標準機能
拡張機能
  1. 蛍光顕微鏡 BZ-X700 HOME>
  2. 商品紹介・特徴>
  3. BZシリーズならではの先進機能

BZシリーズならではの先進機能も標準搭載

観察はじめに迷わずピントがあわせられる

高速フォートフォーカス機能

オートフォーカスボタンをクリックすると、画面が高感度の「パーシャルスキャンモード」に切り替わり、Z方向を高速スキャン。瞬時にピントを合わせることができます。初めて観るサンプルで、ピントを合わせようと操作しているうちに、蛍光が褪色してしまう・・・・そんな心配は必要ありません。操作に慣れない方でも、ジャストフォーカスの美しい画像を手に入れることができます。

高速フォートフォーカス機能イメージ

パーシャルスキャンモード

画面の中心を帯状に区切り、ゲインとビニング処理を用いてカメラ感度を大幅に向上させた上でフォーカスをスキャンします。これにより、従来は露光時間の問題で処理に時間のかかっていた蛍光画像でも瞬時にスキャンできるようになり、カメラの性能向上による高フレームレート処理と、電動ステージのZ軸移動の高速化を最大限に活かした高速なオートフォーカスが可能となりました。

画期的な褪色軽減モード

良い撮影箇所を探しながら観察を続けていると、蛍光シグナルはどんどん褪色していき、いざ良い場所が見つかった時にはほとんどシグナルがなくなってしまっている、ということがあります。また、同じ場所を続けて観察したせいで標本の一部が褪色し、低倍率にしたときに一部分だけが暗い画像になってしまうことがあります。褪色軽減モードでは、視野を変えた瞬間だけ励起光を照射し、画像を取得。それ以外は常に励起光が標本に当たらない為、標本に励起光が当たる時間を圧倒的に低減することができ、褪色を抑えることができます。 

多重蛍光画像を思い通りに撮影

リアルタイムオーバーレイ

1つの画面で、リアルタイムに画像を重ねながら露光時間を調整できます。各CHの露光時間は個別にメモリされる為、オーバーレイ後に特定のチャンネルだけを再調整することもできます。

CH1:DAPI像
CH2:DFP像
CH3:TexasRed像
CH4:位相差像

<< 大型電動ステージ/高い観察性能

イメージジョイント/ナビゲーション >>

このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ページトップへ