG-X/XGシリーズユーザーサポート

CVユーザーサポート

接続com

通信とネットワークの規格・接続方法をわかりやすく解説!