社員インタビュー

■現在の仕事内容

モノではなく、「メリット」を提案する

電子顕微鏡や画像測定器など、研究用途や開発用途として使われる機種を担当しています。高い機種になれば2,000万円を超える商品もあるため、ご担当者様だけでなく、部署やユニット、または会社全体に対してのメリットを提案できなければ採用には至りません。お客様が商品に対して良い反応をされた瞬間を見逃さず、「なぜその商品がすごいと思われたのか?」すかさずヒアリングをして距離を縮めていく。そうして、次の提案へブラッシュアップ。どんな提案がお客様に最適かを考えることは難しいものではありますが、その分大きなやりがいでもあります。

キーエンスに入社して、伝え方一つで商品の印象が変わることを知りました。使う言葉や説明の仕方、身だしなみや立ち居振る舞い、どうやって伝えたのかその背景まで含めてお客様が商品に対して受けるイメージが変わってくるんです。それがコンサルティング営業の醍醐味と言えますね。これまで世の中になかった商品を提案するため、なかなかお客様にご理解いただきにくいこともあります。だからこそ、「どれだけお客様のメリットを考えられるか、どのようにそれを伝えるのか」が重要です。モノとして紹介するのではなく、「役に立ちますよ」という提案をすることで初めて採用したいと思っていただける。これほど自分次第で成長できる環境は他にはないと思うので、もっともっと営業力を磨いていきたいと思います。

■これからの目標・仕事への意気込み

過去の自分より1%でも生産性を高めていきたい

何よりのモチベーションは、「負けたくない!!!」という気持ち。尊敬する先輩が3期連続営業トップという成績を残したので、まずはそれを超えるのが目標です。幸いなことにキーエンスには振り返る習慣や仕組みが整っているため、小さなことでもすぐに自分の成長に活かしていけます。横(他の営業担当)と比べてどうか、過去(それまでの自己の成績)と比べてどうか、また現在取り組んでいることに実りはあるのかなど、感度高く振り返りを行い改善していくことで先輩の記録を超えてみせます!

そして、あまり人には言っていませんが…。日々どの業務にどれくらい時間がかかっているのか自主的に計測をつづけています。そうすることで素早く動く意識も生まれますし、どこかにムダはないか見つけるきっかけにもなります。自分に対しては、徹底的に緻密な努力を。やればやるだけ任せてもらえる会社ですからね、もっともっと任されるようになりたいんです。そのためには今以上に効率を上げてアウトプットを増やしていかないと!まだまだここからです。

■キーエンスのここが好き

時間と環境、どう使う?

キーエンスにはONとOFFのメリハリがあるとよく言われますが、休暇をこれほどしっかり取っていることに入社してからとても驚きました。仕事の時間を長くするのではなく、限られた時間の中でどのように生産性を高めるかが求められます。それが若手からベテランまで深く浸透しているので、常に自分の課題と向き合い向上を重ねています。誰もが仕事に対する問題意識や改善意識をもって動いていることも、この会社の好きなところです。

どこよりも自分が成長できる環境だと言いましたが、それにはまわりの人の力が大きく影響しています。立場関係なく、わからないことがあれば自分より詳しい人に教えてと頼ることができ、間違っていればそれを指摘することもできるフラットな環境です。自分が成長するためには、手段を選んでいてはもったいないですからね。貪欲にいった者勝ちです!

就活生へのメッセージ
とにかくたくさん話を聞け!
可能性は自分でつぶすな!

就活生のみなさんへのアドバイスは、説明会やOB訪問の数は増やした方がいいということ。そうすると、自分がどんなことに興味があるのかがわかるだけでなく、何となく行きたくないと思っている会社に対して明確な理由がないこともわかるから。「絶対にこれが嫌だ」という理由が見つからない限り、その会社には可能性があると思うんです。私は30社でOB訪問をしました。OB訪問を通して、説明会では掴めないいろいろな情報をその人の言葉で教えてもらえます。そんな中で、一番本音で語ってくれたのがキーエンスの先輩でした。みなさんも積極的に話を聞きに行って、自分の行きたい会社を見つけてください。思う存分、就職活動を楽しんでくださいね!

社員インタビュー
  • 前田 朋樹
  • 大沼 愛
  • 野田 晋司
  • 望月 洋輔
  • 池田 万真
  • 山中 美沙
  • 山田 康太
  • 近藤 智章
  • 金子 桂輔
  • 川端 慶次郎
  • 橋本 冴華
  • 後藤 早紀
  • 大野 應好
  • 槻木 伸一