1. キーエンスの3DプリンタHOME
  2. 3Dプリンター 課題と可能性
  3. 【モノづくりの最前線で】スピーディな開発環境

スピーディな開発環境

造形モデルで不安を解消

「設計したあとはすぐに形にして検証したい」「試作検証で見つかった不具合を、早く図面に反映させたい」といった要望を簡単にかなえるのが3Dプリンターの魅力です。3D CADデータから直接出力できるので、設計から検証までのタイムロスがなく、スピーディな開発環境を実現します。

3D CADデータとの連携

最近は3D CADの性能も上がり、解析技術も向上しています。それでも、3Dプリンターを使った検証と比べると、「この設計で大丈夫だろうか」「試作物で検証できれば」という不安を拭いさることはできません。
現在では、設計者が自ら3Dプリンターを使って、思いついたアイデアをすぐに確認するというスタイルが定着しつつあります。それを可能にしているのが3D CADと3Dプリンターの連携です。3D CADデータはそのまま3Dプリンターに転送できるため、工作機械を扱うような専門のスキルがなくても、紙に印刷するような手軽さで造形モデルが作れます。

遅くとも翌朝には造形物が完成

従来は試作物を外注すれば1週間ほどかかっていました。それが3Dプリンターなら数時間から、長くても1晩程度で完成します。気になる点があればすぐに検証し、図面に結果をフィードバック。修正した図面をもとに試作検証を繰り返す、という工程を踏むことで、設計上の不安も払しょくできます。
納得いくまで試作検証と設計変更を繰り返すことで設計の不安を解消した後は、金型や治具も試作で検証。製造工程でのトラブルを削減して、開発コストと製造コストの両方でメリットを引き出します。

従来の試作フローと3Dプリンター導入後のフロー

フロントローディングの救世主に

製造現場で進むフロントローディング。そこでネックになっているのがデザイナーや設計者の負担増です。しかし、「試作検証に時間がかかる」「試作検証に割り当てるリソースがない」「試作検証ができないので品質に不安がある」といったデザイナーや設計者の悩みは、3Dプリンターの導入でほぼ解消できます。

フロントローディングで低コスト短納期を実現

商品開発にかかる時間とコストの比較図

開発の初期段階ではコストアップになりますが、
結果的には大幅なコストダウンにつながります

3Dプリンター周辺ツール

3Dプリンターで生産性を向上 治具の教科書

3Dプリンターとの違いがわかる 金型の基礎知識

3Dプリンタの今がわかる小冊子 ダウンロードして読む(PDF)