撮影のポイント

神経細胞の活動電位をカルシウムイメージングで撮像することにより、視覚的な変化で簡便に観察できます。

撮影条件

ご提供

倍率:X20 λレンズ
フィルタ:GFP
蛍光試薬:Fluo-8
フレームレート:30fps
東京女子医科大学
統合医科学研究所
山本俊至准教授
下島圭子特任助教