• 文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

【材質別に選ぶ】樹脂

紙、ガラス、樹脂、ステンレス、超硬、セラミック、銅、金メッキ…。テーマごとの最適なレーザ波長の特性をご紹介。

ABS樹脂

選定機種

3-Axis ハイブリッド レーザマーカ
MD-X1000/1500シリーズ

仕上がり

  • ・黒色もしくは濃いグレーに印字され、高い視認性が得られる。
  • ・意匠面などに印刷のような仕上がりで消えない印字が可能。

注意点

  • ・発色のレベルは樹脂それぞれにより異なる
  • ・CO2レーザマーカでは発色せず掘り込まれてしまう。

3次元レーザを使用するメリット

  • ・曲面などへのロゴ印字も歪み無く3次元印字でイメージアップ。
  • ・アイテムごとに高さが変化する場合も段取り替え無く印字が可能。
シルク印刷からの置き換えに シルク印刷からの置き換えに 3次元制御段差印字

エポキシ樹脂

選定機種

3-Axis ハイブリッド レーザマーカ MD-X1000/1500シリーズ
3-Axis YVO4SHGレーザマーカ MD-S9900Aシリーズ

仕上がり

  • ・白く鮮明に印字されるため、スタンプ・印刷からの置き換えが容易。
  • ・表面より数μm掘り込むだけの超浅掘り印字をしてダメージを最小限に抑えます。

注意点

  • ・CO2レーザよりもYVO4レーザの方が浅く・綺麗な印字が可能。
  • ・デフォーカス印字をすることで、より視認性の高い高品位印字が可能。
  • ・低背化パッケージなどでは、よりダメージを抑えたSHG波長が有効。

3次元レーザを使用するメリット

  • ・330mm×330mmエリアへ均一スポットで印字が可能なため、X-Yステージ不要。
  • ・スポット可変が可能なため、高さの変更無くデフォーカス印字が可能。
3-Axis YVO4SHGレーザマーカ MD-S9900Aシリーズ 注意点

PET樹脂

選定機種

3-Axis CO2レーザマーカ ML-Z9500シリーズ

仕上がり

  • ・白っぽく浮き上がるような印字。
  • ・フィルム材へもピンホールの発生しない印字が可能。

注意点

  • ・強いパワーで印字すると熱影響によるピンホールが発生する可能性。
  • ・波長9.3μmの短波長レーザを使用すると、
    よりダメージの少ない鮮明印字が可能。

3次元レーザを使用するメリット

  • ・PETボトルなどの曲面へも追従した鮮明印字が可能。
  • ・ボトルサイズが異種混合のラインでも焦点可変で設置補正が可能。
3-Axis CO2レーザマーカ ML-Z9500シリーズ PETボトルへのLOT印字

レーザについて学ぶ

「そもそもレーザってなに?」「どんな原理?」といった基礎知識から、発振器の仕組みなどのマニアックな内容までわかりやすく解説した技術読本です。

ダウンロードはこちら

ダウンロードはこちら