【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら

画像処理用LED照明
CA-Dシリーズ

商品カタログダウンロード

LumiTrax照明 CA-DRW□X

LumiTrax照明 CA-DRW□X

照明の特長と設定

高出力LEDをストロボ点灯

高出力LEDをストロボ点灯
1/4点灯の状態
LumiTrax撮像はXG-8000/CV-X200シリーズに対応。LumiTrax撮像を行わない場合、全点灯照明としてのみ活用可能です。詳細な機器の組み合わせについてはお問い合わせください。

構造・撮像例

リング照明内部は8分割されており、LumiTrax機能の設定によって8分割点灯、4分割点灯が可能です。LumiTrax機能を使用しない場合は全点灯高輝度照明として使用いただけます。

LumiTrax機能による撮像例

金属表面上の欠陥検査

LumiTrax照明 CA-DRW□X

洗浄液残りや汚れ、ヘアラインなどはキャンセルし打痕や欠けなど深い欠陥のみを検出します。

印刷上の欠陥検査

LumiTrax照明 CA-DRW□X

背景の複雑な印刷には影響を受けず、欠陥のみを抽出した画像を生成します。

フィルム上の印字検査

LumiTrax照明 CA-DRW□X

検査に悪影響を与えるハレーションを除去して検査を安定させます。

従来のエリアカメラにも

高輝度照明として

従来照明の約3倍の光量を持つ照明として使用可能。光学倍率1倍マクロレンズでシャッタースピード1/4000で撮像

明るさを生かして被写界深度を深くしたい場合

光学倍率0.5倍のマクロレンズでシャッタースピード1/240にて被写界深度計測ターゲットを撮像

LumiTrax照明 CA-DRW□X

従来照明では明るさが不足し、検査ができません。
CA‐DRW5Xでは十分な明るさが確保できています。

LumiTrax照明 CA-DRW□X

従来照明では絞りを絞っても被写界深度は2.5mm程度しか確保できていません。
CA-DRW5Xでは十分に絞りを絞れるため被写界深度は7mm程度まで確保できています。

PAGE TOP

ラインナップ

型式 LED色 質量 消費電力
CA-DRW5X 約190g 34.5W
(通常発光時)
CA-DRW10X 約240g 40.5W
(通常発光時)
CA-DRW20X※1 約610g 60.9W
(通常発光時)
型式 CA-DC30E
出力 接続点数 2ch
定格 電源電圧 DC24V±10%
消費電流 5A(最大負荷時)
耐環境性※2 使用周囲温度 0~+50℃
使用周囲湿度 35~85%RH(結露しないこと)
質量 約430g
  • ※1 CA-DC30EにCA-DRW20Xを2台接続する場合、設定できる最大光量が制限されます。
  • ※2 LED照明部の耐環境性は、使用周囲温度0~+40℃、使用周囲湿度35~65%RH(結露しないこと)
LumiTrax照明 CA-DRW□Xシリーズ

専用電源
CA-DC30E

LumiTrax照明は専用電源CA-DC30Eのみで使用可能です。連続点灯での使用はできません。間欠点灯でのみ使用可能。

PAGE TOP

外形寸法図

CA-DRW5X

LumiTrax照明 CA-DRW□Xシリーズ 外形寸法図

CA-DRW10X

LumiTrax照明 CA-DRW□Xシリーズ 外形寸法図

CA-DRW20X

LumiTrax照明 CA-DRW□Xシリーズ 外形寸法図

PAGE TOP

商品カタログダウンロード

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください

×

どのようなご要望をお持ちですか?(必須)

お問い合わせ内容 ※全角300文字まで

会社名、勤務先(必須)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

郵便番号(必須)

次へ

※SSL(暗号化)送信します

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-014-414

ログインされている場合、Web会員登録情報を自動で表示します。
変更がある場合は修正してください。(登録情報自体は、変更されません)

個人情報・お客様情報保護方針

特設サイト

動画ライブラリ

ロボットビジョン特設サイト

画像処理を学べる

画像処理.com

画像処理の基礎を徹底解説

ユーザーサポート

XG-X/XGシリーズユーザーサポート

CVユーザーサポート

接続com

通信とネットワークの規格・接続方法をわかりやすく解説!