【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら

プログラマブルコントローラ

プログラマブルコントローラ KV-5500

仕様

性能仕様
型式 KV-5500
演算制御方式 ストアードプログラム方式
入出力制御方式 リフレッシュ方式
プログラム言語 拡張ラダー、KVスクリプト、ニモニック
命令語数
基本命令 81種類171語
応用命令 43種60語
演算命令 115種293語
拡張命令 96種142語
合計 335種666語
命令実行
速度
基本命令 最小10ns
応用命令 最小20ns
プログラム容量 約260kステップ
ユニット最大装着数 16台
(エクステンションユニット接続時 48台)
最大I/O点数 拡張時 最大3096点
(KV-EB1S/KV-EB1R:2台増設時、
64点I/Oユニット使用時)
ビット
デバイス
入力リレー
R
合計16000点 1ビット
出力リレー
内部補助リレー
リンクリレー B 16384点 1ビット
内部補助リレー MR 16000点 1ビット
ラッチリレー LR 16000点 1ビット
コントロール
リレー
CR 640点 1ビット
ワード
デバイス
タイマ T 4000点 32ビット
カウンタ C 4000点 32ビット
データメモリ DM 65535点 16ビット
拡張
データメモリ
EM 65535点 16ビット
ファイル
レジスタ
FM
(バンク
切替方式)
32768点×4バンク 16ビット
ZF
(連番方式)
131072点 16ビット
リンク
レジスタ
W 16384点 16ビット
テンポラリ
データメモリ
TM 512点 16ビット
高速カウンタ CTH 2点 32ビット
高速カウンタ
コンパレータ
CTC 4点 32ビット(高速カウンタ1点につき2点)
インデックス
レジスタ
Z 12点 32ビット
コントロール
メモリ
CM 6000点 16ビット
位置決めパルス出力 2点 (最高出力周波数100kHz)
CPUユニット入出力 入力:16点、出力:8点
停電保持機能 プログラム
メモリ
フラッシュROM 10万回書き換え可能
デバイス※ バッテリによる
5年(使用周囲温度25℃で停電保持状態時)
自己診断機能 CPU異常、RAM異常、その他
対象デバイス R/LR/CR/T/C/DM/EM/FM/CTH/CTC/CM

一般仕様
項目 仕様
電源電圧 DC24V(±10%)
内部消費
電流
(入力回路
駆動用
電流を
除く)
CPU
ユニット
320mA以下
エクステンション
ユニット
KV-EB1S:15mA以下、KV-EB1R:25mA以下
使用周囲温度 0~+50℃(氷結しないこと)※1 ※2
保存周囲温度 -20~+70℃※1
使用周囲湿度 10~95%RH(結露しないこと)※1
保存周囲湿度 10~95%RH(結露しないこと)※1
耐電圧 AC1500V 1分間 電源端子と入出力端子間、
および外部端子一括とケース間
耐ノイズ性 1500Vp-p以上 パルス幅 1μs、
50ns(ノイズシミュレータによる)
IEC規格準拠(IEC61000、4-2/3/4/6)
耐振動
(JIS B 3502、IEC61131-2に
準拠)
断続的な振動がある場合
連続的な振動がある場合
掃引
回数
周波数

加速度
片振幅

周波数

加速度
片振幅

5~9Hz
3.5mm
5~9Hz
1.75mm
X、Y、Z
各方向
10回
(100分間)
9~150Hz
9.8m/s2
9~150Hz
4.9m/s2
絶縁抵抗 50MΩ以上
(DC500Vメガにて電源端子と入出力端子間および
外部端子一括とケース間)
使用雰囲気 塵埃、腐食性ガスがひどくないこと
使用標高 2000m以下
過電圧カテゴリ II(KV-U7使用時)
汚染度 2
質量 CPUユニット 約320g
エンドユニット 約30g
スタートユニット 約20g
エクステンション
ユニット
KV-EB1S:約90g KV-EB1R:約115g
価格(¥) 178,000
1 システムとしての保証範囲です。
2 制御盤内のユニット下側の温度で規定します。

入力仕様-CPUユニット KV-5500
型式
KV-5500
リレー番号
R00000~R00009
(汎用入力10点)
R00010~R00013
(高速A相/B相入力2ch 計4点)
項目
DC24V
入力モード
※1
DC5V
入力モード
※1
ラインドライバ
入力
DC5V入力
(オープンコレクタ)
DC24V入力
(オープンコレクタ)
入力
最大電圧
DC26.4V
DC5.5V
DC26.4V
入力
定格電圧
DC24V
 (5.3mA※2)
DC5V
 (1mA※2)
DC5V
 (20mA※2)
DC24V
 (6.5mA※2)
最小
ON電圧
DC19V
DC4.5V
DC2.0V
DC19V
最大
OFF電流
1.5mA
1.5mA
最大
OFF電圧
DC1.5V
DC1.0V
コモン方式
10点/2コモン
独立コモン
入力時定数
通常10ms
HSP命令使用10μs
コントロールリレーCR2305 ON時
10μs~10msの8段階
切り換え可能
(CM1620で設定)
通常10ms
HSP命令使用10μs
コントロールリレーCR2305 ON時
10μs~10msの8段階
切り換え可能
(CM1620で設定)
応答周波数
100kHz
入力信号:
ラインドライバ
AM26LS31相当
Duty50%
60kHz
5V±10%
Duty50%
60kHz
24V±10%
Duty50%
※1 入力電圧切換スイッチで切り換えます。
※2 入力電流の参考値です。

入力仕様-CPUユニット KV-5500
型式

KV-5500

リレー番号
R00014~R00015
(高速Z相入力 2ch 計2点)
項目
ラインドライバ入力
DC5V入力
(オープンコレクタ)
DC24V入力
(オープンコレクタ)
入力最大電圧
DC5.5V
DC26.4V
入力定格電圧
DC5V(8.3mA※)
DC24V(3.5mA※)
最小ON電圧
DC2.0V
DC19V
最大OFF電流
1.5mA
最大OFF電圧
DC1.0V
コモン方式
独立コモン
入力時定数

通常10ms
HSP命令使用10μs
コントロールリレーCR2305 ON時
10μs~10msの8段階切り換え可能
(CM1620で設定)

入力電流の参考値です。

出力仕様-CPUユニット KV-5500
型式

KV-5500

リレー番号
R00500~R00503
(高速出力4点)
R00504~R00507
(汎用出力4点)
出力形態
トランジスタ(シンク)
トランジスタ(シンク)
定格負荷
DC30V 0.1A
DC30V 0.1A
ピーク時負荷電流
0.2A
0.2A
OFF時最大電圧
DC30V
DC30V
OFF時漏れ電流
100μA以下
100μA以下
ON時残留電圧
DC0.6V以下
DC0.6V以下
コモン方式
8点/1コモン
8点/1コモン
ON/OFF応答時間※1
OFF→ON:1μs以下
ON→OFF:5μs以下
OFF→ON:5μs以下
ON→OFF:30μs以下
出力周波数
100kHz(5~100mA時)
10kHz(5~100mA時)
※1 遅延時間は応答時間+内部処理時間(スキャンタイム)となります。

外形寸法図

単位:mm

外形寸法図_KV-5500

外形寸法図_KV-5500


スタートユニット/エンドユニット


外形寸法図_KV-5500

他の商品シリーズ

お役立ち情報

接続com

通信とネットワークの規格・接続方法をわかりやすく解説!

制御機器FAQ

手順書・技術資料満載のFAQに
参考プログラムを新たに追加!

FAQよくあるご質問

ユーザーサポート

ご購入後も安心!
ユーザーサポートサイトはこちら

KVユーザーサポート

VTユーザーサポート