撮影のポイント

マウス胎児線維芽細胞に3つの心筋特異的転写因子を導入し一週間の培養することで、iPS細胞を介さずに心筋様細胞(iCM細胞:induced cardiomyocytes)を作製。更に三週間培養すると拍動するiCM細胞が観察できます。

撮影条件

ご提供

倍率:×20位相差
フレームレート:30FPS
慶応義塾大学 医学部
循環器内科
家田 真樹先生
山川 裕之大学院生