• 文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

CHAPTER 3測定機の種類と特徴
三次元測定機

概要

従来、投影機や測定顕微鏡による測定は目視で行なうため、操作に習熟が求められたほか、測定に時間がかかります。
これに対して、三次元測定機は画像処理技術によって対象物の縦、横、高さの寸法を測定できる装置です。また、対象物の自動測定および測定データの記録ができるほか、各種の演算によって特殊な値を算出することも可能です。
機種としては、タッチプローブと呼ばれる球状の物体を用いた接触式と、レーザーなどを用いた非接触式があります。なかには、自動車産業向けに10mを越える対象物を測定できるものもあります。
用途としては、自動車部品などの金型、機械部品など立体物に関して、対象物と図面との差異の測定などに用います。最近では、3Dプリンタが普及する中で、既存部品や標準部品の寸法を三次元測定機で測定し、そのデータをもとに3Dプリンタで試作品を製作するといった活用も出てきています。

構造と用途

三次元測定機の構造と用途

三次元測定機の主な使い方

1. 対象物は測定室にあらかじめ5時間以上置き、室温(一般的に20℃)にならすことで、熱膨張による誤差を防ぎます。

2. 機器の取扱い手順通りに測定を行います。

3. 測定したデータはパソコンに取り込み、3D-CADなどのデータとして活用することが可能です。

取扱いの注意点

・ 機種によっては、0.1µmのオーダーまで計測できるものがありますが、測定精度を求めるには適切な使用と管理が欠かせません。

・ 使用時には可動部が平行および垂直に動くことを確認します。また、標準器などを用いて、指示誤差のないことを確認します。

・ 正確な測定には、対象物を測定室の温度に慣らすことが欠かせません。もしくは測定パラメータを設定することで、補正を行います。

・ タッチプローブの場合、測定時、対象物への接触速度を一定することで、値を測定することが大切です。

・ 三次元測定機の校正周期は、6か月~2年です。

INDEX目次に戻る

トップへ戻る

測定に関するお困りごとを解決!

  • 「測定器ナビ」印刷用PDF
  • デモ依頼
  • 商品選定相談
  • 置いて押すだけ画像測定IMシリーズ

    置いて押すだけ画像測定
    IMシリーズ

  • 高精度3D粗さ測定VKシリーズ

    高精度3D粗さ測定
    VKシリーズ

  • ワンショット3D測定VRシリーズ

    ワンショット3D測定
    VRシリーズ

  • ハンディプローブ三次元測定機XMシリーズ

    ハンディプローブ三次元測定機
    XMシリーズ

インライン向け測定器はこちら