MATLAB_ImportLibrary
●概要

本プログラムは、弊社NR-600/NR-500で計測したデータファイルのデータを、数値解析ソフトウエアMATLABに取り込むプログラムです。

最終更新日 '06/03/03
バージョン R1.00
インストール方法  
  1. ファイルのダウンロードを行ないます。
    (1) パソコンのハードディスクドライブ内に新しいフォルダを作成します。(フォルダ名は任意につけてください)
    (2) →選択 ボタンをクリックし指示に従いファイルをダウンロードします。
    このファイルを実行または保存しますかというメッセージが表示されたら保存を選択し、作成したフォルダを指定します。

  2. MATLAB_ImportLibraryを解凍します。

    MATLAB_ImportLibrary100.exeをダブルクリックします。

  3. 解凍により作成されたMATLAB_ImportLibraryフォルダ内のM-ファイルを$MATLAB¥work にコピーします。

    ($MATLAB はMATLAB がインストールされているフォルダを表します)
注意事項
  • 動作確認環境:WindowsXP SP2 MATLABバージョン7.1(R14SP3)。
  • 免責:株式会社キーエンスは本プログラムを使用した結果により生じた、お客様もしくは第三者の損害に対してもいかなる責任も負わないものとします。
  • 本プログラムはMATLAB環境でCallされる関数群です。
  • 各関数はM-ファイルにより作成されています。
  • 各関数は、弊社NR-500/NR-600 のデータファイル(拡張子udt,rdt,edt,xdt)内の計測データを読み込み、MATLAB 環境上の配列に格納します。
  • M-ファイルは$MATLAB¥work にコピーします。($MATLAB はMATLAB がインストールされているフォルダを表します)
  • 各関数の使い方はダウンロードしたファイルを実行すると作成されるMATLAB_ImportLibrary.pdfを参照してください。
  • MATLABはThe MathWorks社の商標登録です。
戻る