可変照明

顕微鏡入門ガイド

可変照明

可変照明

凹凸の様子を強調して映すためには、斜め一方向から光を照射することが有効です。凹凸によって画像素子に入光する光量が変わり、凹凸の様子が明るさの違いとしてとらえられるようになります。

全射照明 / 片射照明

全射照明 / 片射照明

キーエンスのデジタル顕微鏡VHXシリーズに装備されているライトシフト機能は、レンズに内蔵された照明の点灯位置を制御することで、照明を斜め方向から照射する機能です。簡単に片射照明の画像を映すことができます。

可変照明アダプタ 画像例

可変照明アダプタ 画像例

また、可変照明アダプタは、レンズの先端に装着するアダプタです。アダプタのリングを回転させると、同軸落射から側射まで連続的に照明角度を変えることができます。

VHX-6000シリーズはこちらデジタル顕微鏡 VHX-6000シリーズ ボタン1つで光のあて方自由自在