【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら

静電気測定器
SKシリーズ

商品カタログダウンロード

業界初静電気 + 湿度同時計測 インラインタイプ ハンディタイプ

静電気と湿度を同時に計測することで、静電気によるトラブルが発生しやすいポイントかどうかをより詳しく把握できます。加湿による予防対策やイオナイザ設置による除電対策など、最適な静電気対策を検討することができます。

静電気と湿度の関係について

静電気と湿度には密接な関係があり、湿度が60%RHを超えると静電気が発生しにくくなります。静電気が発生しやすい冬場でも、対象ワークそのものがあるポイントの湿度を一定に保つことで静電気トラブルを予防することができます。

同じ室内でも場所により、湿度が違います

温度変化に伴って湿度も変化するため、同じ室内でも場所により湿度は異なります。製造装置周辺は比較的温度が高いため、湿度が低くなる傾向があります。

湿度と静電気発生量の関係(代表例)

湿度と静電気発生量の関係(代表例)

「室内の端」と「装置周辺」による湿度差の一例

「室内の端」と「装置周辺」による湿度差の一例

ページの先頭へ

商品カタログダウンロード

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください

×

どのようなご要望をお持ちですか?(必須)

お問い合わせ内容 ※全角300文字まで

会社名、勤務先(必須)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

郵便番号(必須)

次へ

※SSL(暗号化)送信します

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-247-547

ログインされている場合、Web会員登録情報を自動で表示します。
変更がある場合は修正してください。(登録情報自体は、変更されません)

個人情報・お客様情報保護方針

技術資料の集大成

静電気ドクター

接続com

通信とネットワークの規格・接続方法をわかりやすく解説!