社員インタビュー

■現在の仕事内容

「即日出荷」を支えるために、私に求められること

商品の在庫管理を行っています。キーエンスの強みである「即日出荷」を維持するために、日々生産計画の見直しを行い、工場への生産依頼や納期交渉も私の仕事です。また、国内・海外の受注情報を営業担当や販売促進グループと共有したり、材料の発注を資材管理部へ依頼したりと多くの関係部署とやりとりしながら業務を行うので、視野を広くもって行動することを心がけています。

私が最も注力しているのは、「早く気づいて、早く動く」こと。たくさんの部署と人が関わっているからこそ、一つの滞りが大きな影響を及ぼしてしまいます。いかに早く、いかに前倒しで気配りができるかで、関連する人の動きやすさが大きく変わってくるのです。お客様の納期に対応するための「即日出荷」はたくさんの連携で成り立っていることを常に意識し、早く適切な判断をすることが求められる仕事です。

■ターニングポイント

報連相が、安心と信頼と自信をくれた

仕事をどんどん任せてもらえるので、自分が成長しているという実感も、仕事へのやりがいも日々大きなものになっています。中でも1年目の終わりごろ、「大沼さんはきちんと報連相をしてくれるから、安心して仕事が任せられる」と先輩に言っていただけたことが大きな自信になりました。「良いことも悪いことも、その時にきちんと報告してくれる。だから何かあってもすぐにフォローができる。任せる方にとってはこんなに安心なことはないよね。」と、改めて評価してもらえたことで自分の長所に気づくことができました。

今は後輩もでき、私も教える立場となりました。どうすればその人の成長につながるかを意識しながら、常に声をかけることを大切にしています。電話対応に反省点が見つかれば、その時に「今のは、こうしたらいいんだよ」と改善策を伝えたり、その場その場で指摘することが成長への近道だから。若いうちから考えて動いて変えていけるこの環境を活かして、もっともっと自分も主体的になっていきたいと思います。

■キーエンスを選んだ理由

「自分の性格に合う社風」がポイント!

もともとは金融業界を目指していました。ずっとそこに焦点をあてて就職活動を行っていたので、キーエンスを受けている時もまさかここに入社することになるとは思ってもいませんでした。そんな私の固い決意を揺さぶったのは、最終面接です。多くの学生のうちの一人ではなく、「私」という人にまっすぐ向き合って判断してくれたのが伝わってきたんです。それがこんなに嬉しいことだとは思いませんでした。本命の金融からも内定をいただいてはいましたが、もう迷わずキーエンスに来ることを選びました。

それに、ONとOFFがはっきりとしたメリハリのある風土があるので、仕事もプライベートも充実させることができるのが大きなポイントでした。仕事はのめり込んでやっていきたいし、休日は自分の好きなことに時間を使いたいと思っていたので、私の性格にも向いているなと感じました。実際、仕事ではいろいろなことに挑戦できていて、休日は習い事で大忙し!今は、ヨガとピラティスと料理教室をはしごしています。私の選択は間違ってなかったですね。

就活生へのメッセージ
納得いくまで、
あきらめないで行動する!

私も就職活動はすごく大変でした。だけど、一つひとつ、それが本当に自分にとって一番なのか納得いくまで考え行動し、就職先を自分の意志で選びました。当初目指していた業界とは異なるところへ進路を変更するという大きな決断をしましたが、キーエンスに入社して良かったと日々感じています。みなさんも、悔いのないように最後まであきらめずに頑張ってください。

社員インタビュー
  • 前田 朋樹
  • 野田 晋司
  • 望月 洋輔
  • 池田 万真
  • 山中 美沙
  • 山田 康太
  • 近藤 智章
  • 金子 桂輔
  • 川端 慶次郎
  • 橋本 冴華
  • 後藤 早紀
  • 大野 應好
  • 槻木 伸一