1. キーエンスの3DプリンタHOME
  2. 3Dプリンターと周辺ツール
  3. 【解析ソフトとの上手な使い分け】3Dプリンターの場合

3Dプリンターの活用術 解析ソフトとの上手な使い分け
ツールの上手な使い分け(3Dプリンターを取り入れた場合)

3Dプリンターの場合

3Dプリンターの最大のメリットは、試したいタイミングで実物モデルが製作できることです。従来の切削加工では製作期間がかかるため、試作品製作の頻度を上げるには限度がありました。また、外部に依頼をする必要がある場合には、発注手続きの手間を省くため、実物モデルは無しで評価をする方向になりがちでした。

しかし、3Dプリンターなら社内に導入して手軽に使えて、モデルを製作した上で評価ができます。他の開発関係者との意思疎通もスムーズにできます。それにより「手戻り」の削減ができます。図面や3D CADの図面のみでは分かりづらい大きさや操作性、組み付け性などを直感的に理解できるのも特長です。
開発関係者同士のコミュニケーションが円滑になり、より質の高いアイディアを数多く生み出すことにつながります。

ポイント
・社内に導入して手軽に使える
・モデル製作した上でやり取り可能
・「手戻り」が削減できる
・大きさ/操作性/組み付け性が直感的に理解できる

3Dプリンターの場合

用途事例

  • デザイン確認

    手に取って使用する製品なら、造形して手で感触を確かめてデザインできます。後の工程でのやり直しを最小にします。

    デザイン確認

  • 組み付け確認

    筐体に基盤やコネクタを組み付けして、ハーネスや部品の干渉を確認できます。小型化がもとめられる検証で役立ちます。

    組み付け確認

  • 金型試作

    金型を製作する際に図面や画面では伝わらない形状をきっちり伝えられるので、「型」の修正を最小限に抑えます。

    金型試作

  • 機能確認

    理論通りの性能を持つかを、コイルを巻いて簡易評価できます。当たりを付けて最終試作できると試作コストが下げられます。

    機能確認

3Dプリンターでの評価が有効な事例

  • パソコン筐体設計の放熱性検証

    パソコン筐体設計の放熱性検証

    検証内容

    ①ファンの選定と
    冷却効率の高い筐体設計

    ②埃の吸引による
    冷却効率の変化

  • タンク構造設計のオイル挙動検証

    タンク構造設計のオイル挙動検証

    検証内容

    ①オイル粘度の変化による
    セパレータの構造設計

    ②気泡の混入時の挙動確認

  • ミニチュアモデルを利用した風洞実験

    ミニチュアモデルを利用した風洞実験

    検証内容

    ①ミニチュアによる簡易評価

    ②複数モデルによる最適化

  • 電化製品のハーネス取り回し検証

    電化製品のハーネス取り回し検証

    検証内容

    ①筐体と部品の干渉確認

    ②ハーネスの長さと
    取り回しの最適化

3Dプリンター周辺ツール

3Dプリンターで生産性を向上 治具の教科書

3Dプリンターとの違いがわかる 金型の基礎知識