キーエンス

ある2人の設計者がいました。2人の会社はとてもよく似た製品の開発をしていました。それぞれの部署は「研究開発」、会社の規模や場所、人数まで同じでした。

しかし、違いもありました。

一人は設計のクオリティが低く、手戻りを繰り返していました。

しかしもう1人は、製品の組立性の高さを賞賛され、開発期限に遅れることなく、競合に差をつける製品を作り続けました。

何が違いを生じさせたのでしょうか?

開発・設計者の方へ朗報

15μmの積層ピッチを実現することでパーツとの組付けまで検証できる3Dプリンタを使って、次々と成功しているお客様の「3Dプリンタ活用の成功事例集」を無料プレゼント!

今すぐダウンロードしたい方はこちらをクリック!

突然ですが・・・設計・開発・研究部門にいるあなたに質問します。

もしかすると、あなたは次の質問に心当たりはありませんか?

  • 現状の試作頻度をイメージして3Dプリンタは不要と考えていませんか?
  • 試作品は製品と同じ材質で作らないと意味がないと思っていませんか?
  • それなりの3Dプリンタは1000万円以上の投資が必要で高いと思っていませんか?
  • 開発期限に遅れることなく、どんどん製品を生み出したいと願っていませんか?
  • デザインレビューで手戻りを減らしたいと思っていませんか?
  • 競合他社よりも「優れたアイデア」を生み出したいと思っていませんか?
  • 競合他社に「圧倒的な開発スピード」で勝ちたいと思っていませんか?

突然ですが・・・設計・開発・研究部門にいるあなたに質問します。

もし、「YES」が3つ以上あるのであれば、このページはまさに、あなたのためのページです。

もしかしたらあなたは、
せっかくたくさんの開発案件、設計依頼があるのに、
時間が足りずに、対応しきれていない・・・
と感じたりしていませんか?

デザインレビューが上手くいかにず
手戻りが発生し、もっと改善できれば・・・
と悔しい思いをしていませんか?

でももうご安心ください。
あなたは非常に幸運です。


なぜなら、このページを最後までお読みいただければ、
あなたが悩む“ものづくり”における「抜本的な悩み解決」について、
そのヒントをご提供させていただくことができるからです。

もし、あなたが、このページを最後までお読みいただければ
競合他社がまだ気づいていない「ものづくりの抜本的改善方法」を知り、
圧倒的に優位な立場を築くことができます。

ですから、たった3分だけでいいですので、決して後回しにせず、
今すぐにこのページを読み進めてみてください。


まずは、ある企業のお話をしましょう。

“試験用模型”を製作するある造船技術者の告白

私は、次々と押しよせてくる開発案件に対し
「抜本的な製作キャパシティを増やしたい・・・。」
と常々悩んでいました。

「NCフライスで切削を行い模型を製作していたのでは
 製作スピードがまったく間に合わない・・・。」

しかし、
当時社内では、今までの方法を変えるような
抜本的な改善アイデアがなく、夢のような願い事にすぎませんでした。

でも、立ち止まっていてもしかたがありません。
私たちは考えうる対策を行ないました。

まずは外部の業者に頼んでみることにしたのです。

そこは、すでに3Dプリンタを設備に持っていて
「粉末焼結積層造形」というやりかたで模型を製作してくれました。

しかし・・・残念ながら、私たちの要求する『精度』は得られませんでした。

私たちの求める精度は非常に厳しく、部分によっては
『±0.1mm』の精度を必要とします。

また精度が出せないだけでなく、冷却時の収縮ムラによる歪みも発生し
結局は、後で切削をし歪みの修整を行なっていました。

納品も1週間以上かかり、内部の製作キャパシティも増えませんでした。。

そこで、
しかたなく、NC工作機械の小型版を購入する事を検討しましたが・・・

「複雑な形状を造形できない・・・」
「組み立てから、仕上げまでができる精度が出せない・・・」
「NC工作機械だけでは、全体の製作キャパシティが増えない・・・」

という問題がでてきました。

「・・・・・。」

やはり、抜本的に製作キャパシティを増やすというのは
夢に終わってしまうのか・・。

この話はフィクションではありません。製造改革に成功したある技術者の実話です。

しかも驚くことに、これと同じような経験談を話していただいた方は、他にも何人もいらっしゃいました。

3Dプリンタは、精度が悪いのでしょうか?

さて、一般的にものの製作には、
複雑な形状も含まれるために、完成品に対し

「微細な精度が必要」
ひずみがあってはいけない」
「組み立てに問題があってはならない」


といった所が要求されます。

その通り、ものづくりには「精密さ」が必要です。
では、3Dプリンタではその「精密さ」を
実現させるのは難しいのでしょうか?

答えは「否」です。

多くの設計者は、
3Dプリンタは満足のいく精度が出せないと思っています。

では本当に、3Dプリンタは
精密さを実現させることは難しいのでしょうか?

実は、現在の3Dプリンティング技術は
『積層ピッチ15μm』
を実現し、従来では困難だった微細部まで再現、
組み付け性や機能性の確認にも最適になりました。

  • キャブレターキャブレター
  • 照明照明
  • ファンモーターファンモーター
  • ボビンコイルボビンコイル
  • ネジネジ
  • ポンプポンプ
  • サスペンションサスペンション
  • エンジンエンジン

一般的な切削・金型製作に比べ、3Dプリンタは、納期が1/10以下なのをご存知ですか?

通常、切削や金型を使った製作には
「1週間~1ヶ月程度」かかることが通常ですが、3Dプリンタは
「わずか1日」で完成します。

ちなみに、製作スピードが速いということは、
それだけ商品開発納期が早くなり、競合他社に差をつけることができます。

この「圧倒的スピードの速さ」を使わない手はないですよね。

一般的な切削・金型製作に比べ、3Dプリンタは、納期が1/10以下

一般的な切削・金型製作に比べ、3Dプリンタは、納期が1/10以下なのをご存知ですか?

開発したい製品のイメージを情報量豊かに表現でき、デザインレビューの手戻りが格段に減る理由とは?

ところで、多くの設計者はデザインレビューで
発生する手戻りにストレスを感じています。


もちろん、関係者を含めじっくりと検討しなければいけないため
決して簡単に進むことはありません。
ゆっくり慎重に検討することもまた、良い商品を作るために必要だからです。

また、アイデアを正確に伝えるためには、
3DCADの画面上では大きさや重さまで正確に伝えることは困難です。

そのため3Dプリンタで製作し、
実際に相手に手に取ってもらうことが一番です。

モデルを作ってレビューができれば、

「よし、これでいこう!」

と周囲の同意と、納得を得ることがカンタンになります。

3Dプリンタを検討し製造改革を行ないたい、でも、どこにも参考になる本やマニュアルはありませんでした!

今はまだ、業務用に使用される3Dプリンタはほとんどが海外メーカになります。

そのため、実際に使用されている具体例や、各々の会社が持っている応用技術などはほとんどが
世に公開されていません。

また、もともとインターネットに情報を公開する製造業者も多くはありません。
競合他社に知られたくないというところもあるでしょう)

製造改革に役立つ「他社の成功事例」をあなたに!

製造改革に役立つ「他社の成功事例」をあなたに!

キーエンスは、3Dプリンタを検討し
『製造の抜本的改革』
を望んでいるあなたのために、

弊社3Dプリンター「アジリスタ」
を採用している4社の経験談(成功事例集)
まとめてプレゼントいたします。

今すぐダウンロードしたい方はこちらをクリック!

すでに「3Dプリンタ」を採用、成功している企業様

一般社団法人日本造船技術センター 様

一般社団法人日本造船技術センター 様
±0.1mmの高い「精度」を実現!
試験用模型を製作。性能を正しく推定するには模型の形状が、実際の船舶の形状を正確に反映している必要があります。翼形状のナイフエッジの直線部分など、特に高い精度が要求される部分で必要な精度を出すことができました。

株式会社童夢 様

株式会社童夢 様
お客様の急な仕様変更に即対応!
レーシングカー用部品を製造していますが、お客様によっては仕様が急に変更され、すぐに設計を修正し模型をしなければならない時があります。そんな時、3Dプリンタを使えば外注先に待たされずにに模型をすぐに造形でき助かります。

株式会社アルファ 様

株式会社アルファ 様
開発したい製品のイメージを企画会議でかんたん共有!
企画会議で新しい製品の開発を提案する時、以前はアイデアを図や絵で伝えていましたが、画面や図面では製造のイメージを伝えきれないことがよくありました。しかし、3Dプリンタを導入してからは、開発したい製品のイメージを豊かに共有できるようになりました。

ニッパツ・メック株式会社 様

ニッパツ・メック株式会社 様
サンプル製作の所要時間を大幅短縮!
当社では、マリンレジャー用および業務用の小型船舶や水上バイクの、制御装置を開発・生産・販売しています。
納入の先メーカから、製品開発の納期短縮を強く要求され3Dプリンタを使い始めました。3Dプリンタを導入したことで、複雑な形状の部品を含め、開発初期に使うサンプルのほとんどを、内製できるようになり、NC加工機のように、データ変更や工具・材料のセットや切削クズの清掃に手間を取られることもなくなりました。

この「3Dプリンタ活用の成功事例集」であなたが得られるメリットの数々

  • より精度の高い「試作品・商品」を造る方法が分かる
  • あらゆる3Dプリンタの活用方法が理解できる
  • 開発期間を遅らせることなく設計クオリティを高める方法がわかる
  • デザインレビューで手戻りを減らし、開発力を高める方法がわかる
  • 他社よりも「優れたアイデア」を手に入れる方法が分かる
  • 他社よりも「圧倒的なスピード」で開発する方法が分かる

いかがだったでしょうか?

想像してみてください。
もし、あなたがこれらの事例を知り活用することができたら・・・

どれほど今の不安や悩みが消えることでしょうか。
どれほど開発スピードが上げられるでしょうか。
どれほどものづくりが楽しくなることでしょうか。


仕様(スペック)だけを見比べているだけでは
いつまでたっても知ることのできない採用事例を
この成功事例集では惜しげもなく公開しています。

参考書を10冊見ても、
「実際に成功している採用事例」に勝るものはありません。

今すぐダウンロードしたい方はこちらをクリック!

あなたが真剣に「ものづくりの抜本的改善」を考えているのなら、「3Dプリンタ活用の成功事例集」を特別にお譲りしたいと思います。

ここまで、お読みくださったということは、
この「3Dプリンタ活用の成功事例集」に
興味を持っていただけたということですね。
本当にありがとうございます。

この資料は、3Dプリンタを採用し、成功された
企業様たちの「具体的な採用事例」になります。
まさに、製造の根本改善を行なった経験と実績の結晶です。

ぜひその重要性をご理解いただける方にだけ、
手に入れていただきたいと思っています。

「3Dプリンタ活用の成功事例集」プレゼント

開発・設計者の方へ朗報

15μmの積層ピッチを実現することでパーツとの組付けまで検証できる3Dプリンタを使って、次々と成功しているお客様の「3Dプリンタ活用の成功事例集」を無料プレゼント!

今すぐダウンロードしたい方はこちらをクリック!

Q1.3Dプリンタのご検討予定についてお教えください。(必須)

Q2.3Dプリンタを所有されていますか?

Q3.3DCADを所有されていますか?

その他、お問い合わせ、ご依頼内容をご自由にお書きください。

入力可能文字数:300文字

はじめての方

Web会員登録いただくと、登録者限定のサービスをご利用いただけます。

登録ユーザー限定サービス
  • 商品マニュアル、CAD、豊富な技術資料をワンクリックでダウンロード
  • 無料テスト機サービスのご利用
  • 商品の技術的なご相談、テスト依頼(専門スタッフがご対応いたします)

次へ

※SSL(暗号化)送信します