Microsoft Officeのアップデートにより、
KV COM+が起動できない場合の対処方法

Office 2007以降のバージョンでKB2598039、KB2598041のアップデートにより、KV COM+ for Excelを起動すると、以下のようなエラーメッセージが表示されることがあります。

「無効なオブジェクト ライブラリです。または定義されていないオブジェクトへの参照を含んでいます。」

以下を実行すると回避できる場合があります。

[WindowsXP/2000の場合]
「ファイル名を指定して実行」で、以下を入力。
regsvr32 C:\Windows\System32\MSCOMCTL.OCX

[WindowsVista/7 32bitの場合]

コマンドプロンプトを管理者として起動し、以下を入力。
regsvr32 C:\Windows\System32\MSCOMCTL.OCX

[Windows7 64bitの場合]

コマンドプロンプトを管理者として起動し、以下を入力。
regsvr32 C:\Windows\SysWOW64\MSCOMCTL.OCX

戻る