1. キーエンスの3DプリンタHOME
  2. 3Dプリンター 課題と可能性
  3. 【モノづくりの最前線で】活用シーンの提案

3Dプリンターの活用シーンの提案

ものづくりを設計から見直すツール

3Dプリンターは、試作検証から組立検証へとニーズが拡大してきました。今後はさらに活用の場が広がり、用途に応じて切削、鋳造、射出などの従来の方法との共存ができるようになると考えています。

初期段階で造形モデルが作れる

開発初期の段階では「開発コードが未取得のため、費用のかかる外部委託ができない」というケースがあります。しかし3Dプリンターがあれば、早い段階から造形モデルが内製できます。外部委託がないので、発注の手間がかからず、機密が漏れることもありません。

社内提案の精度を高める

デザインはいうまでもなく、早い段階でサイズ感が検討できるので、提案の精度が高まります。実際に見て触れてもらうことで、プレゼン時の理解も深まります。良い製品に仕上げるには、格好の検討材料といえます。

開発コストを削減する

実際の造形モデルを使って検証が繰り返せるので、デザインや設計への手戻りが減らせます。デザインだけでなく、生産技術なども含めたトータルの開発コスト削減に貢献します。

スムーズに生産に移行

近年は製品の小型化が進み、組立も複雑化しています。多様化に対応するために納期も短くなり、生産工程に高い精度が求められています。生産にスムーズに移行するための確実な検証に、3Dプリンターは欠かせません。

3Dプリンター周辺ツール

3Dプリンターで生産性を向上 治具の教科書

3Dプリンターとの違いがわかる 金型の基礎知識

3Dプリンタの今がわかる小冊子 ダウンロードして読む(PDF)