BT-W100 本体ファームウェア バージョン履歴

2017年5月 Ver4.380 BTシステムメニュー「43.バックアップ」の動作が終了しない場合がある件を修正しました。
ファイルサイズを超えた位置にポインタがある状態でWindows API のReadFile()を行った場合の戻り値をERROR_HANDLE_EOFから0バイトで読み取り成功となるように変更しました。
2016年10月 Ver4.320 BTシステムメニュー「121.読取パラメータ」に新しい設定項目を追加しました。
詳細はシステムメニューマニュアルをご確認ください。
2016年7月 Ver4.310 BT-LR1(Bluetooth通信ユニット)に対応しました。
2016年3月 Ver4.300 BT開発・運用ツール(BT-H1A)に対応しました。
BTシステムメニューに新しい設定項目を追加しました。
「117.セキュリティ」「121.読取パラメータ」「123.読取時動作」「131.キー」
「211.電源管理」「211.接続認証」「24.インターネット設定」「27.通信ミドルウェア」
詳細はシステムメニューマニュアルをご確認ください。
2015年6月 Ver4.110 通信ミドルウェア(BTシリーズ版通信ライブラリ、リクエストマネージャ)に対応しました。
2015年2月 Ver4.100 簡体字対応しました。
2015年1月 Ver 3.160 レーザタイプの機種において、Code128のバーコード読み取りを改善しました。
2014年11月 Ver 3.150 端末をUSB/LAN通信ユニットに置いた際の認識時間を改善しました。
2014年6月 Ver 3.030 Bluetooth HID-Device プロファイルに対応しました。
2014年1月 Ver 3.010 バージョンアップ内容はこちらをご覧ください。
↓
BT-Wシリーズバージョンアップ内容(2014年1月)
2013年11月 Ver 3.000 バージョンアップ内容はこちらをご覧ください。
↓
BT-Wシリーズバージョンアップ内容(2013年11月)
2013年10月 Ver 2.030 再起動後に設定が初期化されてしまう場合がある件を修正しました。
電源OFF/ON時に端末内の時刻がずれる場合がある件を修正しました。
2013年9月 Ver 2.020 Ver.2.000で実施した「再起動を繰り返すと設定が初期化されてしまう場合がある件」に対して、一部対応できていない場合がある件を修正しました。
BT-W150において、読み取りマーカーが出ない/出続ける場合がある件を修正しました。
microSD挿入時、端末システムログの出力先がmicroSDに設定されていると、電源OFF状態から電源が入らない件を修正しました。
表示言語が日本語以外(英語や簡体字)において、キー入力モードの設定・取得関数が正しく動作しない件を修正しました。
OSの再起動後に無線LANアダプタが認識されない場合がある件を修正しました。
無線LANの自動再接続時に、ダイアログが画面上に残る/常駐スキャンが動作しない場合がある件を修正しました。
2013年6月 Ver 2.010 IPアドレス未取得時にSNMPの自動送信が行われると、端末動作が遅くなる
場合がある件を修正しました。
親端末として無線LANの端末間キッティングや端末間クローンを1:Nで行う際、
複数台から同時に接続できない件を修正しました。
拡張JavaScriptを使用してWebページを遷移すると、メモリリークが発生する
場合がある件を修正しました。
タッチパネルの設定画面が終了しない場合がある件を修正しました。
ソフトウェアキーボード(QVGAサイズ)において、CAPキー押下時にパネル表示
が正しく反映されない場合がある件を修正しました。
2013年4月 Ver 2.000 バージョンアップ内容はこちらをご覧ください。
↓
BT-W100/150バージョンアップ内容(2013年4月)
2012年12月 Ver 1.220 再起動を繰り返すと設定が初期化されてしまう場合がある件を修正しました。
再起動後にInitialize画面のまま停止してしまう場合がある件を修正しました。
2012年9月 Ver 1.201 バージョンアップ内容はこちらをご覧ください。
↓
BT-W100/150バージョンアップ内容(2012年9月)
2012年6月 Ver 1.100 バージョンアップ内容はこちらをご覧ください。
↓
BT-W100/150バージョンアップ内容(2012年6月)