【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら

商品カタログダウンロード

分光干渉方式の原理

分光ユニット

分光ユニット

SLD

SLD(=Super Luminescent Diode)から出た広波長帯域の赤外光は、
偏波保持ファイバを通り、センサヘッド内部の参照面で一部反射し、
透過した光は対象物に正反射してヘッド内に返ります。

光干渉

2つの反射光は波長ごとに互いに干渉し、分光ユニットに戻ってきます。
各波長の干渉光強度は、参照面から対象物までの距離によって定まり、
ちょうど波長の整数倍の時に極大値を取ります。

分光解析

干渉光は分光器によって波長ごとに細かく分光され、
CCDの受光波形から光強度スペクトル分布が得られます。
それにFFT処理などの波形解析をすることで、対象物までの距離を算出します。

商品カタログダウンロード

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください

×

お問い合わせ内容(必須) ※全角300文字まで

(例)○○の価格が知りたい、××について相談したい

会社名、勤務先(必須)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

(例)00-0000-0000

郵便番号(必須)

(例)000-0000

次へ

※SSL(暗号化)送信します

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-840-860

ログインされている場合、Web会員登録情報を自動で表示します。
変更がある場合は修正してください。(登録情報自体は、変更されません)

個人情報・お客様情報保護方針

非接触でもあらゆるワークを安定測定 LK-G5000シリーズ
接触式最新タイプ ペンシルタイプも新登場 GT2シリーズ

選べる/学べるサイト

測定の基礎

「そもそもセンサとは?変位計とは?」
そんな疑問を解消!
変位計を基礎から学びたい方へ

用途から選ぶ選定NAVI

厚み、外径、振動・・・・など
用途から最適な機器を選びたい方へ

実績例

業界別実績や工程改善の
ヒントなどをご紹介します

接続com

通信とネットワークの規格・接続方法をわかりやすく解説!