【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら

アナログ入出力ユニット 電圧・電流入力2ch/電圧・電流出力1ch

アナログ入出力ユニット 電圧・電流入力2ch/電圧・電流出力1ch KV-N3AM

仕様

型式 KV-N3AM
一般
仕様
電源電圧 基本ユニットから供給
使用周囲温度 0 ~ 55℃(氷結しないこと)※1 ※2
保存温度 -25 ~ +75℃
使用周囲湿度 5 ~ 95%RH(結露しないこと)※1
耐電圧 AC1500V 1 分間 電源端子と
入出力端子間、および外部端子一括とケース間
(AC1000V 1 分間 トランジスタ出力の
拡張I/Oユニットは電源- 出力端子間)
耐ノイズ性 1500Vp-p 以上 パルス幅 1μs、50ns
(ノイズシミュレータによる)
IEC 規格準拠 (IEC61000-4-2/3/4/6)
耐振動※3 ※4 断続的な
振動が
ある場合
周波数5 ~ 9Hz 振幅3.5mm
周波数9 ~ 150Hz 加速度9.8m/s2
連続的な
振動が
ある場合
周波数5 ~ 9Hz 振幅1.75mm
周波数9 ~ 150Hz 加速度4.9m/s2
耐衝撃 加速度150m/s2、作用時間11ms、X,Y,Z 各方向2 回
絶縁抵抗 50MΩ 以上
(DC500V メガにて電源端子と入力端子間
および外部端子一括とケース間)
使用雰囲気 塵埃、腐食性ガスがひどくないこと
使用環境 2000m 以下
過電圧カテゴリ DC:Ⅰ
汚染度 2
アナログ入出力ユニット仕様 内部消費電力 120mA 以下
質量 200g
A/D
変換
アナログ入力点数 2 点(シングルエンド)
アナログ
入力レンジ
/分解能※5
電圧 -10V ~
+10V
1/8000 2.5mV
0 ~ 10V 1/4000 2.5mV
0 ~ 5V 1/4000 1.25mV
1 ~ 5V 1/3200 1.25mV
電流 0 ~ 20mA 1/4000 5μA
4 ~ 20mA 1/3200 5μA
変換速度 80μs/ch※6
変換精度 電圧 温度補正なし ±0.3% of F.S. (@25℃±5℃)
±0.5% of F.S. (@0 ~ 55℃)
温度補正あり ±0.3% of F.S. (@0 ~ 55℃)
電流 温度補正なし ±0.4% of F.S. (@25℃±5℃)
±0.6% of F.S. (@0 ~ 55℃)
温度補正あり ±0.4% of F.S. (@0 ~ 55℃)
入力抵抗 電圧 5MΩ
電流 250Ω
絶対最大
入力
電圧 ±15V
電流 ±30mA
絶縁方式 アナログ入力-CPU 間 絶縁(フォトカプラ、トランス)
アナログ入力- 出力間 非絶縁
アナログ入力ch 間 非絶縁
特殊機能 入力レンジ切替機能
温度ドリフト補正有効/無効機能
チャンネルスキップ機能
スケーリング機能、特殊データオフセット機能
ピーク・ ボトムホールド機能、ゼロクリップ機能
ゼロシフト機能、コンパレータ機能
平均処理機能(時間指定、回数指定、移動平均)
断線検知機能
D/A
変換
アナログ出力点数 1 点
アナログ
出力レンジ
/分解能※7
電圧 -10V ~
+10V
1/8000 2.5mV
0 ~ 10V 1/4000 2.5mV
0 ~ 5V 1/4000 1.25mV
1 ~ 5V 1/3200 1.25mV
電流 0 ~ 20mA 1/4000 5μA
4 ~ 20mA 1/3200 5μA
変換速度 80μs/ch※8
変換精度 電圧 ±0.3% of F.S. (@25℃±5℃)
±0.5% of F.S. (@0 ~ 55℃)
電流 ±0.3% of F.S. (@25℃±5℃)
±0.5% of F.S. (@0 ~ 55℃)
絶縁方式 アナログ出力-CPU 間 絶縁(フォトカプラ、トランス)
アナログ入力- 出力間 非絶縁
最小負荷
抵抗
電圧 1kΩ
最大負荷
抵抗
電流 600Ω
特殊機能 出力レンジ切替機能、
出力データオフセット機能、
スケーリング機能、エラーホールド機能、
上下限警報機能、出力リミット機能、
チャンネルスキップ機能、
PROG 時出力機能
※1 システムとしての保証範囲です(各ユニットやカセットの特記を除く)。
※2 制御盤内のユニット中央下部(30mm)で規定します。
※3 DIN レール取付時、直接取付時も含めます。
※4 JIS B 3502 IEC61131-2 に準拠
掃引回数:X、Y、Z 各方向10 回(100 分間)
※5 レンジ外入力時の測定可能範囲については、
『KV-N3AM ユーザーズマニュアル』「A/D・D/A 変換表」を参照してください。
※6 温度ドリフト補正を使用する場合、使用ch数にかかわらず温度ドリフト補正時間80μsが加算されます。
使用ch数はA/D変換、D/A変換の合計です。
※7 レンジ外の出力可能範囲については、
『KV-N3AM ユーザーズマニュアル』「A/D・D/A 変換表」を参照してください。
※8 A/D変換の温度ドリフト補正を使用する場合、使用ch数にかかわらず温度ドリフト補正時間80μsが
加算されます。使用ch数はA/D変換、D/A変換の合計です。

外形寸法図

単位:mm



他の商品シリーズ

お役立ち情報

接続com

通信とネットワークの規格・接続方法をわかりやすく解説!

制御機器FAQ

手順書・技術資料満載のFAQに
参考プログラムを新たに追加!

FAQよくあるご質問

ユーザーサポート

ご購入後も安心!
ユーザーサポートサイトはこちら

KVユーザーサポート

VTユーザーサポート