【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら

商品カタログダウンロード

超高速データ出力

最速64kHzの連続プロファイルデータ出力

超高速インラインプロファイル測定器 LJ-Vシリーズ

今回、高速通信処理専用にTOE(TCP/IPオフロードエンジン)を搭載。CPUの負荷に影響されない高いスループットを実現しました。最速で1秒間に64,000プロファイル分のデータを出力できます。
標準の測定モードで測定するのではなく、LJ-Vを測定プローブとして使用し、お客様独自のアルゴリズムで測定を行ないたい場合などに有効です。通信ライブラリも標準で公開しています。

超高速インラインプロファイル測定器 LJ-Vシリーズ

3Dカメラとの違い

3D計測カメラ/LJ-Vシリーズ

1.設置が簡単
3Dカメラの場合、レーザ光源と受光部(カメラ)が各々独立しており、現場での設置・調整に多大な工数がかかります。LJ-Vは、レーザ光源と受光部が一体になっていますので、現場での調整が不要です。また、使用していく過程でずれていくこともありません。

2.リニアライズ補正不要
3Dカメラの場合、レーザ光源と受光部の位置関係により1画素の高さ・幅データが異なり、そのままでは使用できません。都度リニアライズ補正を行なう必要があります。LJ-Vシリーズはコントローラからすでにリニアライズ補正された信頼のおけるデータが出力されますので、お客様で補正作業を行なう必要がありません。

3.精度が保障されていた測定器
LJ-Vシリーズは「カメラ」ではなく精度が保証された「測定器」です。国際標準によってトレースされた標準器により校正されています。安心感、信頼感を持って、測定・検査が可能です。

3D計測カメラ/LJ-Vシリーズ

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください

×

お問い合わせ内容(必須) ※全角300文字まで

(例)○○の価格が知りたい、××について相談したい

会社名、勤務先(必須)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

(例)00-0000-0000

郵便番号(必須)

(例)000-0000

次へ

※SSL(暗号化)送信します

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-840-860

ログインされている場合、Web会員登録情報を自動で表示します。
変更がある場合は修正してください。(登録情報自体は、変更されません)

個人情報・お客様情報保護方針

選べる/学べるサイト

測定の基礎

「そもそもセンサとは?変位計とは?」
そんな疑問を解消!
変位計を基礎から学びたい方へ

用途から選ぶ選定NAVI

厚み、外径、振動・・・・など
用途から最適な機器を選びたい方へ

実績例

業界別実績や工程改善の
ヒントなどをご紹介します

接続com

通信とネットワークの規格・接続方法をわかりやすく解説!