LS-9000シリーズ
最終更新日 '14/02/28
バージョン コントローラソフト 3.02.06
●バージョン確認方法
  • 本アップデートツールを使用してバージョンをご確認ください。

必要な準備
  • アップデートするコントローラ
  • 24V電源
  • USBケーブル
  • LS-Navigator2がインストールされているパソコン

※センサヘッドは不要です。
   コントローラに電源を入れた状態でアップデートしてください。

●ご注意

  • アップデート実行中は、コントローラの電源を切らないでください。
  • アップデート後はコントローラの設定プログラムは初期化されます。コントローラの設定内容をあらかじめバックアップしておくことをお勧めします。(バックアップ機能はLS-Navigator2の中にあります)
アップデートの方法  
  1. アップデートツールをダウンロードします。

    以下の手順でダウンロードできます。
    (1) パソコンのハードディスク内に新しいフォルダを作成します。
    (2) 選択から画面の指示に従い、アップデートファイルをダウンロードします。
    このファイルを実行または保存しますかのメッセージが表示されたら保存を選び、(1)で作成したフォルダを指定して保存ボタンをクリックします。

     
  2. アップデートを行います。
    (1) ダウンロードした
    「LS-9000_Controller_Update_ver3_02_06.zip」ファイルを解凍します。
    (2) 解凍後、得られたフォルダ内のUpdateTool.exeをダブルクリックします。
    [アップデートツール]画面が開きます。
    (3)

    ①をクリックして、アップデート対象のファイル(LS-9000_Controller_ver3_02_06.kud)を選択します。選択したファイルが正しく読み込まれると、②にそのファイル名と内容が表示されます。
    ※ファイルが正しく読み込めない場合、エラーメッセージが表示されます。選択したファイルが正しいかどうかをご確認ください。問題が解決しない場合は、最寄りの営業所までご連絡ください。
    (4) アップデート実行ボタンをクリックします。
    (5) バージョン確認画面が表示されますので、更新バージョンが3.02.06になっていることをご確認ください。アップデートを実行する場合は、アップデート開始ボタンをクリックします。

    ※アップデートを実行しない場合は、キャンセルボタンをクリックし、電源を再投入してからご使用ください。

    (6)

    完了のメッセージが表示されたら、アップデートは終了です。
    電源を再投入してからご使用ください。

    ※アップデート実行中に通信に失敗した場合には、エラーメッセージが表示されますので、(2)からもう一度やり直してください。

●主な変更・修正履歴

[バージョン3.02.06]:14/02/28 

  • STROBE時間、オフディレイ時間に50ms、100ms、200ms、500msを追加

[バージョン3.01.00]:13/07/17 

  • EtherNet/IP通信ユニット(CB-EP100)、PROFINET通信ユニット(CB-PN100)に対応
  • 異常値除外機能にて判定待機データを異常値として扱うように変更
  • 異常値継続カウント数で設定した個数まで測定値をホールドする機能を追加
  • オートゼロ対象データを内部測定値から表示値に変更
    (ただしピークtoピークホールド、オートピークtoピークホールドは除く)

戻る