【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら

画像センサ/画像処理装置


技術資料の集大成

提案書満載!画像センサ資料館

画像センサの基礎から
検出課題の解決ヒントまで

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください

×

どのようなご要望をお持ちですか?(必須)

お問い合わせ内容 ※全角300文字まで

会社名、勤務先(必須)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

郵便番号(必須)

次へ

※SSL(暗号化)送信します

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-014-414

ログインされている場合、Web会員登録情報を自動で表示します。
変更がある場合は修正してください。(登録情報自体は、変更されません)

個人情報・お客様情報保護方針

業界で選ぶ

機械・金属業界のトレンド

従来、機械・金属業界の外観検査は、検査設備として導入するか、エリアカメラを複数並べて自社内で構築することが主流でした。今回、弊社が開発したラインスキャンカメラにより、専門知識がなくても手軽に導入できるようになりました。ローコストであるため、費用対効果の面で導入がためらわれた工程にもラインカメラにてご検討いただけます。外観検査をローコストにご導入できるチャンスです。

事例 1

アルミシートの外観検査

鋼板の傷・汚れ検査
検出のポイント

アルミシートの外観検査をラインスキャンカメラで行います。

導入のポイント

分解能が向上し、より小さな欠陥を検出できるようになりました。

おすすめ機種

超高速・高容量マルチカメラ画像処理システムXG-8000シリーズ


事例 2

ばねの外観検査

バネの外観形状検査
検出のポイント

バネの変形検査を、インデックステーブル上で行います。

導入のポイント

1か所の細かな飛び出しも、安定して検出できるようになりました。

おすすめ機種

学習機能搭載画像センサCV-Xシリーズ

NG品・拡大画像

事例 3

圧入ゴムの浮き検査

圧入ゴムの浮き検査
検出のポイント

圧入後のゴムの浮き検査を2次元レーザ変位計で検査します。

導入のポイント

ラインレーザが当たった箇所の断面形状を取得し、瞬時にゴムの高さを測定することで浮き検査ができます。

おすすめ機種

超高速インラインプロファイル測定器 LJ-Vシリーズ


事例 4

平角線の幅測定

平角線の幅測定
検出のポイント

平角線の幅を圧延直後に非接触で測定します。

導入のポイント

クラス最速の高速露光により、平角線がフレてもしっかり撮像し、正確な測定ができます。

おすすめ機種

超高速・高精度 寸法測定器 LS-9000シリーズ



オススメ動画


トレンドエッジ欠陥検出

世界初ラインスキャンカメラ対応画像処理システム