文字サイズ

測温抵抗体使用時のポイント

測温抵抗体使用上の注意点

内部導線による誤差に注意

測温抵抗体は、内部の抵抗素子の抵抗値を精度良く計測することによって温度を算出します。したがって、導線抵抗の影響を極力受けないようにする必要があります。3導線式、4導線式のいずれの場合においても、導線の材質、外径、長さ及び電気抵抗値が等しく、かつ、温度勾配がないようにしなければなりません。

測温抵抗体の延長は可能?

可能です。測温抵抗体用接続導線を使用します。
長い導線を必要とする場合は、誤差を生じさせないため、導線の1mあたりの抵抗値を確認してください。レコーダの入力信号源抵抗の範囲内で選定してください。

挿入深さによる誤差に注意

測温抵抗体の測温部が測温対象と同じ温度になるように設置しないと正確な温度は得られません。
保護管付測温抵抗体、シース測温抵抗体に限らず、外径の約15~20倍程度は挿入するようにしてください。

自己加熱による誤差に注意

測温抵抗体を使用して温度を計測する場合、測温抵抗体に規定電流を流して温度を求めますが、このとき発生したジュール熱によって測温抵抗体自身が加熱されます。
このことを「自己加熱」といいます。
自己加熱は規定電流値の2乗に比例しますが(測温抵抗体の構造や環境にも依存)、大きいと精度誤差の要因になります。

JIS規格では0.5mA、1mA、2mAを規定電流としていますが、一般的に測温抵抗体はいずれかの規定電流に合わせて精度保証をしていますので、仕様に記載されている規定電流値であれば自己加熱の心配はありません。

測温抵抗体の規定電流に注意

測温抵抗体の規定電流は仕様で決まっています。
仕様に記載されている規定電流値以外の電流値を流さないようにしてください。
異なる電流値を流すと、以下のような問題点が起こる可能性があります。

  • 発熱量の変化によって測定誤差が生じます。
  • 規定電流値が変化することで測定電圧値も変化し、間違った温度を表示します。

並列配線に注意

1本の測温抵抗体を複数のレコーダに並列配線する場合、ダブルエレメントタイプをご使用ください。
シングルエレメントタイプの場合、必ずレコーダ1台につき1本の測温抵抗体をご用意ください。

並列配線時の問題点は?(シングルエレメントタイプ)

並列配線時の問題点は?(シングルエレメントタイプ)

レコーダは測温抵抗体に規定電流を流し、抵抗の両端に発生した電圧を計測します。
並列に配線すると、2つのレコーダから規定電流を供給することになり、正確な電圧値が得られなくなります。

レコーダへの導線の配線位置に注意

レコーダへは正確に配線してください。正確に配線しないと、間違った温度が表示されてしまいます。
下図は3線式測温抵抗体をレコーダに配線する方法を示しています。

レコーダへの導線の配線位置に注意

参考1

2線式測温抵抗体を3線式測温抵抗体計測用のレコーダに配線する方法

2線式測温抵抗体を3 線式測温抵抗体計測用のレコーダに配線する方法

参考2

4線式測温抵抗体を3線式測温抵抗体計測用のレコーダに配線する方法

4線式測温抵抗体を3 線式測温抵抗体計測用のレコーダに配線する方法

※この配線は3線式測温抵抗体として使用しますので、精度は3線式相当となります。

詳しくはこちら

INDEX目次に戻る

無料ダウンロード ご相談・お問い合わせはこちらから