【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら

商品カタログダウンロード

ディストーションフリー VPR搭載テレセントリックマクロレンズ CA-LMHR NEW

テレセントリックマクロレンズの一つの理想形

ディストーションフリー VPR搭載テレセントリックマクロレンズ CA-LMHR

VPR搭載

従来のテレセントリックマクロレンズはレンズ固有の光学倍率に依存し、限られた選択肢の中からレンズを選定しなくてはいけませんでした。VPR(画素分解能調整)機構により、画素分解能でレンズを直感的に選定することを可能にすると同時に、光学倍率の調整幅にも自由度を持たせることを両立しました。

  • 500万画素(3.45μm/ピクセル)・200万画素(4.4μm/ピクセル)に合わせた光学倍率で設計しています。

ディストーションフリー対応

ディストーションフリー対応

画面全域で歪みがなく、高解像な画像が撮像できています。

全機種TVディストーション0.02%以下を達成。500万画素カメラでも画像全域にわたり、0.25画素以下のディストーションに抑えています。寸法測定からアライメントまで幅広い用途で威力を発揮します。

超高解像設計

中心解像のみでなく、周辺解像まで徹底した高解像設計。ユニットセルサイズ3.45μm/画素でも画面のすみずみまで高い解像度とコントラストを発揮します。

CA-LMHR

CA-LMHR
チャートのもっとも細かい部分でも白線、黒線のコントラストが十分に取れています。

CA-LM

CA-LM
解像度の不足からコントラストは非常に甘く十分にエッジが認識できません。

PAGE TOP

仕様

型式 CA-LMHR04 CA-LMHR08 CA-LMHR13 CA-LMHR20 CA-LMHR40
画素分解能※1 US3.5μm
低倍率時
10μm/pixel 5μm/pixel 3μm/pixel 2μm/pixel 1μm/pixel
US4.4μm
高倍率時
光学倍率 ×0.35~×0.44 ×0.69~×0.88 ×1.15~×1.47 ×1.73~×2.20 ×3.45~×4.41
WD※2 低倍率時 112.7mm 111.0mm 111.6mm 114.8mm 65.9mm
高倍率時 112.7mm 111.0mm 111.6mm 109.4mm 65.9mm
最大適合イメージサイズ 2/3”
撮像視野(mm) 2/3"
低倍率時
24.0×20.2 12.2×10.3 7.3×6.2 4.8×4.1 2.4×2.1
2/3"
高倍率時
19.1×16.1 9.5×8.0 5.7×4.8 3.8×3.2 1.9×1.6
1/1.8"
低倍率時
20.1×15.1 10.2×7.7 6.1×4.6 4.1×3.1 2.0×1.5
1/1.8"
高倍率時
16.0×12.0 8.0×6.0 4.8×3.6 3.2×2.4 1.6×1.2
有効F値 低倍率時 4.4~18 5.6~21 5.7~35 6.8~43 8.6~183
高倍率時 5.5~22 7.1~27 7.3~45 8.7~56 11~234
解像力 中心/周辺:120本/mm
分解能※3 8.39μm 5.4μm 3.3μm 2.6μm 1.68μm
TVディストーション
(max)
低倍率時 0.02% 0.005% 0.011% 0.001% 0.015%
高倍率時 0.01% -0.001% -0.015% 0.011% -0.002%
被写界深度※4 低倍率時 10.449mm 2.689mm 0.968mm 0.428mm 0.108mm
高倍率時 6.612mm 1.653mm 0.592mm 0.264mm 0.066mm
マウント Cマウント
使用温度、湿度範囲 0~50˚C、35~80%RH(結露しないこと)
質量 約400g 約285g 約330g 約410g 約650g
  • ※1 画素分解能とは、1画素あたりの撮像視野です。 使用カメラによって変化します。
    US=ユニットセルサイズ 1画素サイズ
    光学倍率に応じて表記以外の画素分解能で使用することもできます。
  • ※2 WDとはレンズ先端からワークまでの距離を示しています。 変倍することにより距離は変動します。
  • ※3 分解能は550nmでの理論値を意味しています。
  • ※4 被写界深度は有効F値16, 最小錯乱円40μm での理論計算値です。 F値により変動します。
  • 上記仕様はすべて光学設計値にもどづいた数値であり、組み付け精度などで個体差が生じます。

PAGE TOP

外形寸法図

CA-LMHR04

ディストーションフリー VPR搭載テレセントリックマクロレンズ CA-LMHRシリーズ 外形寸法図

  • 焦点距離によって可変。伸び量0~20.7mm。(倍率最大時に伸び量最大)

CA-LMHR08

ディストーションフリー VPR搭載テレセントリックマクロレンズ CA-LMHRシリーズ 外形寸法図

  • 焦点距離によって可変。伸び量0~21.2mm。(倍率最大時に伸び量最大)

PAGE TOP

CA-LMHR13

ディストーションフリー VPR搭載テレセントリックマクロレンズ CA-LMHRシリーズ 外形寸法図

  • 焦点距離によって可変。伸び量0~10.0mm。(倍率最大時に伸び量最大)

CA-LMHR20

画像処理用レンズ CA-Lシリーズ 外形寸法図

  • 焦点距離によって可変。伸び量0~20.6mm。(倍率最大時に伸び量最大)

CA-LMHR40

画像処理用レンズ CA-Lシリーズ 外形寸法図

  • 焦点距離によって可変。伸び量0~13.5mm。(倍率最大時に伸び量最大)
  • 図面上の A の範囲を締め付けが均一になる方法で固定してください。
  • カメラ側、レンズ側の両方を固定してください。
  • 設備に取り付ける場合、設備との絶縁を確保してください。
  • 本品は倍率の変更によりレンズが伸縮するため、レンズ本体側の固定は倍率設定が完了してからおこなってください。

PAGE TOP

商品カタログダウンロード

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください

×

どのようなご要望をお持ちですか?(必須)

お問い合わせ内容 ※全角300文字まで

会社名、勤務先(必須)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

郵便番号(必須)

次へ

※SSL(暗号化)送信します

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-014-414

ログインされている場合、Web会員登録情報を自動で表示します。
変更がある場合は修正してください。(登録情報自体は、変更されません)

個人情報・お客様情報保護方針

特設サイト

動画ライブラリ

ロボットビジョン特設サイト

画像処理を学べる

画像処理.com

画像処理の基礎を徹底解説

ユーザーサポート

XG-X/XGシリーズユーザーサポート

CVユーザーサポート

接続com

通信とネットワークの規格・接続方法をわかりやすく解説!