【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら

商品カタログダウンロード

高速・安定測定

3-CMOS

駆動部レス構造をはじめとした、現場で長く安定する構造設計

3つのCMOSを搭載することでさらに進化した測定能力

ワークがフレても安定測定

高速露光しているので、ワークがフレても対象物をしっかりと撮像し、正確な測定が可能です。

高速線材の外径測定

高速線材の外径測定

フレているワークも高速露光して測定

高速露光CMOS

16,000回/秒の高速サンプリング

測定用CMOSの周辺回路を1チップ化することでS/N比を大幅に向上させ、高速サンプリングを実現。例えば、1000m/分で流れるワークを、約1mmピッチで測定できます。また、高速でフレるワークも安定して測定できます。

振動ワークに対する誤差

振動ワークに対する誤差

傾いたワークでも安定測定

ワークの姿勢を認識し、測定値を補正するので、傾きによる誤差が発生しません。

シャフトの外径測定

シャフトの外径測定

傾きワークも補正して測定

モニタCMOS

傾き補正機能

モニタCMOSで撮像された画像から、ワークの傾きを認識。角度に応じた測定値の補正を行なうので、正確に測定できます。また、撮像した状態をPCソフト上で画像として確認できるので、どなたでも安心して測定できます。

モニタ映像

モニタ映像

2次元領域でワークの位置が分かる

投受光方向の位置を数値で確認できます。中心部分への位置合わせなどが簡単です。

光ファイバの位置・外径測定

光ファイバの位置・外径測定

1台で2次元位置の測定が可能

投受光位置測定CMOS

投受光方向・位置測定機能 特許出願中

投光と受光部間の位置で変化する測定対象物の輪郭情報を数値化することで、投受光間の位置を測定します。対象物の位置決めを2次元で行なえるようになり、測定中心位置への設置や装置へのフィードバック制御が簡単に行なえます。

2次元の領域で、位置を認識します。

2次元の領域で、位置を認識します。

商品カタログダウンロード

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください

×

お問い合わせ内容(必須) ※全角300文字まで

(例)○○の価格が知りたい、××について相談したい

会社名、勤務先(必須)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

(例)00-0000-0000

郵便番号(必須)

(例)000-0000

次へ

※SSL(暗号化)送信します

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-840-860

ログインされている場合、Web会員登録情報を自動で表示します。
変更がある場合は修正してください。(登録情報自体は、変更されません)

個人情報・お客様情報保護方針

置いて・押すだけ 最新画像寸法測定器 IMシリーズ
長距離設置も可能 透過型レーザ判別センサ最新タイプ IGシリーズ

選べる/学べるサイト

測定の基礎

「そもそもセンサとは?変位計とは?」
そんな疑問を解消!
変位計を基礎から学びたい方へ

用途から選ぶ選定NAVI

厚み、外径、振動・・・・など
用途から最適な機器を選びたい方へ

実績例

業界別実績や工程改善の
ヒントなどをご紹介します

接続com

通信とネットワークの規格・接続方法をわかりやすく解説!