• 文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

波長の違い

レーザマーカを選ぶ際にもっとも重要な“波長”による特性の違いをご紹介。
レーザ光の波長が違うため、印字ができる対象物が変わります。
また印字の仕上がり感も変わりますので目的によって選定機種が変わります。

レーザマーカとしての主な使い分け

CO2レーザマーカ
波長10600nm:
紙・樹脂・ガラス・セラミックへのマーキングに良く使用されます。
透明体へも吸収される波長のため、フィルムへのマーキングなどにも使用されます。
高出力化の実現により、成型品のゲートカット・PETシートの切断などにも利用可能です。
YVO4レーザマーカ
波長1064nm(ファイバ:1090nm):
(基本波長)
金属・樹脂・セラミックへのマーキングに良く使用されます。
樹脂材へ発色性が良く、視認性の高い印字が可能です。
YVO4やYAG、ファイバなどは、媒質や発振方式が違うために同じ波長でもレーザ光の性格が違います。高ピークパワー・ショートパルスレーザにより、高品質で微細な印字・加工が可能なYVO4、ロングパルスによって熱をかけ、金属への黒色印字や深堀が得意なファイバ、品質では劣るが、大きな熱量が必要な溶接などで力を発揮するYAGなど、対象物や目的に応じて使い分けが必要です。
YAGレーザマーカ
ファイバレーザマーカ
SHGレーザマーカ
波長532nm:
(SHG波長)
一般的にレーザの波長は短いほど、エネルギーは高く、物質に対する吸収率が上がります。
よってYAG、YVO4波長ではレーザ光が吸収されにくく、印字が難しい素材に適しています。
CO2レーザマーカ
波長10600nm:
紙・樹脂・ガラス・セラミックへのマーキングに良く使用されます。
透明体へも吸収される波長のため、フィルムへのマーキングなどにも使用されます。
高出力化の実現により、成型品のゲートカット・PETシートの切断などにも利用可能です。
YVO4レーザマーカ
波長1064nm(ファイバ:1090nm):
(基本波長)
金属・樹脂・セラミックへのマーキングに良く使用されます。
樹脂材へ発色性が良く、視認性の高い印字が可能です。
YVO4やYAG、ファイバなどは、媒質や発振方式が違うために同じ波長でもレーザ光の性格が違います。高ピークパワー・ショートパルスレーザにより、高品質で微細な印字・加工が可能なYVO4、ロングパルスによって熱をかけ、金属への黒色印字や深堀が得意なファイバ、品質では劣るが、大きな熱量が必要な溶接などで力を発揮するYAGなど、対象物や目的に応じて使い分けが必要です。
YAGレーザマーカ
ファイバレーザマーカ
SHGレーザマーカ
波長532nm:
(SHG波長)
一般的にレーザの波長は短いほど、エネルギーは高く、物質に対する吸収率が上がります。
よってYAG、YVO4波長ではレーザ光が吸収されにくく、印字が難しい素材に適しています。

光波長分布図

光波長分布図

レーザについて学ぶ

「そもそもレーザってなに?」「どんな原理?」といった基礎知識から、発振器の仕組みなどのマニアックな内容までわかりやすく解説した技術読本です。

ダウンロードはこちら

ダウンロードはこちら