【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら

関連商品

TR-Hシリーズ

TR-Wシリーズ

食品・薬品製造装置

滅菌機、殺菌機の記録

滅菌機、殺菌機の記録

記録内容

食品業界で求められる滅菌、殺菌工程の処理時間と温度の記録を行います。F値演算も可能です。

改善ポイント

紙+メモリの二重保存でデータの欠損がありません。
従来のチャート式記録計の不安を払拭。まさに記録漏れがゼロ。

信頼性UP

万が一紙切れ/紙詰まりが発生しても、全てのデータを確実にチャート紙に残せる。

波形でアラーム判定

新機能、プロファイルアラーム搭載。基準の滅菌サイクルを登録すれば、サイクルから外れたときにアラームを出力します。

TR-Hシリーズ

TR-Wシリーズ

 

FDシリーズ

FLシリーズ

紙詰まりしても安心、後から印字できます!

追いかけ打点

打点式記録計は紙切れ、インク切れがつきものです。
しかし、TR-H は打点式記録計であると同時にメモリに記録されたデータがありますので万が一、紙切れなどで記録紙に打点がされていなくても紙を交換後、紙切れ時点から現在までのデータを追いかけて打点することが可能です。

紙切れになりましたが収集は続行します

打点を再開しようとするとメッセージが出ます

「追いかけ打点」イメージ
「追いかけ打点」イメージ

カコデータスタート~エンドまでの範囲が紙切れの間のデータです。

アナログ作業が多くて、効率が上がりません。

従来のチャート記録計はデータの確認時に、チャート紙に定規を当て数値を読む、OHPシートと重ねて比較する、など人による誤差が生じる作業も多く、作業スピード・正確性に課題がありました。

TR-Hシリーズなら

TR-Hシリーズならプロファイルの自動判定機能をはじめ、作業性を大きく向上させる機能が豊富に搭載されています。もう、紙だけには戻れません。

プロファイル判定機能

ワンタッチの便利機能

「プロファイル判定機能」イメージ

しきい値(上限/下限)の2種類を基準波形登録した例

あらかじめ基準(マスター)となる波形を登録する事で、その基準波形をアラームのしきい値として使用できます。人によるバラつきの無い、確実な判定が可能です。

基準波形先行表示機能

「基準波形先行表示機能」イメージ

将来の予測波形をあらかじめ表示できます。いち早い異常の察知や、波形を見ながら設備を調整するシチュエーションなどでの作業性を向上します。

「ワンタッチの便利機能」イメージ

1
ワンタッチ画面切換

波形画面以外にも多彩な表示に対応。異常値も一目で確認が可能です。

「ワンタッチ画面切換」イメージ

数値表示

オーバービュー表示

2
ワンタッチコメント印字

前面の扉を閉めたままでチャート紙への書き込みが完了します。手書き時に誤って紙詰まりを起こすリスクも低減します。

「ワンタッチコメント印字」イメージ

3
ワンタッチアラーム履歴検索

アラーム時の波形にワンタッチでジャンプ。最大・最小値などの検索にも対応します。異常時の対応スピートが向上します。

「ワンタッチアラーム履歴検索」イメージ

お役立ち資料のご案内

 

関係者必見!「食品業界向けデュアルレコーダ導入ご紹介」
関係者必見!
「食品業界向けデュアルレコーダ導入ご紹介」

記録モレが0。

記録モレが0。
「紙切れ」、「インク切れ」、「紙詰り」チャート記録計の記録モレを無くす新提案!