光切断方式 LJシリーズ

選定のポイント
  1. 2次元でライン内の高さを測定可能。
  2. 超高速で対象物を選ばない。
  3. 波形データを出力可能

ラインレーザを対象物に照射し、形状をダイレクトに測定します。測定した波形データから反りを測定します。対象物を動かしてスキャンすることで3次元形状測定も可能です。