【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら

ハイブリッド型ステッピングモータ
QSシリーズ

商品カタログダウンロード

仕様

一般仕様―モータドライバ

型式 QS-10N QS-10P QS-10H
電源電圧 DC24V±10%
動作温度 0~50℃(氷結しないこと)※1
動作湿度 35%~85%RH(結露なきこと)
保存温度 -20~85℃
使用雰囲気 塵埃、腐食性ガスがひどくないこと
使用標高 1000m以下
汚染度 2
過電圧カテゴリ
耐ノイズ性 1500Vp-p以上 パルス幅 1μs,50ns(ノイズシミュレータによる)
IEC規格準拠(IEC61000-4-2/3/4/6)
耐電圧 AC500V 10mA以下 電源-FG間
絶縁抵抗 DC500Vメガ 100MΩ以上
耐振動 JIS B 3502
IEC61131-2に準拠
断続的な振動がある場合 掃引回数
周波数 加速度 振幅 X、Y、Z各方向10回
(100分間)
5~9Hz 3.5mm
9~150Hz 9.8m/s2
連続的な振動がある場合
周波数 加速度 振幅
5~9Hz 1.75mm
9~150Hz 4.9m/s2
耐衝撃 加速度150m/s2、作用時間11ms、X・Y・Z各方向2回
重量 約200g
消費電流(モータ含む) 2.6A以下(QS-M28使用時)
2.7A以下(QS-M42使用時)
3.7A以下(QS-M60使用時)
2.6A以下(モータ定格電流1.0A時)
3.7A以下(モータ定格電流2.0A時)
外形 W85×D68×H38 mm
  • ※1 制御盤内のユニット中央下部(50mm)で規定します。

PAGE TOP

性能仕様―モータドライバ

型式 QS-10N QS-10P QS-10H
基本ステップ角 1.8度
指令分解能 200/400/500/1000/5000/10000 P/R 200/400/800/1600/3200 P/R
駆動方式 2相バイポーラ マイクロステップ
制御モード サーボ/ステッピング/ハイブリッド ステッピング
対応モータ QSシリーズモータ 2相DCステッピングモータ
1.8º/Step
定格電流2.0A以下
モータサイズ自動判別 あり
モータエンコーダ分解能 10000P/R(2500×4逓倍)
指令出力周波数 500kHz 40kHz
パルス入力
周波数
周波数 500kHz(ラインドライバ)
200kHz(オープンコレクタ)
入力方式 1パルス/2パルス
回生抵抗 内蔵のみ(外部接続不可)
ダイナミックブレーキ(DB) あり
バックアップ 設定、アラーム履歴(10個)(EEPROM保存)
書き換え回数10万回
表示機能 ステータス、機能選択、バー表示、7セグ(3桁)、7セグ(7桁)など
操作機能 運転モード切換、操作、MODE、SETキーなど
保護機能 過電圧(回生)検知、過電流検知、過熱検知
入力端子 制御入力 8点
(ポイント指定1~4、原点復帰指令、アラームリセット/停止、FREE入力、選択入力)
4点
(偏差クリア、アラームリセット、FREE入力、選択入力)
8点
(ポイント指定1~4、原点復帰指令、アラームリセット/停止、FREE入力、選択入力)
センサ入力 4点(リミット+、リミット−、原点センサ、停止センサ) 4点(リミット+、リミット−、原点センサ、停止センサ)
パルス入力 2点(CW方向、CCW方向)
出力端子 制御出力 2点
(運転準備完了、アラーム)
4点
(タイミング、インポジション、運転準備完了、アラーム)
2点
(運転準備完了、アラーム)
エンコーダ出力 差動出力(A、B、Z相)
ブレーキ出力 あり
サービス電源 センサ用(DC24V) 200mA以内
※入力電源と非絶縁
200mA以内
※入力電源と非絶縁
通信ユニット
QS-MB1使用時
接続台数 最大8台(混在接続可能)
設定可能な
パラメータ
位置決め(1~64ポイント)・JOG・原点復帰・システム JOG・システム 位置決め(1~64ポイント)・JOG・原点復帰・システム

PAGE TOP

内蔵位置決め性能―モータドライバ

型式 QS-10N QS-10H
内蔵位置決め
機能
位置決めモード 絶対/相対/速度+/速度−
位置設定範囲※1 -9999999~+9999999[PLS]
1回動作アドレス※1 -9999999~+9999999[PLS]
加減速曲線 直線、S字
加減速レート 1~1000000[Hz/ms](ポイントで共通)
ポイント数 4ポイント(64ポイント※2
ティーチング 現在位置ティーチング
原点復帰 原点復帰方式 原点センサ立ち上がり
原点センサ and TIM
リミットスイッチ立ち上がり
ドグ式
押し当て
原点センサ立ち上がり
原点センサ and TIM
リミットスイッチ立ち上がり
ドグ式
  • ※1 QS-MB1使用時は-2147483648~+2147483647まで設定できます。
  • ※2 QS-MB1使用時は64ポイントまで使用できます。

PAGE TOP

入出力仕様―モータドライバ

位置決め内蔵専用 QS-10N

パルス列入力専用 QS-10P

位置決め内蔵汎用 QS-10H

ドライバ入出力仕様(制御入力)

型式 QS-10N QS-10P QS-10H
点数 8点 4点 8点
入力最大電圧 DC26.4V
入力定格 DC24V(2mA)
最小ON電圧 DC19V
最大OFF電流 0.1mA
入力抵抗 12kΩ
回路遅延 OFF→ON:30μs
ON→OFF:50μs
入力時定数 250μs/500μs/1ms/2.5ms/5ms/10ms
絶縁 フォトカプラ絶縁

ドライバ入出力仕様(センサ入力)

型式 QS-10N QS-10P QS-10H
点数 4点 4点
入力最大電圧 DC26.4V DC26.4V
入力定格 DC24V(4mA) DC24V(4mA)
最小ON電圧 DC19V DC19V
最大OFF電流 1.5mA 1.5mA
入力抵抗 5.6kΩ 5.6kΩ
回路遅延 OFF→ON:30μs
ON→OFF:50μs
OFF→ON:30μs
ON→OFF:50μs
入力時定数 250μs/500μs/1ms/
2.5ms/5ms/10ms
250μs/500μs/1ms/
2.5ms/5ms/10ms
絶縁 なし なし
センサ用電源 合計200mAまで 合計200mAまで
  • QS-10Pではセンサ入力コネクタはありません。

ドライバ入出力仕様(パルス入力)

型式 QS-10N QS-10P QS-10H
5V端子 24V端子
点数 2点
入力最大電圧 DC5.5V DC26.4V
入力定格 DC5V(6.0mA) DC24V(6.3mA)
最小ON電圧 DC3V DC19V
最大OFF電流 DC1V DC2.8V
応答周波数 ラインドライバ:500kHz
オープンコレクタ:200kHz
入力方式 1パルス/2パルス方式
(位相差入力無し)
入力時定数 500kHz/200kHz/100kHz/10kHz
絶縁 フォトカプラ絶縁
  • QS-10N、QS-10Hではパルス入力コネクタはありません。

ドライバ入出力仕様(制御出力)

型式 QS-10N QS-10P QS-10H
点数 2点 4点 2点
出力形態 トランジスタ(シンク)出力
定格 DC30V 10mA
OFF時漏れ電流 0.1mA以下
ON時残留電圧 DC1.2V以下
絶縁 フォトカプラ絶縁

ドライバ入出力仕様(エンコーダ出力)

型式 QS-10N QS-10P QS-10H
点数 3点(A相/B相/Z相)
定格 DC5V
出力形態 ラインドライバ出力 AM26C31相当
出力方式 2500ppr 4逓倍時10000ppr
絶縁 なし
  • QS-10N、QS-10Hではエンコーダ出力コネクタはありません。

PAGE TOP

ドライバ入出力仕様(ブレーキ出力)

型式 QS-10N QS-10P QS-10H
点数 1点
定格 DC24V(500mA)
対応ブレーキ 無励磁作動形ブレーキ
(ON時開放)
絶縁 なし
  • QS-10N、QS-10Pではブレーキ出力コネクタはありません。

PAGE TOP

一般仕様―モータ

型式 QS-M28 QS-M42 QS-M60
取付角寸法 28mm 42mm 60mm
動作温度 0~50℃(氷結しないこと)
動作湿度 35~85%RH(結露なきこと)
保存温度 -20~85℃
保存湿度 35~85%RH(結露なきこと)
使用雰囲気 塵埃、腐食性ガスがひどくないこと
使用標高 1000m以下
汚染度 2
耐ノイズ性 1500Vp-p以上 パルス幅 1μs,50ns(ノイズシミュレータによる)
IEC規格準拠(IEC61000-4-2/3/4/6)
耐電圧 AC500V 10mA以下 コイル-ケース間
絶縁抵抗 DC500Vメガ 100MΩ以上
耐振動 モータフランジ面基準にて490m/s2、2回
耐衝撃 モータフランジ面基準にて49m/s2
(上下・左右・前後3方向)
重量 約0.3kg 約0.45kg 約1.0kg
エンコーダ分解能 10000P/R
(2500×4逓倍)
軸イナーシャ 17g・cm2 65g・cm2 440g・cm2
ステップ角 1.8度
最大静止トルク 0.1N・m 0.3N・m 1.0N・m

PAGE TOP

性能仕様―モータ

型式 QS-M28 QS-M42 QS-M60
モータLED制御 モータドライバのステータスLEDと連動して、点灯・点滅
・ 緑点灯:MONITORモード
・ 緑点滅:MONITORモード(パラメータ変更中)
・ 橙点滅:TEACHモード
・ 赤点滅:アラーム発生中
モータサイズ自動判別 モータドライバ側で接続されたモータのサイズを自動判別

PAGE TOP

一般仕様―ケーブル

ケーブル一般仕様(標準ケーブル)

型式 QS-C1 QS-C3 QS-C5
長さ 1m 3m 5m
曲げR R50以上 R50以上 R50以上

ケーブル一般仕様(耐屈曲ケーブル)

型式 QS-C1G QS-C3G QS-C5G
長さ 1m 3m 5m
曲げR R50以上 R50以上 R50以上
耐屈曲回数 500万回以上(R50) 500万回以上(R50) 500万回以上(R50)

PAGE TOP

一般仕様―通信ユニット

型式 QS-MB1
動作温度 0~50℃(氷結しないこと)
動作湿度 35%~85%RH以下(結露なきこと)
保存温度 -20~85℃
保存湿度 35%~85%RH以下(結露なきこと)
使用雰囲気 塵埃、腐食性ガスがひどくないこと
使用標高 1000m以下
汚染度 2
過電圧カテゴリ
耐ノイズ性 1500Vp-p以上 パルス幅1μs,50ns(ノイズシミュレータによる)
IEC規格準拠(IEC61000-4-2/3/4/6)
耐電圧 AC500V 10mA以下 電源-FG間
絶縁抵抗 DC500Vメガ 100MΩ以上
耐振動 JIS B 3502
IEC61131-2に準拠
断続的な振動がある場合 X、Y、Z各方向10回
(100分間)
周波数 加速度 振幅
5~9Hz 3.5mm
9~150Hz 9.8m/s2
連続的な振動がある場合
周波数 加速度 振幅
5~9Hz 1.75mm
9~150Hz 4.9m/s2
耐衝撃 加速度150m/s2、作用時間11ms、X・Y・Z各方向2回
重量 約80g
外形 W85×D68×H38 mm
  • 電源は接続したモータドライバから供給されます。
  • QS-MB1はQSシリーズモータドライバ専用の通信機器です。
  • QSシリーズモータドライバと通信する場合はモータドライバ拡張ソケット(OP-87769)がモータドライバ台数分必要です。

PAGE TOP

性能仕様―通信ユニット

型式 QS-MB1
通信
インターフェース
通信規格 RS-485(2線式)
通信プロトコル Modbus RTU
伝送仕様 伝送速度 9600、19200、38400、57600、115200、230400bps
伝送方式 半二重
スタートビット 1ビット
データビット 8ビット
ストップビット 1ビット、2ビット
パリティ 偶数、奇数、なし
チェックサム あり(CRC)
ターミネータ 本体前面スイッチで設定(120Ω)
伝送距離 総延長1200m以内※1
モータドライバ接続台数 8台
  • ※1 伝送速度を230400bpsで使用する場合は総延長500m以内になります。

PAGE TOP

一般仕様―通信型位置決めユニット

型式 KV-LH20V
電源電圧 DC 24V ± 10%(CPUユニットから供給)
動作温度 0~+50℃(氷結しないこと)※1※2
動作湿度 10~95%RH(結露なきこと)
保存温度 -20~+70℃※1
保存湿度 10~95%RH(結露なきこと)
使用雰囲気 塵埃、腐食性ガスがひどくないこと
使用標高 2000m以下
汚染度 2
過電圧カテゴリ
耐ノイズ性 1500Vp-p以上 パルス幅 1μs、50ns(ノイズシミュレータによる)
IEC規格準拠(IEC61000-4-2/3/4/6)
耐電圧 AC 1500V 1分間 電源端子と通信端子間、および外部端子一括とケース間
絶縁抵抗 DC500Vメガ 100MΩ以上
耐振動 JIS B 3502
IEC61131-2に準拠
断続的な振動がある場合 X、Y、Z各方向10回
(100分間)
周波数 加速度 片振幅
5~9Hz 3.5mm
9~150Hz 9.8m/s2
連続的な振動がある場合
周波数 加速度 片振幅
5~9Hz 1.75mm
9~150Hz 4.9m/s2
耐衝撃 加速度150m/s2、作用時間11ms、X・Y・Z各方向2回
重量 約110g
消費電流 120mA 以下
  • ※1 システムとしての保証範囲です。
  • ※2 制御盤内のユニット下側の温度で規定します。

PAGE TOP

性能仕様―通信型位置決めユニット

型式 KV-LH20V
通信
インターフェース
通信規格 RS-485(2線式)
通信プロトコル Modbus RTU
伝送仕様 伝送速度 9600、14400、19200、28800、38400、57600、
76800、115200、230400bps
伝送方式 半二重
スタートビット 1ビット
データビット 8ビット
ストップビット 1ビット、2ビット
パリティ 偶数、奇数、なし
チェックサム あり(CRC)
ターミネータ 本体前面スイッチで設定(120Ω)
伝送距離 総延長1200m以内※1
最大伝送台数 8台
位置決め仕様 制御軸数 1~8軸
位置決め
ポイント数
64点/軸※2
  • ※1 伝送速度を230400bpsで使用する場合は総延長500m以内になります。
  • ※2 オリエンタルモーター(株)製モータドライバを使用する場合は63点/軸です。

PAGE TOP

トルクー回転速度特性

QS-M28

QS-M42

QS-M60

  • ※1 測定条件は以下の通りです。
    電源電圧:DC24V 制御モード:サーボモード 運転電流:100.0%

PAGE TOP

商品カタログダウンロード

最短1分でカンタン Webで質問する

お気軽にお問い合わせください

×

お問い合わせ内容(必須) ※全角300文字まで

(例)○○の価格が知りたい、××について相談したい

会社名、勤務先(必須)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

(例)00-0000-0000

郵便番号(必須)

(例)000-0000

次へ

※SSL(暗号化)送信します

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-587-877

ログインされている場合、Web会員登録情報を自動で表示します。
変更がある場合は修正してください。(登録情報自体は、変更されません)

個人情報・お客様情報保護方針

PLCの常識を超えるプログラマブルコントローラ
タッチパネルディスプレイVT5シリーズ使い方、ひろがる。

お役立ち情報

接続com

通信とネットワークの規格・接続方法をわかりやすく解説!

制御機器FAQ

手順書・技術資料満載のFAQに
参考プログラムを新たに追加!

FAQよくあるご質問

ユーザーサポート

ご購入後も安心!
ユーザーサポートサイトはこちら

KVユーザーサポート

VTユーザーサポート