光で検出する方式
ファイバセンサのトラブル回避のための選定と対策

光の回り込みを防ぐ

光の回り込みとは?

光の回り込みとは、センサからの光が周囲の物体に反射して、意図せず入光状態になることです。
特に開口角の広いセンサを使用したり、周囲に反射率の高い板などがある場合には影響が出やすくなります。

光の回り込みとは?

対策

[1]光が回り込む場合は、光が回り込んだ状態で感度調整をします。

対策1

対策1

※デジタルファイバセンサ(デジタル表示で受光量を表示)は、回り込みによる影響度が数値でわかるため感度調整が容易です。

[2]取り付けを変更します。

対策2

対策2

[3]開口角の狭いセンサを選択します。(レンズを装着して開口角を狭くすることもできます。)

対策3

Point!

一般的なファイバユニットの開口角は約60°です。
FU-7F(開口角約60°)にF-4レンズを装着すると開口角は約8°になります。

参考

参考

レーザセンサであれば、光が広がらないため、光の回り込みを気にすることなく狭い場所を狙えます。
【デジタルレーザセンサ:LV-Nシリーズ

INDEX

実際の商品については、こちらをご覧ください。

ファイバセンサの商品一覧

  • デジタルファイバアンプ FS-Nシリーズ

    カタログダウンロード

  • ファイバユニット FUシリーズ

    カタログダウンロード

その他関連商品

  • アンプ内蔵型CMOSレーザセンサ LR-Zシリーズ

    カタログダウンロード

  • アンプ内蔵型TOF レーザセンサ LR-Tシリーズ

    カタログダウンロード

  • 汎用タイプデジタルレーザセンサ LV-Nシリーズ

    カタログダウンロード

  • CMOSレーザセンサ GVシリーズ

    カタログダウンロード

センサに関するお困りごとを解決!