1. キーエンスの3DプリンタHOME
  2. 3Dプリンターと周辺ツール
  3. 【解析ソフトとの上手な使い分け】解析ソフト(CAE)を取り入れた場合

3Dプリンターの活用術 解析ソフトとの上手な使い分け
解析ソフト(CAE)を利用した設計プロセス

解析ソフト(CAE)を取り入れた場合

試作品の評価方法は、3D CADの普及に伴い大きく変化しました。
3D CADで作成した3次元モデルを活用して仮想的な評価が可能となり、設計・開発の進め方に革新的な変化をもたらしました。この仮想的に性能評価ができるツールが、解析ソフト(CAE「Computer Aided E ngineering」)です。解析ソフト(CAE)には評価する項目別に以下に示すさまざまなソフトウェアが存在します。

解析ソフト(CAE)の種類

構造解析 強度(応力や変形)、固有振動数などの計算ができる
熱伝導解析 温度の計算ができる
流体解析 水や空気などの流体の圧力や速度の計算ができる
電磁場解析 モーターなどの磁場の計算ができる
機構解析 製品の動きに伴う力、速度、加速度の計算ができる
音響解析 音の発生や伝達などの計算ができる

これらの解析ソフト(CAE)の利用で、事前に不具合を予測し設計の改善が可能となります。
そして、解析ソフト(CAE)で十分に検討された設計図を試作品として製作し実験にうつることで、トライ&エラーを最小限に抑えられ、開発期間の短縮につながります。

解析ソフトを導入した設計プロセス

解析ソフトを導入した設計プロセス

3Dプリンター周辺ツール

3Dプリンターで生産性を向上 治具の教科書

3Dプリンターとの違いがわかる 金型の基礎知識