【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら

画像センサ/画像処理装置


技術資料の集大成

提案書満載!画像センサ資料館

画像センサの基礎から
検出課題の解決ヒントまで

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください

×

どのようなご要望をお持ちですか?(必須)

お問い合わせ内容 ※全角300文字まで

会社名、勤務先(必須)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

郵便番号(必須)

次へ

※SSL(暗号化)送信します

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-014-414

ログインされている場合、Web会員登録情報を自動で表示します。
変更がある場合は修正してください。(登録情報自体は、変更されません)

個人情報・お客様情報保護方針

有無・欠品検査ソリューション

有無検査に効果的な前処理

特定の色だけを抽出する「カラー2値化」

白黒カメラでは判別できないワークの検査はカラーカメラによる色抽出が効果的です。
ユーザーが任意で指定する色を画面上でクリックするだけのワンタッチ抽出。
明るさ変動にも抽出したカラー抽出機能は有無検査に最適な前処理です。

前処理

ノイズ成分を軽減する膨張・収縮フィルタ

ワーク表面の個体差を前処理フィルタによって軽減することで安定した検査を実現します。
膨張・収縮フィルタは最も一般的な前処理であり様々な検査で多く使用されています。

膨張フィルタ

膨張フィルタとは、3×3の中心画素の輝度を、周りの9個(中心画素を含む)の画素の中での最大輝度に置き換える処理のことです。
黒いノイズ成分を除去する効果があります。(右図参照)

収縮フィルタ

収縮フィルタとは、逆に中心画素の輝度を、周りの9 個(中心画素を含む)の画素の中での最小輝度に置き換える処理のことです。白いノイズ成分を除去する効果があります。(右図参照)

どうしても画像にゴミや汚れなどの細かいノイズ成分が映った場合、このような膨張や収縮フィルタを使い、そのノイズを除去し、きれいな画像にすることができます。

前処理


元画像


膨張後


収縮後


前処理フィルタを組み合わせることで検査の安定化につながります

ソーベル+ 2値化+膨張(傷強調)
ソーベルおよび2値化で検出対象だけを抽出、膨張で拡大します

照明変動をキャンセルする照明補正フィルタ

照度変化による画像の明るさの変動を、自動で補正します。
基準画像との明るさの差異をトリガごとに補正することで、照明劣化などの光量変化に伴う計測値の変化を低減しました。

有無検査でオススメの機種

様々な用途や検査に合わせてフレキシブルに対応可能な、超高速・高容量マルチカメラ画像処理システム。
XG-8000


有無検査で相談したい方はこちらから
サポート

有無検査についてさらに学びたい方はこちら

有無検査にも役立つ、画像処理の基礎から実践まで学べる画像処理の教科書「画像道場(総集編)」です。