【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら

高速入出力ユニット

高速入出力ユニット KV-SIR32XT

仕様

型式 KV-SIR32XT
一般仕様 種類 拡張ユニット (高速入出力ユニット)
電源電圧 KV-5000/3000 シリーズ拡張ユニットを使用したシステム構成の場合: DC 24V (±10%) ※1
KV-7000 シリーズ拡張ユニットのみのシステム構成の場合: DC 24V (-15%/+20%) ※1
耐環境性 耐振動 断続的な振動がある場合:周波数5~9Hz 片振幅3.5mm ※2
断続的な振動がある場合:周波数9~150Hz 加速度9.8m/s2 ※2
連続的な振動がある場合:周波数5~9Hz 片振幅1.75mm ※2
連続的な振動がある場合:周波数9~150Hz 加速度4.9m/s2 ※2
使用周囲温度 KV-5000/3000シリーズ拡張ユニットを使用したシステム構成の場合: 0 ~+50℃ (氷結しないこと) ※3 ※4
KV-7000シリーズ拡張ユニットのみのシステム構成の場合: 0 ~+55℃ (氷結しないこと) ※3 ※4
使用周囲湿度 KV-5000/3000シリーズ拡張ユニットを使用したシステム構成の場合: 10~95%RH (結露しないこと) ※3
KV-7000シリーズ拡張ユニットのみのシステム構成の場合: 5~95%RH (結露しないこと) ※3
保存周囲温度 KV-5000/3000シリーズ拡張ユニットを使用したシステム構成の場合: -20~70℃ ※3
KV-7000シリーズ拡張ユニットのみのシステム構成の場合: -25~75℃ ※3
保存周囲湿度 KV-5000/3000シリーズ拡張ユニットを使用したシステム構成の場合: 10~95%RH (結露しないこと) ※3
KV-7000シリーズ拡張ユニットのみのシステム構成の場合: 5~95%RH (結露しないこと) ※3
使用雰囲気 塵埃、腐食性ガスがひどくないこと
使用標高 2000m以下
耐ノイズ性 1500Vpp以上、パルス幅1μs、50ns (ノイズシミュレータによる)
IEC規格準拠 (IEC61000-4-2/3/4/6)
絶縁抵抗 50MΩ以上
(DC500Vメガにて電源端子と入出力端子間、および外部端子一括とケース間)
耐衝撃 加速度150m/s2、作用時間11ms、X, Y, Z 各方向2回
汚染度 2
耐電圧 AC1500V 1分間、電源端子と入出力端子間、および外部端子一括とケース間
性能仕様 外部接続方式 MILコネクタ (40ピン×2)
入力 入力点数 32点 (16点: 5Vモードに対応)
入力最大電圧 DC24V モード: DC28.8V
DC5V モード ※5 : DC6.0V(過電圧保護機能 ※6 )
入力定格電圧 DC24V モード: DC24V/5.1mA
DC5V モード ※5 :DC5V/8.8mA
最小ON電圧 DC24V モード: 19V
DC5V モード ※5 : 3.5V
最大OFF電流 DC24V モード: 1.5mA
最大OFF電圧 DC5V モード ※5 : 1.5mA
コモン方式 16点/1コモン (2端子)
入力時定数 設定1μs: TYP 1.2μs (ON→OFF 0.7μs)、MAX 2.6μs
設定10μs: TYP 2.4μs (ON→OFF 1.9μs)、MAX 3.9μs
設定20μs: TYP 10μs、MAX 12μs
設定100μs: TYP 73μs、MAX 82μs
設定500μs: TYP 420μs、MAX 450μs
設定1ms: TYP 840μs、MAX 900μs
設定5ms: TYP 4.5ms、MAX 4.8ms
設定10ms: TYP 9.0ms、MAX 9.6ms
設定100ms: TYP 45ms、MAX 48ms
入力インピーダンス DC24V モード: 4.4kΩ、DC5V モード ※5 : 350Ω
出力 出力点数 32 点
出力形態 MOSFET (N-ch) (過電流保護機能あり ※7 )
定格負荷 DC30V 0.2A (1.6A/コモン)
OFF 時漏れ電流 100μA以下
ON 時残留電圧 0.5V以下
コモン方式 16点/1コモン (2端子)
動作時間 OFF→ON: 1μs以下 (負荷電流5~200mA)、ON→OFF: 5μs以下 (負荷電流5~200mA)
内部消費電流 130mA以下
質量 約190g
価格(¥) 66,000
※1 CPUユニットまたは拡張ユニットを経由して供給されます。
※2 JIS B3502 IEC61131-2に準拠、掃引回数はX,Y,Z各方向10回 (100分間)
※3 システムとしての保証範囲です。
※4 制御盤内のユニット下側の温度で規定します。
※5 IN100~IN115のみ対応しています。
※6 過電圧検出時、電源再投入もしくはPROG→RUNが実行されるまで共通コモン(IN100~IN115)の入力はすべてOFF状態を継続します。
※7 過電流発生時、要因が取り除かれるまでの間、共通コモン (OUT200~OUT215、OUT300~OUT315がそれぞれ共通) 内のすべての出力がOFF、ONを繰り返します。

外形寸法図

単位:mm

外形寸法図_KV-SIR32XT

他の商品シリーズ

お役立ち情報

接続com

通信とネットワークの規格・接続方法をわかりやすく解説!

制御機器FAQ

手順書・技術資料満載のFAQに
参考プログラムを新たに追加!

FAQよくあるご質問

ユーザーサポート

ご購入後も安心!
ユーザーサポートサイトはこちら

KVユーザーサポート

VTユーザーサポート