【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら

4軸パルス列 位置決めモーションユニット

4軸パルス列 位置決めモーションユニット KV-MC40V

仕様

型式 KV-MC40V
制御軸数 4軸+1軸 (仮想軸)
出力形式 差動ラインドライバ出力
(1パルス方式、2パルス方式、A/B相方式の切換可)
最大出力パルス 4MHz
外部インタフェース 入力:フォトカプラ入力
出力:オープンコレクタ出力(DC30V 50mA)
入力時定数 各入力をブロックごとに11段階に設定
軸制御機能実行方法 ラダープログラム、モーションフロー
モーションフロー ブロック種別 位置決め制御ブロック、同期制御ブロック、微細制御ブロック、
速度制御ブロック、トルク制御ブロック、原点復帰ブロック、
データ転送ブロック、サブルーチンブロック、待機ブロック、
現在座標変更ブロック、速度変更ブロック、
目標座標変更ブロック、微細制御読出ブロック、
スタートブロック、エンドブロック、選択分岐ブロック、
並列分岐ブロック、合流ブロック
プログラム容量 768KB
最大ブロック数 全フロー合計で256個
最大フロー数 32
同時活性数 接続可能軸数×2
位置単位 mm、deg(角度)、PLS(パルス数)、
小数点位置0~9桁 単位変換機能あり
累積アドレス -2147483648~+2147483647 指令単位
位置決め制御 位置決めモード 絶対値/相対値
位置設定範囲 -2147483648~+2147483647 指令単位
補間 直線補間(最大4軸)、円弧補間、ヘリカル補間
1回動作アドレス -2147483648~+2147483647 指令単位
加減速曲線 直線、S字、ベジェ
加減速時間 0~65535ms
起動時間 独立:500-600μsec
補間(直線2軸):600-700μsec
補間(円弧2軸):700-800μsec
補間(ヘリカル3軸):800-900μsec
(1軸目起動時)
ゼロスタート:入力時定数+2μsec
ダイレクトキャッシュスタート:最大8μsec
Mコード 1~65000、WITH/AFTERモード
センサ位置決め 外部入力による速度→位置切り替え制御
ポイント数 800ポイント/軸
同期制御 入力 カウンタ(KV-MX1が必要)、指令座標
クラッチ ダイレクト、すべり、追従より選択
カム 分解能:2048~32768 データ数:4~64(分解能により変化)
接点出力 16点(うち外部出力8点)×2
動作中補正 補助入力による補正、位相補正、進角補正
微細制御 微細データ
ワーク領域
8MB
内蔵ROM容量 512kB
設定数 内蔵ROM:100個 SDメモリカード:1000個
1設定データ容量 内蔵ROM:512kB SDメモリカード:8MB(KV-MX1が必要)
原点復帰 原点復帰方式 原点センサエッジ/中間点、押し当て原点復帰、
ドグ式(Z相あり/なし指定可能)、データセット式
JOG/インチング インチング(パルス数指定可能)、JOG(高速・低速)
ティーチング 現在座標ティーチング
カウンタ現在値からのティーチングに対応
記憶データ ポイントパラメータ800ポイント(各軸)、同期パラメータ(各軸)、
微細設定(内蔵ROM512kB、SDカード拡張可能)、
カムデータモーションフロー設定など、
RUN中の設定読み書きが可能(一部制約あり)
高速カウンタ KV-MX1接続時 INC 4点/ABSグレイ
2点(設定により切り替え) 最大6.4MHz(2相4逓倍)
5V電源出力 5V±5%、最大100mA(合計値)
出力表示 エラー状態/パルス出力状態
自己診断機能 ハードウェア異常、各種パラメータエラー、エラー番号、
メッセージによる診断可能
パラメータ設定 KV-HPD1、《KV-ML/MC設定ツール(KV MOTION+)》、
ラダープログラムからの設定が可能
データバックアップ 座標、エラー/ワーニング履歴バックアップ、
フラッシュROMによるパラメータ設定バックアップ
10万回書き換え
価格(¥) 168,000

外形寸法図

単位:mm

外形寸法図_MD_kv_mc40v

他の商品シリーズ

お役立ち情報

接続com

通信とネットワークの規格・接続方法をわかりやすく解説!

制御機器FAQ

手順書・技術資料満載のFAQに
参考プログラムを新たに追加!

FAQよくあるご質問

ユーザーサポート

ご購入後も安心!
ユーザーサポートサイトはこちら

KVユーザーサポート

VTユーザーサポート