【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら

商品カタログダウンロード

仕様

一般仕様-基本ユニット

型式 KV-N14□□ KV-N24□□ KV-N40□□ KV-N60□□
演算制御方式 ストアードプログラム方式
入出力制御方式 リフレッシュ方式
プログラム言語 拡張ラダー KVスクリプト ニモニック
命令語数 基本命令:81種182語 応用命令:39種56語
演算命令:123種311語 拡張命令:92種141語 合計:335種690語
命令実行速度 基本命令 最小50ns
応用命令 最小170ns
プログラム容量 8kステップ 16kステップ
I/O ユニット最大装着数 3台 8台
最大I/O 点数
(基本ユニット分は除く)
最大128点 最大256点
入力リレー R 合計9600点 1ビット(R000〜R59915)
出力リレー
内部補助リレー
リンクリレー B 8192点 1ビット(B0〜B1FFF)
内部補助リレー MR 9600点 1ビット(MR000〜MR59915)
ラッチリレー LR 3200点 1ビット(LR000〜LR19915)
コントロールリレー CR 1440点 1ビット(CR000〜CR8915)
タイマ T 512点 32ビット(T0〜T511)
カウンタ C 256点 32ビット(C0〜C255)
データメモリ DM 32768点 16ビット(DM0〜DM32767)
リンクレジスタ W 16384点 16ビット(W0〜W3FFF)
テンポラリメモリ TM 512点 16ビット(TM0〜TM511)
高速カウンタ CTH 2点(CTH0〜CTH1) 3点(CTH0〜CTH2) 4点(CTH0〜CTH3)
32ビット オートリセットカウンタ※1
(入力応答:100kHz/単相、50kHz/位相差)※2
高速カウンタ
コンパレータ
CTC 4点(CTC0〜CTC3) 6点(CTC0〜CTC5) 8点(CTC0〜CTC7)
32ビット 高速カウンタ1点につき2点
インデックスレジスタ Z 12点 32ビット(Z01〜Z12)
コントロールメモリ CM 9000点 16ビット(CM0〜CM8999)
位置決めパルス出力※3 2軸 3軸 4軸
最高出力周波数100kHz(KV-N □□□T(P)のみ)
基本ユニット入出力 入力:8点、出力:6点
入力コモン:1点
出力コモン:R タイプ4点
T タイプ1点
入力:14点、出力:10点
入力コモン:1点
出力コモン:R タイプ5点
T タイプ1点
入力:24点、出力:16点
入力コモン:1点
出力コモン:R タイプ6点
T タイプ2点
入力:36点、出力:24点
入力コモン:1点
出力コモン:R タイプ8点
T タイプ3点
コメント・ラベル
本体格納数
デバイス
コメント
10,000個 20,000個
最大までラダーを記述し、ラベルなしのとき
ラベル 14,000個 28,000個
最大までラダーを記述し、デバイスコメントなしのとき
停電保持機能 プログラム
メモリ
フラッシュROM 1万回書き換え可能
デバイス
※4
不揮発RAM
自己診断機能 CPU 異常、RAM異常、その他
  • ※1 オートリセットしない設定も可能です。
  • ※2 オープンコレクタのみの対応です。ラインドライバに対応できません。
  • ※3 リレー出力タイプ(KV-N□□□R)には、位置決めパルス出力機能はありません。
  • ※4 対象デバイスは≪KV STUDIO≫の[CPU システム設定] → [停電保持設定]で設定可能です。

PAGE TOP

性能仕様-基本ユニット

電源タイプ AC 電源タイプ DC 電源タイプ
型式 KV-N14A□/N24A□/N40A□/N60A□ KV-N14D□ /N24D□ /N40D□
電源電圧 AC100 〜 240V(+10%/-15%) DC24V(+10%/-15%)
出力電源電圧 DC24V( ±10%()出力容量0.6A)
内部消費電流 KV-N14AR:76VA、KV-N14AT:75VA、
KV-N24AR:79VA、KV-N24AT:76VA、
KV-N40AR:86VA、KV-N40AT:82VA、
KV-N60AR:91VA、KV-N60AT:85VA
KV-N14DR:160mA、KV-N14DT:150mA、
KV-N24DR:190mA、KV-N24DT:160mA、
KV-N40DR:280mA、KV-N40DT:250mA
使用周囲温度 0 〜 55℃(氷結しないこと)※1、※2
保存温度 -25〜+75℃
使用周囲湿度 5 〜 95%RH(結露しないこと) ※1
耐電圧 AC1500V 1分間 電源端子と入出力端子間、および外部端子一括とケース間
耐振動※3
JIS B 3502
IEC61131-2 に
準拠
断続的な振動がある場合 掃引回数
周波数 加速度 振幅 X、Y、Z各方向
10回(100分間)
5〜9Hz 3.5mm
9〜150Hz 9.8m/s2
連続的な振動がある場合
周波数 加速度 振幅
5〜9Hz 1.75mm
9〜150Hz 4.9m/s2
耐衝撃 加速度150m/s2、作用時間11ms、X,Y,Z 各方向2回
絶縁抵抗 50MΩ 以上( DC500V メガにて電源端子と入出力端子間および外部端子一括とケース間)
使用
雰囲気
塵埃、腐食性ガスがひどくないこと
使用環境 2000m以下
過電圧
カテゴリ
AC:II DC:I
汚染度 2
質量 KV-N14AR:430g、KV-N14AT:420g、
KV-N24AR:500g、KV-N24AT:470g、
KV-N40AR:660g、KV-N40AT:620g、
KV-N60AR:820g、KV-N60AT:750g
KV-N14DR:350g、KV-N14DT:330g、
KV-N24DR:420g、KV-N24DT:390g、
KV-N40DR:580g、KV-N40DT:530g
  • ※1 システムとしての保証範囲です(各ユニットやカセットの特記を除く)。
  • ※2 制御盤内のユニット中央下部(30mm)で規定します。
  • ※3 DIN レール取付時、直接取付時も含めます。

PAGE TOP

入力仕様-基本ユニット

入力タイプ 汎用入力 高速A相/B相入力
型式 KV-N14□□ KV-N24□□ KV-N40□□ KV-N60□□ KV-N14□□ KV-N24□□ KV-N40□□ KV-N60□□
リレー番号 R000〜R003
(4点)
R000〜R003、
R008〜R013
(10点)
R000〜R007、
R014〜R107
(18点)
R000〜R007、
R100〜R203
(28点)※1
R004〜R007
(2ch計4点)
R004〜R007
(2ch計4点)
R008〜R013
(3ch計6点)
R008〜R015
(4ch計8点)
入力方式 DC24V入力(オープンコレクタ)
入力最大
電圧
DC26.4V
入力定格
電圧
DC24V(5.3mA※2 DC24V(6.5mA※2
最小ON電圧 DC19V
最大OFF電流 1.5mA
最大OFF電圧
コモン方式 全点/1 コモン(1 端子) 全点共通コモン(汎用入力と共通)
回路遅延
時間※3
OFF → ON Max.30μs(Typ.3.5μs)
ON → OFF Max.50μs(Typ.15μs)
KV-N60A□のR108 〜 R203 の場合、以下のとおり
OFF → ON Max.50μs(Typ.7μs)
ON → OFF Max.150μs(Typ.70μs)
OFF → ON Max.2μs(Typ.1.1μs)
ON → OFF Max.2μs(Typ.0.3μs)
入力時
定数※3
通常時:10ms、HSP 命令使用時:10μs
CR2305 ON 時:10μs〜10msの8段階切り換え可能(CM1620で設定) ユニットエディタからも設定できます。
入力時定数設定値 デジタルフィルタ
10μs 1.6〜2μs
20μs 9〜12μs
110μs 90〜93μs
500μs 300〜400μs
1ms 800〜900μs
2.5ms 2.3〜2.4ms
5ms 4.0〜4.5ms
10ms 9〜9.5ms
応答周波数 単相:100kHz 位相差:50kHz 24V±10%、Duty50%
  • ※1 R108〜R203は応答時間が延びます。
  • ※2 入力電流の参考値です。
  • ※3 入力時定数に対応する入力の応答時間は次のように計算できます。(応答時間)=(入力回路の回路遅延)+(デジタルフィルタによる遅延)
    例)入力時定数設定500μs の場合の最大応答時間
    OFF → ON 30μs(回路遅延)+400μs(デジタルフィルタ)=430μs、
    ON → OFF 50μs(回路遅延)+400μs(デジタルフィルタ)=450μs

PAGE TOP

出力仕様-基本ユニット トランジスタ出力タイプ

出力タイプ 汎用出力 高速出力
型式 KV-N14□T(P) KV-N24□T(P) KV-N40□T(P) KV-N60□T(P) KV-N14□T(P) KV-N24□T(P) KV-N40□T(P) KV-N60□T(P)
リレー番号 R504〜R505
(2点)
R504〜R509
(6点)
R506〜R515
(10点)
R508〜R607
(16点)
R500〜R503
(4点)
R500〜R503
(4点)
R500〜R505
(6点)
R500〜R507
(8点)
出力形態 MOSFET※1
定格負荷 DC30V 0.5A
OFF時最大電圧 DC30V
OFF時漏れ電流 100μA以下
ON時残留電圧 DC0.8V 以下(0.5A 出力時)、DC0.6V 以下(0.3A 出力時)
コモン方式 8〜10点/1コモン
ON/OFF 応答時間 OFF → ON:100μs(負荷1mA〜)
ON → OFF:200μs(負荷1mA〜)
OFF → ON:2μs(負荷7〜100mA)
ON → OFF:5μs(負荷7〜100mA)
過電流保護 コモンごとに保護※2
出力周波数 100kHz(負荷7〜100mA)
  • ※1 シンク出力タイプはMOSFET(N-ch)出力、ソース出力タイプはMOSFET(P-ch)出力です。
  • ※2 過電流発生時、要因が取り除かれるまで共通コモン内のすべての出力が保護動作(出力OFF)と自動復帰を繰り返します。

PAGE TOP

出力仕様-基本ユニット リレー出力タイプ

型式 KV-N14□R KV-N24□R KV-N40□R KV-N60□R
リレー番号 R500〜R505
(6点)
R500〜R509
(10点)
R500〜R515
(16点)
R500〜R607
(24点)
出力形態 リレー
定格負荷 AC 250V/DC 30V 2A
ON抵抗 50mΩ以下
最小適用負荷 100μA/100mVDC
コモン方式 2〜4点/1コモン
ON/OFF応答時間 10ms以下
リレー寿命 電気的10万回以上(20回/分) 機械的2000万回以上
リレー交換 不可

PAGE TOP

内蔵シリアルポート

タイプ 内蔵ポート
インターフェース 通信規格 RS-232C
接続 モジュラーコネクタ
伝送仕様 RS-232C 伝送速度 1200,2400,4800,9600,19200,38400,57600,115200bps
伝送方式 全二重
データ形式 スタートビット 1ビット
データビット 7ビット、8ビット
ストップビット 1ビット、2ビット
エラー検出 パリティ 偶数、奇数、なし
伝送距離 15m
伝送台数 1台
表示 SD(緑)、RD(赤)

PAGE TOP

拡張入力ユニット

型式 KV-N8EX(8点) KV-N16EX(16点)
外部接続方式 端子台
入力端子 DC24Vモード DC5Vモード DC24Vモード DC5Vモード
入力最大電圧 DC26.4V
入力定格電圧 DC24V/5.3mA DC5V/1mA DC24V/5.3mA DC5V/1mA
最小ON電圧 19V 3.5V 19V 3.5V
最大OFF電流 1.5mA 1.5mA
最大OFF電圧 1.5V 1.5V
コモン方式 8点/1コモン(2端子)※1 16点/1コモン(2端子)※1
入力時定数
(4段階切換)
入力時定数設定 OFF→ON ON→OFF
TYP MAX TYP MAX
25μs 10μs 50μs 50μs 150μs
300μs 240μs 290μs 280μs 390μs
1ms 1ms 1.2ms 1ms 1.2ms
10ms 10ms 11ms 10ms 11ms
入力インピーダンス 4.3kΩ
内部消費電流 20mA以下
質量 150g 220g
  • ※1 KV-N8EX, KV-N16EXのCOMは2点ありますが、内部は共通になっています。

型式 KV-NC16EX(16点) KV-NC32EX(32点)
外部接続方式 コネクタ
入力端子 DC24Vモード DC5Vモード DC24Vモード DC5Vモード
入力最大電圧 DC26.4V
入力定格電圧 DC24V
5.2mA※1
DC5V
1mA※1
DC24V
5.2mA※1
DC5V
1mA※1
最小ON電圧 19V 3.5V 19V 3.5V
最大OFF電流 1.5mA 1.5mA
最大OFF電圧 1.5V 1.5V
コモン方式 16点/1コモン(2端子)※2 32点/1コモン(2端子)※2
入力時定数
(4段階切換)
入力時定数設定 OFF→ON ON→OFF
TYP MAX TYP MAX
25μs 10μs 50μs 50μs 150μs
300μs 240μs 290μs 280μs 390μs
1ms 1ms 1.2ms 1ms 1.2ms
10ms 10ms 11ms 10ms 11ms
入力インピーダンス 4.4kΩ
内部消費電流 20mA以下
質量約 100g 約110g
  • ※1 入力電流の参考値です。
  • ※2 KV-NC16EX、KV-NC32EXのCOMは2点ありますが、内部は共通になっています。

PAGE TOP

拡張出力ユニット

型式 KV-N8ER
(8点)
KV-N16ER
(16点)
KV-N8ET(P)
(8点)
KV-N16ET(P)
(16点)
出力形態 リレー MOSFET過電流保護機能あり ※3※5
外部接続方式 端子台
定格負荷 AC250V/DC30V 2A DC30V 0.5A
OFF時漏れ電流 100μA 以下
ON時残留電圧 DC0.8V 以下(0.5A 出力時)
DC0.6V 以下(0.3A 出力時)
ON抵抗 50mΩ 以下
コモン方式 独立 4点/1コモン
(8端子)※1
8点/1コモン
(4端子)※2
8点/1コモン
(8端子)※2※4
応答時間 OFF→ON 10ms以下 100μs以下(負荷1mA〜)
ON→OFF 200μs以下(負荷1mA〜)
リレー寿命 電気的10万回以上(20回/分)
機械的2000万回以上
リレー交換 不可
内部消費電流 60mA以下 100mA以下 30mA以下 40mA以下
質量 230g 260g 160g 210g
  • ※1 KV-N16ERの各2点ずつあるC0,C1,C2,C3は内部で短絡しています。(C0,C1,C2,C3は独立)
  • ※2 KV-N8ET(P)、KV-N16ET(P)のCOMは、内部で短絡しています。
  • ※3 1点でも過電流を検知すると、要因が取り除かれるまで共通コモン※4内のすべての出力が保護動作(出力OFF)と自動復帰を繰り返します。
  • ※4 過電流検出時に保護がかかる共通コモン内の出力とは、KV-N16ET(P)の場合、出力000〜007、または出力008〜015です。
  • ※5 シンク出力タイプはMOSFET(N-ch)出力、ソース出力タイプはMOSFET(P-ch)出力です。

型式 KV-NC8ER
(8点)
KV-NC16ET(P)
(16点)
KV-NC32ET(P)
(32点)
出力形態 リレー MOSFET(過電流保護機能あり)※1※5
外部接続方式 ヨーロピアン端子台 コネクタ
定格負荷 AC250V/DC30V 2A DC30V 0.2A(1.6A/コモン)※6
OFF時漏れ電流 100μA以下
ON時残留電圧 DC0.6V以下
ON抵抗 50mΩ以下
最小適用負荷 100μA/100mVDC(参考値)
コモン方式 4点/1コモン(4端子)※1 16点/1コモン(2端子)※2 ※3 32点/1コモン(2端子)※2 ※4
応答時間 OFF→ON 10ms以下 100μs以下(負荷1mA〜)
ON→OFF 200μs以下(負荷1mA〜)
内部消費電流 70mA以下 30mA以下 50mA以下
質量 約130g 約100g 約110g
リレー寿命 電気的10万回以上(20回/分)
機械的2000万回以上
リレー交換 不可
  • ※1 KV-NC8ERの各4点ずつあるC0,C1はそれぞれ内部で短絡しています。(C0とC1は独立です。)
  • ※2 1点でも過電流を検知すると、要因が取り除かれるまで共通コモン※3 ※4内のすべての出力が
    保護動作(出力OFF)と自動復帰を繰り返します。
  • ※3 KV-NC16ET(P)、KV-NC32ET(P)のCOMは、内部で短絡しています。
  • ※4 過電流検出時に保護がかかる共通コモン内の出力とは、KV-NC16ET(P)の場合、出力000〜007、または出力008〜015です。
  • ※5 過電流検出時に保護がかかる共通コモン内の出力とは、KV-NC32ET(P)の場合、出力000〜015、または出力100〜115です。
  • ※6 シンク出力タイプはMOSFET(N-ch)出力、ソース出力タイプはMOSFET(P-ch)出力です。
  • ※7 コモン1端子あたりの定格負荷は1.6Aです。

PAGE TOP

拡張入出力ユニット

型式 KV-N8EXR(8+8点) KV-N8EXT(8+8点)
外部接続方式 端子台
入力 入力点数 8点
入力モード DC24Vモード DC5Vモード DC24Vモード DC5Vモード
入力最大電圧 DC26.4V
入力定格電圧 DC24V/5.3mA DC5V/1mA DC24V/5.3mA DC5V/1mA
最小ON電圧 19V 3.5V 19V 3.5V
最大OFF電流 1.5mA 1.5mA
最大OFF電圧 1.5V 1.5V
コモン方式 8点/1コモン(1端子)※1
入力時定数
入力時定数設定 OFF→ON ON→OFF
TYP MAX TYP MAX
25μs 10μs 50μs 50μs 150μs
300μs 240μs 290μs 280μs 390μs
1ms 1ms 1.2ms 1ms 1.2ms
10ms 10ms 11ms 10ms 11ms
入力インピーダンス 4.3kΩ
出力 出力点数 8点
出力形態 リレー MOSFET(N-ch)(過電流保護機能あり)※4
定格負荷 AC250V/DC30V 2A DC30V 0.5A
OFF時漏れ電流 100μA以下
ON時残留電圧 DC0.8V 以下(0.5A 出力時)
DC0.6V 以下(0.3A 出力時)
ON抵抗 50mΩ以下
コモン方式 4点/1コモン(2端子)※1,※2 8点/1コモン(4端子)※1,※3
動作時間 OFF→ON 10ms以下 100μs以下(負荷1mA〜)
ON→OFF 200μs以下(負荷1mA〜)
リレー寿命 電気的10万回以上(20回/分)、
機械的2000万回以上
リレー交換 不可
内部消費電流 60mA以下 30mA以下
質量 230g 210g
  • ※1 入力と出力のCOMはそれぞれ独立です。
  • ※2 KV-N8EXRの出力用C1,C2はそれぞれ2点ありますが、内部は共通になっています。
    (C1とC2は絶縁)
  • ※3 KV-N8EXTの出力用COMは4点ありますが、内部は共通になっています。
  • ※4 1点でも過電流を検知すると、要因が取り除かれるまで共通コモン内のすべての出力が保護動作(出力OFF)と自動復帰を繰り返します。

型式 KV-NC16EXT(16+16点) KV-NC32EXT(32+32点)
外部接続方式 コネクタ
入力 入力点数 16点 32点
入力モード DC24Vモード DC5Vモード DC24Vモード
入力最大電圧 DC26.4V
入力定格電圧 DC24V/5.2mA DC5V/1mA DC24V/3.6mA
最小ON電圧 19V 3.5V 19V
最大OFF電流 1.5mA 1.5mA
最大OFF電圧 1.5V
コモン方式 16点/1コモン(1端子)※1 32点/1コモン(2端子)※1
入力時定数
入力時定数設定 OFF→ON ON→OFF
TYP MAX TYP MAX
25μs 10μs 50μs 50μs 150μs
300μs 240μs 290μs 280μs 390μs
1ms 1ms 1.2ms 1ms 1.2ms
10ms 10ms 11ms 10ms 11ms
入力インピーダンス 4.4kΩ 6.3kΩ
出力 出力点数 16点 32点
出力形態 MOSFET(N-ch)
(過電流保護機能あり)※2
定格負荷 DC30V 0.2A(1.6A/コモン)
OFF時漏れ電流 100μA以下
ON時残留電圧 DC0.6V以下
コモン方式 16点/1コモン(1端子)※1 32点/1コモン(2端子)※1
動作時間 OFF→ON 100μs以下(負荷:1mA〜)
ON→OFF 200μs以下(負荷:1mA〜)
内部消費電流 30mA以下 60mA以下
質量 約120g 約150g

PAGE TOP

アナログ変換ユニット

型式 KV-N3AM
変換 A/D変換 D/A変換
点数 2点(シングルエンド) 1点
アナログ
入出力レンジ
/分解能
電圧
※1
-10V〜+10V 1/8000 2.5mV 1/8000 2.5mV
0〜10V 1/4000 2.5mV 1/4000 2.5mV
0〜5V 1/4000 1.25mV 1/4000 1.25mV
1〜5V 1/3200 1.25mV 1/3200 1.25mV
電流
※1
0〜20mA 1/4000 5μA 1/4000 5μA
4〜20mA 1/3200 5μA 1/3200 5μA
変換速度 80μs/ch※2 80μs/ch ※2
変換精度 電圧 温度補正なし ±0.3% of F.S.( @25℃±5℃)
±0.5% of F.S.( @0 〜 55℃)
±0.3% of F.S.( @25℃±5℃)
±0.5% of F.S.( @0 〜 55℃)
温度補正あり ±0.3% of F.S.( @0 〜 55℃)
電流 温度補正なし ±0.4% of F.S.( @25℃±5℃)
±0.6% of F.S.( @0 〜 55℃)
±0.3% of F.S.( @25℃±5℃)
±0.5% of F.S.( @0 〜 55℃)
温度補正あり ±0.4% of F.S.( @0 〜 55℃)
入力抵抗 電圧 5MΩ
電流 250Ω
絶対最大
入力
電圧 ±15V
電流 ±30mA
絶縁方式 アナログ入出力-CPU間 絶縁(フォトカプラ、トランス)
アナログ入力-出力間 非絶縁
アナログ入力ch間 非絶縁
最小負荷
抵抗
電圧 1kΩ
最大負荷
抵抗
電流 600Ω
特殊機能 入力レンジ切替機能、
温度ドリフト補正有効/無効機能、
チャンネルスキップ機能、
スケーリング機能、
特殊データオフセット機能、
ピーク• ボトムホールド機能、
ゼロクリップ機能、
ゼロシフト機能、
コンパレータ機能、
平均処理機能
(時間指定、回数指定、移動平均)、
断線検知機能
出力レンジ切替機能、
出力データオフセット機能、
スケーリング機能、エラーホールド機能、
上下限警報機能、出力リミット機能、
チャンネルスキップ機能、
PROG 時出力機能
内部消費電流 120mA以下
質量 200g
  • ※1 レンジ外入力時の測定可能範囲については、『KV-N3AM ユーザーズマニュアル』「A/D・D/A 変換表」を参照してください。
  • ※2 温度ドリフト補正を使用する場合は、使用ch数にかかわらず、温度ドリフト補正時間80μsが加算されます。

型式 KV-NC4AD KV-NC2DA
変換 A/D変換 D/A変換
アナログ入力点数 4点(シングルエンド) 2点
アナログ
入力レンジ/
分解能
電圧 -10V〜+10V 1/8000 2.5mV 1/8000 2.5mV
0〜10V 1/4000 2.5mV 1/4000 2.5mV
0〜5V 1/4000 1.25mV 1/4000 1.25mV
1〜5V 1/3200 1.25mV 1/3200 1.25mV
電流 0〜20mA 1/4000 5μA 1/4000 5μA
4〜20mA 1/3200 5μA 1/3200 5μA
変換速度 80μs/CH※1 80μs/CH
変換精度 電圧 温度補正なし ±0.3% of F.S.( @25℃±5℃)
±0.5% of F.S.( @0〜55℃)
±0.3% of F.S.( @25℃±5℃)
±0.5% of F.S.( @0〜55℃)
温度補正あり ±0.3% of F.S.( @0〜55℃)
電流 温度補正なし ±0.4% of F.S.( @25℃±5℃)
±0.6% of F.S.( @0〜55℃)
±0.3% of F.S.( @25℃±5℃)
±0.5% of F.S.( @0〜55℃)
温度補正あり ±0.4% of F.S.( @0〜55℃)
入力抵抗 電圧 5MΩ
電流 250Ω
絶対最大
入力
電圧 ±15V
電流 ±30mA
絶縁方式 アナログ入力-CPU間 絶縁(フォトカプラ、トランス)
アナログ入力CH間 非絶縁
最小負荷
抵抗
電圧 1kΩ
最大負荷
抵抗
電流 600Ω
特殊機能 入力レンジ切替機能、
温度ドリフト補正有効/無効機能、
チャンネルスキップ機能、
スケーリング機能、
特殊データオフセット機能、
ピーク•ボトムホールド機能、
ゼロクリップ機能、ゼロシフト機能、
コンパレータ機能、
平均処理機能
(時間指定、回数指定、移動平均)、
断線検知機能
出力レンジ切替機能、
出力データオフセット機能、
スケーリング機能、エラーホールド機能、
上下限警報機能、出力リミット機能、
チャンネルスキップ機能、PROG時出力機能
内部消費電流 80mA以下 110mA以下
質量 約100g 約100g
  • ※1 温度ドリフト補正を使用する場合、使用CH数にかかわらず温度ドリフト補正時間80μsが加算されます。

PAGE TOP

温度入力ユニット

型式 KV-NC4TP
入力点数※1 4点
入力 熱電対 白金測温抵抗体
入力レンジ K:-270.0〜1372.0℃
J:-210.0〜1200.0℃
T:-270.0〜400.0℃
E:-270.0〜1000.0℃
N:-270.0〜1300.0℃
R:-50.0〜1768.0℃
S:-50.0〜1768.0℃
B:0.0〜1820.0℃
WRe5-26:0.0〜2315.0℃
Pt100:-200.0〜850.0℃
JPt100:-200.0〜600.0℃
総合精度 ±(0.2% of F.S.+1℃)(@25℃±5℃)
±(0.4% of F.S.+1℃)(@0〜55℃)
±0.2% of F.S.( @25℃±5℃)
±0.4% of F.S.( @0〜55℃)
許容配線抵抗値 100Ω以下/1線
(ただし3線間のばらつきなし)
変換速度 125ms/ch
絶縁方式 入力端子-基本ユニット間:フォトカプラ・半導体リレー・トランス絶縁
CH間:測温抵抗体未使用時:半導体リレー絶縁
測温抵抗体使用時:非絶縁
特殊機能 チャンネルスキップ機能、
断線検知機能、
平均処理機能(時間平均、回数平均、移動平均)、
特殊データオフセット機能、
ピーク・ボトムホールド機能、
警報機能、
入力異常時設定機能
内部消費電流 40mA以下
質量 約110g
  • ※1 各CHで個別に設定可能

PAGE TOP

増設シリアル通信カセット

型式 KV-N10L KV-N11L
インターフェース 通信規格 RS-232C RS-422A/RS-485(4線式) RS-485(2線式)
接続 D-sub 9ピン ヨーロピアン端子台(着脱不可)
伝送仕様 伝送速度 1200, 2400, 4800, 9600, 19200, 38400, 57600, 115200bps
伝送方式 全二重 全二重 半二重
データ
形式
スタート
ビット
1ビット
データ
ビット
7ビット、8 ビット
ストップ
ビット
1 ビット、2 ビット
エラー検出 パリティ 偶数、奇数、なし
RS/CS フロー制御 する、しない
伝送距離 15m 総延長1200m 以内※1
伝送台数 1台 32台※1
終端抵抗(ターミネータ) 本体前面スイッチで設定
表示 SD(橙)、RD(橙)
質量 約30g
  • ※1 使用する機能により異なります。詳細は『KV Nano シリーズ シリアル通信機能ユーザーズマニュアル』を参照してください。

PAGE TOP

増設アクセスウィンドウカセット

型式 KV-N1AW
電源電圧 基本ユニットから供給
使用周囲温度 0〜+55℃(氷結しないこと)※1, ※2
保存温度 -25〜+75℃
使用周囲湿度 5〜90%RH(結露しないこと)※3
保存周囲湿度 35〜85%RH(結露しないこと)※3
着脱回数 200回
メモリ保存形式 内蔵フラッシュROM(書き込み回数1万回)
耐ノイズ性 1500Vp-p以上 パルス幅 1μs、50ns(ノイズシミュレータによる)
IEC規格準拠(IEC61000、4-2/3/4/6)
耐振動 JIS B 3502
IEC61131-2
に準拠
断続的な振動がある場合 掃引回数
周波数 加速度 振幅 X、Y、Z各方向
10回
(100分間)
5〜9Hz 3.5mm
9〜150Hz 9.8m/s2
連続的な振動がある場合
周波数 加速度 振幅
5〜9Hz 1.75mm
9〜150Hz 4.9m/s2
耐衝撃 加速度150m/s2、作用時間11ms、X, Y, Z 各方向2回
使用雰囲気 塵埃、腐食性ガスがひどくないこと
使用標高 2000m以下
汚染度 2
質量 約30g
  • ※1 システムとしての保証範囲です。
  • ※2 制御盤内の基本ユニット中央下部 (30mm)で規定します。
  • ※3 40℃以上では絶対湿度が40℃90%RH以下で使用してください。

PAGE TOP

EtherNet/IPユニット(通信仕様)

型式 KV-NC1EP
CIP
サービス
サイクリック
通信
コネクション数 64※5
RP(I 通信周期) 0.5〜10000ms( 0.5ms単位)コネクションごとに設定可能。
(ノード数に依存せず、設定した周期で回線上をデータ更新)
送信トリガ アダプタへ出力 Cyclic
アダプタから入力 Cyclic / Change of state※1
サイクリック通信
許容通信帯域
(@504Byte) 6000(pps)※2
(@1444Byte) 3000(pps)※2
最大リフレッシュワード数 8kワード
1コネクションあたりの最大データサイズ※3 504バイト、または、1444バイト
マルチキャストフィルタ機能※4 あり(IGMPクライアント機能)
メッセージ
通信
Class3
(コネクション型)
サーバ コネクション数:64※6
UCMM
(非コネクション型)
クライアント 同時実行数:32
サーバ 同時実行数:96
EtherNet/IP コンフォーマンステスト CT10準拠
  • ※1 Change of state(変化が発生した時にデータ送信を行なう)方式でデータ出力を行なう機器との通信が可能です。
    KV-NC1EPはChange of state方式でのデータ出力はできません。
  • ※2 Packet Per Secondの略で、1秒間に処理可能な送受信パケット数です。
  • ※3 コネクション内でのデータの同時性は保証されます。
    また、505バイト以上を使用する場合、使用される機器が、Large Forward Open(CIPオプション仕様)に対応している必要があります。
  • ※4 KV-NC1EPは、IGMPクライアント機能を持つため、IGMP Snooping対応のイーサネットスイッチを使用することで
    不要なマルチキャストパケットのフィルタリングを行なえます。
  • ※5 KV-NC1EPがオリジネータからサイクリック通信のマルチキャストで接続されるケースでは、64コネクションを超えて接続される場合があります。ただしKV-NC1EPの動作保証としては最大64コネクションまでとなります。
  • ※6 サイクリック通信機能で使用するコネクション数と合計で64本となります。
    合計数が64本を超えて接続される場合も、KV-NC1EPの動作保証としては64コネクションまでとなります。

PAGE TOP

EtherNet/IPユニット(性能仕様)

型式 KV-NC1EP
機能名 ソケット数 ポート番号
TCP UDP
PCアプリケーション※1 8 0 8500(1〜65535の範囲で設定可能)
上位リンク通信※2 ※3 合計15 1 8501(1〜65535の範囲で設定可能)
MCプロトコル通信※2 ※3 1 5000(1〜65535の範囲で設定可能)※4
VT3接続 0 1 8502(1〜65535の範囲で設定可能)
FTPサーバ 4 20、21
時計データ自動調整 1 123
メール送受信(SMTP、POP3) 2 25、110
DNS 1 53
FTPクライアント 2 20、21(1〜65535の範囲で設定可能)
簡易PLCリンク 1 5001(1〜65535の範囲で設定可能)
EtherNet/IPサイクリック通信機能 合計320 1 2222
EtherNet/IPメッセージ通信機能 1 44818
内部消費電流 90mA以下
質量 約110g
  • ※1 KV STUDIO、KV COM+
  • ※2 TCPソケットとUDPソケットを同時に使用できます。
  • ※3 TCPソケットを合計15個まで使用できます。
  • ※4 TCPソケットとUDPソケットは個別にポート番号を設定することができます。

PAGE TOP

拡張ユニット接続延長ケーブル

型式 OP-87581
ケーブル長さ 1m
ケーブル幅 20mm
ケーブル厚さ 1mm
屈曲部分の曲げR推奨値 R1以上
システム内使用可能本数 2本
  • ※ 2本続けて接続しないでください。

商品カタログダウンロード

最短1分でカンタン Webで質問する

お気軽にお問い合わせください

×

お問い合わせ内容(必須) ※全角300文字まで

(例)○○の価格が知りたい、××について相談したい

会社名、勤務先(必須)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

(例)00-0000-0000

郵便番号(必須)

(例)000-0000

次へ

※SSL(暗号化)送信します

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-587-877

ログインされている場合、Web会員登録情報を自動で表示します。
変更がある場合は修正してください。(登録情報自体は、変更されません)

個人情報・お客様情報保護方針

PLCの常識を超えるプログラマブルコントローラ
タッチパネルディスプレイVT5シリーズ使い方、ひろがる。

お役立ち情報

接続com

通信とネットワークの規格・接続方法をわかりやすく解説!

制御機器FAQ

手順書・技術資料満載のFAQに
参考プログラムを新たに追加!

FAQよくあるご質問

ユーザーサポート

ご購入後も安心!
ユーザーサポートサイトはこちら

KVユーザーサポート

VTユーザーサポート