撮影のポイント

暗室不要で省スペースな筐体設計のため培養室中で顕微鏡を設置しルーティンでのタイムラプス撮影が実現。顕微鏡室への移動時間がないため混タミや細胞ダメージを気にせず、クオリティの高い実験データの取得が可能です。

撮影条件

ご提供

倍率:×60油浸
ガラスボトムディッシュ
3分間隔で1時間撮影
産業技術総合研究所
セルエンジニアリング研究部門
細胞増殖制御研究グループ