【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら

商品カタログダウンロード

4/3 型対応可変倍率テレセントリックマクロレンズ CA-LMHE

4/3型Cマウントに対応したテレセントリックマクロレンズ

4/3型対応可変倍率テレセントリックマクロレンズ

解像度比較

中心解像度、周辺解像度ともに120本を確保し、4/3型2100万画素カメラの能力を最大限引き出します。
ラインスキャンカメラでテレセントリックレンズを活用したい場合にも最適です。

2100万画素カメラ+CA-LMHE

2100万画素カメラ+CA-LMHE
非常に細かい部分まで高いコントラストで撮像できています。

2100万画素カメラ+CA-LHE+接写リング

2100万画素カメラ+CA-LHE+接写リング
ほぼ同じ拡大倍率でも接写リングの影響により解像度が不足しコントラストが確保できていません。

PAGE TOP

仕様

型式 CA-LMHE0510 CA-LMHE20
光学倍率 0.5x~1.0x 2.0x
WD※1(基準倍率時) x 0.5 80.0mm 80.6mm
x 1.0 81.8mm
適合イメージサイズ 4/3型(Ø23mm)
撮像視野
(CA-H2100□接続時)
35.7mm×28.6mm~17.8mm×14.3mm 8.9mmx7.1mm
有効F値 5.0~32 5.0~72
解像力 中心/周辺120本/mm
分解能※3 x 0.5 6.7μm 1.7μm
x 1.0 3.4μm
TVディストーション x 0.5 0.10% 0.10%
x 1.0 0.10%
被写界深度※2 x 0.5 5.12mm 0.320mm
x 1.0 1.28mm
マウント Cマウント
使用温度湿度範囲 0~50℃、35~80%RH(結露しないこと)
質量 約1,050g 約830g
  • ※1 WDとはレンズ先端からワークまでの距離を示しています。 変倍することにより距離は変動します。
  • ※2 被写界深度は有効F値16、最小錯乱円40μmでの理論計算値です。 F値により変動します。
  • ※3 分解能は550nmでの理論値を意味しています。
  • 取付姿勢・振動環境などに応じてレンズ側を保持するなどの補強をご検討ください。
    レンズを保持する箇所については取付例をご参照ください。
  • 仕様はすべて光学設計値にもとづいた数値であり、組み付け精度などで個体差が生じます。

PAGE TOP

外形寸法図

CA-LMHE0510

CA-LMHE0510

  • 焦点距離によって可変。伸び量0~31.9mm。
    (倍率最小時に伸び量最大)

CA-LMHE20

CA-LMHE20

  • 図面上の A の範囲を締め付けが均一になる方法で固定してください。
  • カメラ側、レンズ側の両方を固定してください。
  • 設備に取り付ける場合、設備との絶縁を確保してください。

PAGE TOP

商品カタログダウンロード

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください

×

どのようなご要望をお持ちですか?(必須)

お問い合わせ内容 ※全角300文字まで

会社名、勤務先(必須)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

郵便番号(必須)

次へ

※SSL(暗号化)送信します

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-014-414

ログインされている場合、Web会員登録情報を自動で表示します。
変更がある場合は修正してください。(登録情報自体は、変更されません)

個人情報・お客様情報保護方針

特設サイト

動画ライブラリ

ロボットビジョン特設サイト

画像処理を学べる

画像処理.com

画像処理の基礎を徹底解説

ユーザーサポート

XG-X/XGシリーズユーザーサポート

CVユーザーサポート

接続com

通信とネットワークの規格・接続方法をわかりやすく解説!