【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら

コントローラ 英文マニュアル

コントローラ 英文マニュアル LJ-G5001

仕様

型式 LJ-G5001
ヘッド互換性 あり
ヘッド接続台数 MAX2台
表示 最小表示単位 0.1μm※1、0.001mm2、0.01°
最大表示範囲 ±99999.9mm、±999999mm2、±99999.9°
入力端子台 レーザリモートインターロック入力 無電圧入力
トリガ入力 ヘッドA用 無電圧入力
タイミング1入力 無電圧入力
オートゼロ1入力
リセット入力
出力端子台 アナログ電圧出力 ±10V×2出力、出力インピーダンス 100Ω
総合判定出力 NPNオープンコレクタ出力
エラー出力 NPNオープンコレクタ出力(N.C.)
処理出力 NPNオープンコレクタ出力
トリガ入力許可出力 ヘッドA用NPNオープンコレクタ出力
補正エラー出力
拡張コネクタ タイミング2入力 無電圧入力
オートゼロ2入力
トリガ入力 ヘッドB用 無電圧入力
プログラム切換入力 無電圧入力4入力
メモリカード保存入力 無電圧入力
レーザオフ入力 ヘッドA/ヘッドB用 無電圧入力
判定・ バイナリ出力※2 3段階判定出力:OUT1~OUT8、 
総合判定出力 、バイナリ出力:OUT1~OUT8、 
測定データ出力(21bit)、 NPNオープンコレクタ出力
ストローブ出力 NPNオープンコレクタ出力
トリガ入力許可出力 ヘッドB用NPNオープンコレクタ出力
補正エラー出力
アナログRGBモニタ出力 SVGA(800×600ピクセル)
RS-232Cインターフェース 測定データ出力および制御入出力
(ボーレート115200bit/sまで選択可)
USBインターフェース USB2.0 HI-SPEED対応(USB1.1 Full-SPEED互換)
Ethernetインターフェース 100BASE-TX/10BASE-T
メモリカ-ド GR-M256(256MB)、NR-M1G(1GB)に対応(FAT32)
主な機能 ヘッド間演算機能、プロファイル調整機能、フィルタ機能、
スムージング機能、アベレージング機能、位置補正機能、
OUT名変更機能、
測定モード選択(高さ・位置・段差・幅・中心位置・ 断面積・
交点・角度・プロファイル比較・プロファイル追従)機能、
スケーリング機能、平均機能、計測機能、
測定値アラーム設定機能、公差設定機能、オートゼロ機能、
ストレージ(データ・プロファイル)機能、
メモリカード保存機能、プログラムメモリ機能、
トリガモード変更機能、 相互干渉防止機能、
測定範囲可変機能、チューニング設定機能、
レーザー光量調節機能、サンプリング時間設定機能、
マスク機能、プロファイルアラーム設定機能、傾き補正機能、
高さ補正機能、表示言語切換機能、設定支援ソフト接続機能、
トリガ間隔・測定時間表示機能  他
定格 電源電圧 DC24V±10% リップル10%(P-P)以下
最大消費電流 ヘッド1台接続時 800mA以下/ヘッド2台接続時 1A以下
耐環境性 使用周囲温度 0~+50℃
使用周囲湿度 35~85%RH(結露なきこと)
質量 約1050g
※1 LJ-G015またはLJ-G015Kを接続した場合。
それ以外のヘッドを接続した場合は、1μmが最小表示単位となります。
※2 判定結果またはバイナリ測定データを時分割出力します。
NPNオープンコレクタの出力定格は、最大50mA(30V以下)、残留電圧1V以下
PNPオープンコレクタの出力定格は、最大50mA(30V以下)、残留電圧1V以下
無電圧入力の定格は、ON電圧1V以下、OFF電流0.6mA以下
(トリガ入力端子は、ON電圧1V以下、OFF電流1.0mA以下)
電圧入力の定格は、最大定格26.4V、ON電圧10.8V、OFF電流0.6mA
(トリガ入力端子は、最大定格26.4V、ON電圧10.8V、OFF電流1.0mA)

 

LJ-G5000の海外向け型式です。
英語表示で起動します。
付属している取扱説明書は英語版になります。

外形寸法図

単位:mm

外形寸法図_MD_lj_g5000

ヘッド-コントローラ間コード

外形寸法図_MD_lj_g5000

他の商品シリーズ

選べる/学べるサイト

測定の基礎

「そもそもセンサとは?変位計とは?」
そんな疑問を解消!
変位計を基礎から学びたい方へ

用途から選ぶ選定NAVI

厚み、外径、振動・・・・など
用途から最適な機器を選びたい方へ

実績例

業界別実績や工程改善の
ヒントなどをご紹介します

接続com

通信とネットワークの規格・接続方法をわかりやすく解説!