【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら

本体 多バンクタイプ

本体 多バンクタイプ SZ-16V

仕様

型式 SZ-16V
種類 多バンクタイプ
検出能力 最小検出体 直径30、40、50、70、150mm(設定による)
反射率1.8%以上、速度1.6m/s以下
検出角度範囲 270°(-45°~225°)
応答時間
(ON→OFF)
標準周期
(スキャン
周期A)
60ms(2スキャン)~480ms(16スキャン)
異周期
(スキャン
周期B)
66ms(2スキャン)~528ms(16スキャン)
応答時間
(OFF→ON)
標準周期
(スキャン
周期A)
ON→OFFの応答時間+125ms
異周期
(スキャン
周期B)
最大保護領域 最小検出体
70/150mm
4.2m(-5°~185°)、
2.8m(-45°~-5°、185°~225°)
最小検出体
50mm
3.0m(-5°~185°)、
2.0m(-45°~-5°、185°~225°)
最小検出体
40mm
2.4m(-5°~185°)、
1.6m(-45°~-5°、185°~225°)
最小検出体
30mm
1.8m(-5°~185°)、
1.2m(-45°~-5°、185°~225°)
最大警告領域
※1
(非安全)
最小検出体
70/150mm
10.0m(-5°~185°)、
7.0m(-45°~-5°、185°~225°)
最小検出体
50mm
7.5m(-5°~185°)、
5.0m(-45°~-5°、185°~225°)
最小検出体
40mm
6.0m(-5°~185°)、
4.0m(-45°~-5°、185°~225°)
最小検出体
30mm
4.5m(-5°~185°)、
3.0m(-45°~-5°、185°~225°)
安全距離追加距離 100mm※2
光源 種類、波長 赤外レーザダイオード905nm
レーザクラス Class1 IEC/EN60825-1
Class1 FDA 21CFR 1040.10、1040.11(Laser Notice No.50)
クラス1 JIS C6802
定格 電源電圧 DC24V±10%(リップルP-P 10%以下):コンバータ電源使用時
DC24V+20%/-30%:バッテリ使用時
消費電力 10.5W以下
(各出力の負荷電流を含まず)
43W以下(各出力の負荷電流を含む)
起動時間 約50秒
OSSD出力 出力タイプ PNPまたはNPN(コネクタケーブルにより切り替え可能)
2出力
最大負荷電流 500mA※3
残留電圧(ON時) 最大2.5V(ケーブル5m時)
OFF時電圧 最大2.0V(ケーブル5m時)
漏れ電流 最大1mA※4
最大負荷容量 2.2μF(負荷抵抗100Ω時)
負荷配線抵抗 最大2.5Ω※5
入力
(安全系)
入力抵抗 4.4kΩ(入力1、3-10)、2.2kΩ(入力2)
非安全系出力
(AUX出力)
出力タイプ PNP/NPN トーテムポール出力
4出力
最大負荷電流 50mA
残留電圧(ON時) 最大2.5V(ケーブル5m時)
バンク数 16
耐環境性 保護構造 IP65※6(IEC60529)
動作周囲温度 -10℃~+50℃(氷結しないこと)
保存周囲温度 -25℃~+60℃(氷結しないこと)
動作周囲湿度 35%~85%RH(結露しないこと)
保存周囲湿度 35%~95%RH
使用周囲照度 白熱ランプ1500lx以下※7
耐振動 10~55Hz 複振幅0.7mm 
X、Y、Z各方向20スイープ
耐衝撃 100m/s2(約10G)16msパルス 
X、Y、Z各方向1000回
材質 本体ケース アルミダイキャスト、SPHC(底面)
ウィンドウ ポリカーボネイト
ケーブル長 30m以下※8
適合規格 EMC EMS IEC61496-1、EN61496-1、UL61496-1(タイプ3 ESPE)
EMI EN55011 ClassA、FCC Part15B ClassA、
ICES-003 ClassA
安全 IEC61496-1、EN61496-1、UL61496-1(タイプ3 ESPE)
IEC61496-3、EN61496-3(タイプ3 AOPDDR)
IEC61508、EN61508、IEC62061、EN62061(SIL2)、
EN ISO13849-1:2015(PLd、カテゴリ3)
UL508、UL1998
質量 約1.6kg
価格(¥) 315,000
※1 警告領域では検出体の反射率が20%以上必要です。
※2 保護領域の境界から遠方1.5m以内に高反射率物体がある場合は、さらに200mmの安全距離追加が必要となります。(合計300mmの追加距離が必要)
※3 OSSD出力、AUX出力の負荷電流合計は、コンバータ電源を使用する場合、1.5A以下、バッテリーを使用する場合、1.0A以下(ケーブル長が5m以上の場合は0.5A以下)としてください。
※4 電源がOFFまたは電源ラインが断線している状態を含みます。
※5 OSSD出力と接続する機器との配線抵抗(オプションの専用ケーブルの配線抵抗を除く)は2.5Ω以下としてください。ただし、負荷電流が300mA以上の場合は1.0Ω以下としてください。
※6 セッティングカバーが開いた状態またはコネクタケーブル未装着状態では、IP65を満足できません。
※7 検出面に対して±5度以内に外乱光源を配置しないでください。
※8 バッテリーによる電源供給の場合は10m以下となります。

外形寸法図

単位:mm

SZ-16V外形寸法図

他の商品シリーズ

商品情報

安全知識.com

安全知識.com

最適な機器選定を実現

ファイバユニット選定ナビ

流量センサ選定ナビ

圧力センサ選定ナビ

接続com

通信とネットワークの規格・接続方法をわかりやすく解説!