【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら

画像処理用LED照明
CA-Dシリーズ

商品カタログダウンロード

LED照明用コントローラ CA-DC

LED照明用コントローラ CA-DC

CA-DC40E, CA-DC50E(XG-X/CV-X400シリーズ用)
CA-DC21E, CA-DC30E(XG/CV-X200/X100シリーズ用)
CA-DC10E(CV-X200/X100シリーズ用)

配線不要のビルドアップタイプ

LED照明用コントローラ CA-DC

対応画像処理機器に直接接続。電源供給のみで、他の無駄な配線は不要。PLCを介すことなく本体からの調光、トリガごとの間欠点灯に対応します。画像処理本体1台に対して合計で最大8台※まで接続することができるため、最大16台の照明を配線なしで制御します。

  • CA-DC40Eの場合。CA-DC50Eの場合は2台まで(さらにCA-DC40E 6台の混在可)の接続となります。

従来の配線方式の問題点

LED照明用コントローラ CA-DC

照明コントローラ4台を制御するには32点のI/Oユニットと32本の配線が必要になるため非常に手間がかかり、費用もかかる。
画像センサへの品種設定切換制御と同時に照明コントローラへのボリューム制御が必要。
照明ごとにボリュームを指定するため、品種が増えるとそれだけ制御作業が増える。

制御不要の間欠点灯

画像処理においてはLED照明が汎用的に使用されています。しかしコントローラとの配線やPLC制御が必要なことから、LED照明を連続点灯で使用しているケースが大半です。CAシリーズ照明コントローラなら面倒な配線・制御無しで間欠点灯が可能なためLED照明の特性を最大限に活かした長寿命運用が可能となります。

LED照明用コントローラ CA-DC

仕様

型式 CA-DC50E CA-DC40E CA-DC30E CA-DC21E CA-DC10E
対応コントローラ XG-X/CV-X400シリーズ専用
CA-DRW□Xとの組み合わせ専用
XG-X/CV-X400シリーズ専用 XG/CV‐X200/X100シリーズ専用
CA-DRW□Xシリーズとの組み合わせ専用
CV‐5000/XG/CV‐X200/X100シリーズ専用 CV‐X200/X100シリーズ専用
出力 調光方式 定電流制御方式 ①定電圧制御方式
(直流点灯)
②パルス幅変調方式
(発光周波数100kHz)
[コントローラによる設定切換]
定電流制御方式 ①定電圧制御方式(直流点灯)
②パルス幅変調方式(発光周波数100kHz)
[コントローラによる設定切換]
パルス幅変調方式(発光周波数100kHz)
階調 1024段階デジタル
[コントローラによる設定切換]
255段階デジタル
[コントローラによる設定切換]
接続点数 2ch
(専用6極丸コネクタ)
2CH
(照明コネクタ接続と端子台接続が可能)※1
2ch
(専用6極丸コネクタ)
2CH
(LEDコネクタ接続と端子台接続が可能)
電圧 LumiTraxTM
照明専用電源
DC12V/DC24V
[コントローラによる切換]
LumiTraxTM
照明専用電源
DC12V/DC24V
[DIPスイッチによる切換]
DC12V
容量 最大81W 最大40W
(ただし30W/1CH)※2
最大81W 最大40W
(ただし30W/1CH)
同期 カメラへのトリガ、シャッタースピードに同期(連続点灯には非対応) FLASH出力同期/連続点灯
[コントローラによる設定切換]
カメラへのトリガ、シャッタースピードに同期 FLASH出力同期/連続点灯
[コントローラによる設定切換]
調光応答性 1ms以内 ①定電圧制御3ms以内
②パルス幅変調制御 1ms以内
1ms以内 ①定電圧制御
10ms以内12V出力時
20ms以内24V出力時
②パルス幅変調制御
1ms以内12/24V出力時
1ms以内
入力 点灯強制停止 2CH個別制御
(入力定格26.4V 以下、3mA以上)、
応答遅れ1ms以下
入力定格26.4V以下、2mA以上
表示 LED表示 電源表示、照明ステータス表示(2CH個別) 電源表示、照明ボリューム表示
定格 電源電圧 DC24V±10%
消費電力※3 5.0A 3.0A 5A(最大負荷時) 3.0A(12V出力 最大負荷時)
6.5A(24V出力 最大負荷時)
3.0A
耐環境性※4 使用周囲温度 0~45℃(DINレール取付), 0~40℃(底面取付) 0~+50℃※5
使用周囲湿度 35~85%RH(結露しないこと)
質量 約500g 約500g 約430g 約590g 約300g
  • ※1 24V切換時は端子台からのみ出力
  • ※2 照明拡張ユニット複数台接続時における同時点灯は全ユニット合計で80W以下。
  • ※3 うち、コントローラの消費電流は1.6Aです。
  • ※4 照明発光部の耐環境性は、使用周囲温度0~40℃、使用周囲湿度35~65%RH( 結露しないこと)。
  • ※5 接続するコントローラの使用周囲温度に制限されます。

PAGE TOP

オプション

LED 照明用ケーブル

延長ケーブル

ケーブル長(m)
型式
2 CA-D2
5 CA-D5

2分岐ケーブル

ケーブル長(m)
型式
1 CA-D1W
2分岐ケーブル

耐屈曲ケーブル

ケーブル長(m)
型式
3 CA-D3R
5 CA-D5R
10 CA-D10R
17 CA-D17R

ばら線タイプケーブル

ケーブル長(m)
型式
1 OP-84457
ばら線タイプケーブル

LumiTrax 照明用ケーブル

標準ケーブル

ケーブル長(m)
型式
3 CA-D3X
5 CA-D5X
10 CA-D10X
標準ケーブル

耐屈曲ケーブル

ケーブル長(m)
型式
5 CA-D5XR
耐屈曲ケーブル

中継ケーブル

ケーブル長(m)
型式
0.2 CA-D02XE
中継ケーブル
  • LumiTrax照明用ケーブルを延長する際は中継ケーブルを挟んで延長してください。
    トータル長さ20m以内(中継ケーブル長さ含まず)でご使用ください。

LED照明使用上の注意

● 高温・高湿度下での連続使用は輝度の低下や劣化を早めます。
● 熱の発生を抑えましょう。

リミット機能、調光ボリュームをお使いください。

最大光量でのご使用は著しく発熱し、寿命に影響を与えます。リミット機能をONまたは調光ボリュームの40%~60%程度でお使いになることをお薦めします。

画像取り込み時のみ点灯させてください。

ON/OFF外部切換機能を使い、画像の取り込みタイミングに合わせて点灯させることをお薦めします。

  • LEDはスイッチングに強く、頻繁なON/OFFによる劣化はありません。

放熱、冷却しやすい環境でお使いください。

冷却用エアやファンの設置、熱伝導性の高い取付ブラケットの採用などの方法が効果的です。

LED 照明部の共通仕様

耐環境性 使用周囲温度 0~+40℃
使用周囲湿度 35~65%RH(結露しないこと)
  • LED光、および鏡面反射光を凝視しないでください。強い光、光の点滅、パターンなどにより、ごくまれに発作等の症状を起こすことがあります。
  • 光学器具を用いて直接ビームを見ないこと。目に危険を及ぼす場合があります。

各製品のリスクの程度

商品名 型式 LED色 リスクの程度
ダイレクトリング照明 CA-DR□ 青・白 リスクグループ1
マルチアングル照明 CA-DRB□M リスクグループ1
バー照明 CA-DB□ 青・白 リスクグループ1
バー照明 CA-DB□W 青・白 リスクグループ1
高輝度・大型バー照明 CA-DBW□H リスクグループ1
角型バー照明 CA-DQ□ 青・白 リスクグループ1
スポット照明 CA-DPB2 リスクグループ2
スポット照明 CA-DPW2 リスクグループ1
ライン照明 CA-DZW□ リスクグループ1

上記以外の製品は免除グループです。

  • LED照明のリスクの程度はIEC62471(JIS C 7550)により、以下のように分類されます。
・免除グループ
何らの光生物学的傷害も起こさないもの。
・リスクグループ1(低危険度)
通常の行動への制約が必要になるような傷害を引き起こさないもの。
・リスクグループ2(中危険度)
嫌悪感及び熱的な不快感を伴う傷害を引き起こさないもの。
・リスクグループ3(高危険度)
一時的又は短時間の露光によっても傷害を引き起こすもの。

PAGE TOP

商品カタログダウンロード

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください

×

どのようなご要望をお持ちですか?(必須)

お問い合わせ内容 ※全角300文字まで

会社名、勤務先(必須)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

郵便番号(必須)

次へ

※SSL(暗号化)送信します

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-014-414

ログインされている場合、Web会員登録情報を自動で表示します。
変更がある場合は修正してください。(登録情報自体は、変更されません)

個人情報・お客様情報保護方針

特設サイト

動画ライブラリ

ロボットビジョン特設サイト

画像処理を学べる

画像処理.com

画像処理の基礎を徹底解説

ユーザーサポート

XG-X/XGシリーズユーザーサポート

CVユーザーサポート

接続com

通信とネットワークの規格・接続方法をわかりやすく解説!