【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら

ひずみ計測ユニット

ひずみ計測ユニット NR-ST04

仕様

型式 ひずみ計測ユニット
NR-ST04
入力方式 平衡差動入力 ch間非絶縁、
他ユニット(パソコン)-入力ch間絶縁
チャンネル数 4ch最大増設時24ch(6ユニット接続時)
測定周期 最速サンプリング周期20μs(50kHz)~60s
AD変換方式 逐次比較方式 全CH同時サンプリング
AD分解能 16bit
入力種類 ひずみ入力 ±1000μST、±2000μST、±5000μST、
±10000μST、±20000μST
電圧入力 ±2mV、±5mV、±10mV、±20mV、±50mV
最大入力定格 ±1.0V
入力インピーダンス 1MΩ以上
耐電圧 入力-システムバス/
アース間
1500VAC(50/60Hz)1分間
適応ゲージ抵抗 1ゲージ/2ゲージ法 120Ω
(350Ωは外付けブリッジボックス必要)
4ゲージ法 120Ω~1kΩ
印加電圧 DC2V(±0.4%)
平衡調整 方式 電子式平衡調整(オートバランス)
平衡調整確度 ±0.1% of F.S.
(ローパスフィルタ8Hz サンプリング50Hz時)
平衡調整範囲 ±29000μST(ひずみ入力時) ±29mV(電圧入力時)
測定確度 ゲイン確度 ±0.2% of F.S.
(ローパスフィルタ8Hz サンプリング50Hz時)
ゲージ率 2.0固定
コモンモードノイズ除去比 80dB以上(DC~60Hz)
入力周波数帯域 DC~5kHz(-3dB)
ローパス
フィルタ
遮断周波数 オート、5k、3.5k(3k)、2k(1.5k)、1k(750)、500(370)、250(200)、
120(100)、60(50)、30(25)、15(12)、8(6)、4(3)Hz
()は、20kHzサンプリング時
減衰特性 5次ベッセルフィルタ -30dB/oct
測定レンジ 項目
測定可能範囲
表示分解能
±50mV -55.00mV~+55.00mV 10μV
±20mV -22.000mV~+22.000mV 1μV
±10mV -11.000mV~+11.000mV 1μV
±5mV -5.500mV~+5.500mV 1μV
±2mV -2.2000mV~+2.2000mV 0.1μV
±20000μST -22000μST~+22000μST 1μST
±10000μST -11000.0μST~+11000.0μST 0.5μST
±5000μST -5500.00μST~+5500.00μST 0.25μST
±2000μST -2200.0μST~+2200.0μST 0.1μST
±1000μST -1100.00μST~+1100.00μST 0.05μST
ゼロ点
安定度※1
温度特性 ±2μST/℃、±2μV/℃
経時変化 ±1.5μST/8h、±3μV/8h
ゲイン
安定度※1
温度特性 ±0.05% of F.S./℃
経時変化 ±0.3% of F.S./8h
バッファメモリ 4Mデータ
ウォームアップ時間 30分以上
消費電力 3.0W以下
使用周囲温度 0~+40℃
使用周囲湿度 35~85%RH(結露しないこと)
質量 約230g(OP-51584:NR-ST04 10極端子台2個含む)
※1 内蔵ブリッジ抵抗の温度特性・経時変化は含まれていません。
内蔵ブリッジ抵抗安定度:±5ppm/℃以下±50ppm/年
上記仕様は23℃±3℃、ウォームアップ時間経過後オートバランスをした時の値です。
STはひずみ、μは10-6です。

外形寸法図

単位:mm

外形寸法図_MD_nr_st04

他の商品シリーズ

技術資料の集大成

計測器ラボ

接続com

通信とネットワークの規格・接続方法をわかりやすく解説!